泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: Category: None   Tags: 音楽  中南米  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Cai cai vilu



チリのヌエバ・カンシオン(新しい歌)というと、デモで演奏されてる勇ましい「不屈の民」とか「平和に生きる権利」のようなプロテスタントソングを思いだしちゃうんだけど、可愛らしい、よくできた曲もたくさんある。

曲は大好きだったんだけど、前々から「Cai cai vilu」って何? って思ってて、google様で調べてみると、こんなお話が、、、


テンテンビルーとカイカイビルー/ Ten Ten Vilu y Cai Cai Vilu


昔、チロエ島は大陸の一部だった。
ある日、蛇の姿をした水の神カイカイビルーが現れた。 そして低地に洪水を起こしながら水位を上げはじめた。
谷も山も水に覆われ、住民も水に沈んだ。
陸地の大部分を水が覆うと、大地の神テンテンビルーが現れた。
そうして戦いが始まった。
戦いは激しいもので、水の神が水位を上げる一方、大地の神は陸地を上げていった。
何年も続いた戦いのあと、テンテンビルーがカイカイビルーを負かした。
しかし 戦いの場所となった大地は元の形をとどめていなかった。 谷は湾に変わり、山脈を島にしてしまっていた。
これがチロエ島のいわれである。



チリの民話に出てくる水の神だったんですね。なるほどー。

Category: 音楽   Tags: 音楽  中南米  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

EL PASO DEL ÑANDÚ

反原発デモでよく演奏されてる「EL PUEBLO UNIDO JAMÁS SERÁ VENCIDO! (団結する民は負けることはない!)」

最近、首相官邸前が熱いのでこの曲をまた思い出したんだけど、これを作曲したキラパジュンは、こういった勇ましい抵抗歌ばかり作ってたわけではなく、こんな剽軽で愛らしい名曲も作っているのでご紹介。

「EL PASO DEL ÑANDÚ」は「アメリカダチョウの通過」とでも訳すんだろうか? タイトル見てるとペルーの「El condor pasa」に向こうを張ってるような気もするのだが、、、。
05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


エントリー
表示中の記事

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS