泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 記憶の底から   Tags: 旅行  韓国  思い出  

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

ソウルの安宿

 初めて私がバックパッカーという旅行の形態を知ったのはソウルのデーウォンという旅館でのことだった。プサンから韓国に上陸し、バスを乗り継ぎソウルにやってきて、この、世界中からバックパッカーが集まるとガイドブックに紹介されていた安宿に泊まった。中庭のある韓式の旅館で白人の旅行者が多かった。ギターを弾く者、洗濯をする者、みな思い思いに過ごしていた。まあはっきり言って、初めての海外旅行で韓国人のワイルドさに圧倒され続けていた私には宿の外での生々しい韓国体験のほうが印象深かった。しかしおかしなもので、この宿で見聞きした事柄は、数年後になって私の人生に影響を及ぼし始めるのだ。

 もちろん日本人も何人かこの宿に泊まっていて、2〜3人の旅の先輩から自慢とホラの混じった旅行体験を聞かされた。今までいくつくらいの国を旅行したんですか? という私の問いへの答えは驚きだった。韓国や台湾から始まって、東南アジアを経てアフガニスタンにまで及んでいて、両手で数えられる国の数をとっくに超えていた。しかも日本を出てから2年だか3年だか帰国もせずにアジアを放浪し続けたというのだ。私よりちょっと年上の見た目ごく普通の二十代後半の男だったが。。。そんなすごい旅にどんな大金がかかるのだろうと思ったが、アジアの物価は安いから大して金はかからないというのだ。
 円高という言葉は中学生のころから耳にしていた。それは海外旅行に大きな恩恵を与えるものらしいということも知ってはいた。しかし私の家は貧乏だったし、私自身の稼ぎも微々たるものだったので、長期間の海外旅行を私がしうるなどということは想像もできないことだった。しかし韓国に来てみて、日本から持ってきた10万円の価値に驚いていたところだ。食費、宿泊費、交通費、、、いくら使っても金が減ってゆかない。国と国の間の経済格差とはこういうものなのか、と私も実感しはじめていた。そのうえタイやインドへゆけば韓国以上に物価が安いというのだ。
 私にもアジア放浪が可能なのだ。。。いろいろな社会や文化をこの目で見たり、いろいろな国の人々と触れ合うこともできるのだ。一人で外国へ渡って自分の精神を鍛えることができる。また自分を普段軽く扱っている友人たちに対して、ひとり冒険に出かける自分を見せつけ、アッと言わせることだってできる。。。などなどさまざまな思惑が自分の中に渦巻き始めるのを感じた。ソウルの安宿で私の中に新しい欲望が生みつけられ、人生の新しいページが開かれてゆく予感にときめいた。

 夜、旅の先輩たちに飲み屋に行こうと誘われた。ソウルの裏路地にある飲み屋で、よりディープな旅行話を聞いた。印象に残っているのはタイで売春婦を自分のホテルに連れ込み、一緒に夜を過ごしたという話だった。その手の話は現在の私とってはどうってことないのだが(笑)、初心な当時の私には、海外で現地の女と戯れる様が妙にイカシたものに感じられた。連れ込んだ女が自分の腕枕でそのまま眠ってしまって、朝になったら腕がしびれていた、なんて話がなぜかうらやましかった。エイズという病気が広がり始めたころだったが、病気なんか気にしないよと、ナマでやってることを自慢げに語っていた。そのリスキーさがまたイカシてるように思えた。
 よし、このままイテウォンに女を買いに繰り出すか! という話になった。一瞬、身体の中に緊張が走った。結局その話は実現することなく終わり、私はホッとした。キーセン観光という言葉に日本人の不潔さのみを感じていた。まだまだ私は初心だったのだ。

Category: 日記・その他   Tags: 韓国  

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

사랑이라는것이알고있는데...


 여러분,안녕하십니가?  저는축제의귀공자,아라이겐이라고합니다. 오늘은사랑하는예진과함께..おっと、すいません。祭りの貴公子、ken様です。きょうは愛する妻と出会った頃のお話をしましょう。




 秋の終わりの肌寒い日……私たちは近くの公園に出かけ散歩を楽しみました。そのあと彼女は初めて私の部屋に遊びにきてくれたのです。


 愛くるしい彼女が果物をむいてくれるのを見つめていると、私の心の中に切ない衝動がいかんともしがたくあふれ出してきました。そして……


     아아아...!


 さてみなさん、次回はいよいよ私たち二人がくんずほぐれつして…………!!!
「祭りの戦士」エログ化計画絶賛進行中です。お楽しみに!

Category: 日記・その他   Tags: 韓国  ブログ  

Response: Comment: 20  Trackback: 1  

祭りの貴公子より引っ越しのご挨拶


 みなさんこんにちは。祭りの貴公子araikenです。ブログの引っ越しもほぼ終了しました。何だか前のデザインとたいして変わらないものに落ち着いてしまいましたが、まあいいや………。改良された点といえば、コメントの機能が少々アップしたってことぐらいかな。
 ところでこのサイトは普段硬派な話題ばかりなので、少しだけ私のプライベートを紹介してみましょう。



 先日、愛する妻と海へ出かけました。ついこの間まで海水浴客で賑わっていた海岸も秋の気配です。ちょっと冷たい潮風が仕事の疲れを癒してくれました。おっとスンマソン………熱いツーショットを見せびらかしてしまいましたね。………妬かない妬かない!


