全ての記事の表示

久々の現象学ブーム
2018/05/13
噂には聞いていたが
2018/04/02
日本に来て3年にわたって
2018/03/29
『モダニズムと形式からの後退』というマーティン・ジェイのエッセイを
2018/02/10
大衆文化の批判と擁護
2018/01/22
疎外論における演劇のメタファー
2018/01/02
คืนข้ามปี(年越しの夜) - ดา เอ็นโดรฟิน
2017/12/31
バフチン 中世の公式な祭日
2017/12/25
เพื่อนสนิท(親友) - Endorphine
2017/12/15
50 ปี TOYOTA ยิ่งรู้จัก ยิ่งรักเธอ
2017/11/18
この曲がかかってたあたりが
2017/11/16
こんなものにも興味がある
2017/10/15
ついに買った!
2017/10/13
今も生き残るアカデミズム
2017/09/11
ジャポニズムとプリミティヴィズムについてのメモ
2017/08/21
卓越の文化と生きられる文化についてのメモ
2017/08/09
反芸術研究室 ポール・セザンヌと印象派 その5
2017/07/06
この曲聴いてたら、下のガキが「これ学校で給食の時間にかかってる」と、たどたどしい日本語で言った。
2017/07/03
反芸術研究室 ポール・セザンヌと印象派 その4
2017/05/24
反芸術研究室 ポール・セザンヌと印象派 その3
2017/05/19
反芸術研究室 ポール・セザンヌと印象派 その2
2017/05/14
反芸術研究室 ポール・セザンヌと印象派 その1
2017/04/14
モダニズムは体制化された中産階級の秩序にとっては、危険で破壊的な要素をはらんでいた ←うそつけ
2017/03/29
引きこもりだった『セザンヌ』ってやばいぞ!!山田玲司のヤングサンデー#16から
2017/03/05
情けないことに「天才」という言葉のいかがわしさに気づいてからもう30年も経つというのに
2017/02/24
芸術の終焉のあと 現代芸術と歴史の境界
2017/02/19
ニーチェの『悲劇の誕生』における、アポロン的なものと、ディオニュソス的なものという概念は、実はちょっと混乱した概念である。
2017/01/20
19世紀後半から20世紀前半にかけての100年間は、、、
2016/12/23
これで行くか、、、
2016/12/22
今まで幾つかのアヴァンギャルド(モダニズム)芸術論を読みかじってきたが
2016/11/25
モダニズムの退潮
2016/11/11
「ロックを芸術に高めた」
2016/10/20
現代芸術という問題を考える前に、、、
2016/10/11
アヴァンギャルド(前衛)という言葉
2016/09/15
アヴァンギャルドとモダニズムという言葉が同じものを意味するのか否か
2016/09/07
トリスタン・ツァラはいわゆるプリミティブ芸術についてこんなことを述べている。
2016/09/02
抽象絵画の巨匠たち、例えばカンディンスキー、モンドリアン、マレーヴィチ、パウル・クレーといった人たちはみな
2016/08/23
アーサー・ダントー言うところの「アートワールド」ってのは、
2016/07/16
ちなみに
2016/07/02
ブルデューの分厚い本を読む機会がこの先あるかどうかわからないが、
2016/06/28
卓越化(ディスタンクシオン)
2016/06/18
公式文化(卓越の文化)と非公式文化(生きられる文化)の差異は
2016/05/18
「アポロン的文化とディオニュソス的文化」についてニーチェは
2016/04/24
タイの田舎がこんなにピュアなところなら
2016/04/13
エミール・ゾラの美術批評
2016/04/12
近代芸術(モダン・アート)という「歴史=物語」
2016/04/06
シチュアシオニストには芸術派のパージという、左派にも評判の悪い出来事があるのだが
2016/04/02
桑野隆『バフチン』
2016/03/21
見るがいい! アポロンはディオニュソスなくしては生きえないのだ!
2016/03/20
ニーチェの『悲劇の誕生』は、アヴァンギャルド論として読む
2016/03/16
NTT電話回線をデジタル化する
2016/03/10
疎外って
2016/02/22
バタイユのマネ論が
2016/01/24
熊倉敬聡さんの論考の面白さは、脱芸術が脱資本主義とリンクしている点である。
2015/12/27
ドゥルーズとガタリは、平滑空間について、つぎのように述べています。
2015/12/24
セザンヌ漫画2.0
2015/11/21
ハーバーマスのアヴァンギャルド論「近代(モデルネ) 未完のプロジェクト」という短い文章を
2015/10/21
メルロ=ポンティのセザンヌ論
2015/09/23
昔、私も美術研究所などに通っていたことがあり、
2015/09/20
セザンヌ漫画がストップしているわけは
2015/09/05
アートワールドの正体
2015/08/24
アートワールド
2015/08/21
カイヨワが描き出している祭りの光景、、、
2015/08/16
アート系トーク番組 art air
2015/08/06
最近、文化論みたいのをやってるが、なんでかというと、
2015/08/02
物として残されたもの
2015/07/21
生きられる文化
2015/07/19
岡本太郎の傑作エッセイ集『美の呪力』の一節、、、
2015/07/11
『解放された観客』という本でジャック・ランシエールがシチュアシオニスト批判をしていると、
2015/06/22
 <アポロン的なもの>と<ディオニュソス的なもの>
2015/05/30
アドルノの息苦しさ
2015/05/23
モーリス・ブランショは68年5月の擾乱を見て
2015/05/09
日々の生活に追われて
2015/05/03
公式文化(芸術)のみならず非公式文化(民衆文化)も
2015/04/25
芸術は権力の侍女である。
2015/03/31
観客( audience )と観客( spectator )
2015/02/19
 「受動的で、ただ端役的な「公衆」の役割は、
2015/02/16
これはもはやアート(芸術)である。
2015/02/03
デヴィッド・グレーバーがジョン・ホロウェイについてこんなことを語っている。
2015/02/02
デヴィッド・グレーバーがヴァネーゲムとシチュアシオニストについてこんなことを語っている。
2015/01/27
芸術と政治の統一的な実践
2015/01/16
民衆文化と芸術
2015/01/13
「アヴァンギャルドの失敗」をめぐる言説の意味するもの 外山紀久子
2015/01/11
セザンヌ byクレメント・グリーンバーグ
2015/01/01
来るべき<幸福学>へのノート 頑張らなくてもいい社会に向けて 熊倉敬聡
2014/12/21
アートレスというアート
2014/12/10
アドルノ,ブランショ,グリーンバーグ  ──批評におけるモダ二ズムというイデオロギー──
2014/11/30
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義1
2014/11/29
カリネスクのアヴァンギャルド論より
2014/11/27
モダンの5つの顔
2014/11/11
本を読む時間も
2014/10/11
マンガ描く時間が
2014/08/23
シチュアシオニストは理解されていない (その2)
2014/07/27
シチュアシオニストは理解されていない (その1)
2014/06/27
ペーター・ビュルガー 『アヴァンギャルドの理論』
2014/06/25
『セザンヌとゾラ その芸術と友情』 新関公子著
2014/06/07
地元の図書館で探しても
2014/06/02
ピサロの教え
2014/05/21
ゴットフリート・ベームのセザンヌ論
2014/05/19
エミール・ゾラの『制作』を
2014/04/27
辛い記憶しかないタイという竜宮城から
2014/03/29
7年間の
2014/03/25
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義25
2014/03/02
PAISAJES DE LA PUNA
2014/03/01
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義24
2014/01/26
アンドレ・ブルトンというアヴァンギャルドのドン(首領)が
2014/01/17
レヴィナスは芸術を
2014/01/15
けるびぃぃぃぃーーーむ!
2013/12/30
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義23
2013/12/22
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義22
2013/12/11
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義21
2013/11/20
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義20
2013/