 でも、ときには落ち込んでヤケザケを浴びることだってあるんですよ。ま、貴公子にも人間臭い一面があるってことですかね。ソクラテスやプラトンも、またニーチェやサルトルも、みんな悩んで大きくなったって言いますから、苦い経験だって人生にとっては大きな成長剤なのです。……がんばれよ、俺!


 そんなわけでこれからも寒い冬には雪を溶かす太陽のようにあたたかい眼差しを、そして暑い夏には涼風のようなさわやかな笑顔をたずさえ前に進んで行こうと思っておりますので、今後ともヨロシクお願いいたします。バイバイ!

Category: 日記・その他   Tags: 韓国  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

공포의 외인구단

 アニメ会社は韓国と縁が深い。下請けの会社が韓国にいっぱいあるからだ。僕が働いていたとある制作会社の社長が、韓国への出張から帰ってきて、「これ、荒井ちゃんにお土産………」と言って、一冊のマンガをくれた。

 『恐怖の外人球団』というマンガだった。

 せっかくなので、辞書を会社に持ち込みポツリポツリ翻訳し始めた。10数ページ訳してストップしていたら、社員の一人が、「もう翻訳しないんですか?」と言ってきた。僕は読者がいると知ってもう一度訳し始めた。でもそうこうしているうちに会社が倒産してそれっきりになってしまった。あのマンガ本も捨ててしまったのだろうか……探しても見当たらないのだ。
 記憶に間違いがなければ、こんな出だしでストーリーは始まる。


 『韓国のとある地方にヘソンという名の少年がいた。彼は酒好きの乱暴者の父親に育てられていたせいで、ろくに着替えもしないのか、臭くて国民学校のクラスメートたちも彼を嫌っていた。新学期で席替えがあるのにヘソンは憂鬱だった。なぜなら隣に座ることになるクラスメートが彼をいやがって先生に違う席にしてくれと訴えたりと、毎年必ず問題がおきるからだ。もっとも、学校が終わったあとそんなことを言い出したクラスメートをコテンパにしてやることも忘れなかったが……。
 ところが今回、隣に座った少女オムジはヘソンのことをいやがりもせずニッコリ笑って「隣同士になれてうれしいわ。仲良くしましょうね。」と言うのであった。面食らったのはヘソンであった。実はオムジはヘソンが母親のいないかわいそうな少年であることを知っていた。ある日、市場で彼が乱暴な父親に殴られているのを見たことがあったのだ。ヘソンはそんな心優しい美少女オムジに心を開いてゆくのであった。
 ヘソンはオムジの望むことなら何でも実現させるのだった。友達とケンカをするなと言われれば、やめる。勉強しなくちゃいけないと言われれば、勉強して、オムジと一緒にテストで100点を取ってしまうまでになった。
 ある日、オムジはヘソンに「あれに興味があるの」と、クラスメートたちが野球をしているところを指差した。ヘソンはフフンと鼻で笑って「あんなの簡単さ」と、クラスメートからボールを奪い取り、ピッチャーマウンドに立った。ところがヘソンの投げた球はいとも簡単にクラスメートにホームランされてしまう……。うつむいて立ち尽くすヘソン……しかし彼は絶対に野球がうまくなってやる、と心に誓うのであった。

 オムジは家族の都合でソウルへ引っ越すことになった。悲しむヘソン………旅立ちの日、ヘソンはオムジに「是非見せたいものがある」と言うのだが、もうソウルへ向かう汽車の出発時間がせまっていた。母親にせき立てられてオムジは去っていった。
 汽車の席で悲しみに沈むオムジ……しかし汽車が長年過ごした国民学校の横を過ぎようとしたときだった。ヘソンとクラスメートたちが野球をしているのがオムジの目にとまったのだ。ヘソンがオムジに見せたかったもの、それは秘かに練習して上達した野球の腕前だったのだ。
 ヘソンの球にクラスメートは見事に空振りをした。オムジは去り行く汽車の窓からそのヘソンの姿を見送りながら目に涙を浮かべていた。

 オムジはソウルについてからヘソンに手紙を書いた。「私は見た。あなたがあの子たちから三振を奪う姿を。ヘソン……あなたはなんてすごい人なの………。」ヘソンはといえば、オムジにこんな手紙を書くのだった。「俺はお前の言うことは何でも実現してみせる。お前の言葉は俺にとって神の声であり、お前の手紙は聖書なのだ。」と。』

Category: ニュース・時事など   Tags: 思想  韓国  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

이라크를 용서합니다. 당신들을 사랑합니다

「イラクを許します。あなた方を愛します。」

 何事でもそうなのだが、僕らが軽々しく口にする「平和」も、大きな代償なしには手に入れることはできないのだということを、残された家族によるこの悲しみに満ちた、立派なメッセージを読んで改めて感じる。

 トラックバック 心からの敬意を 愛のまぜご飯

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS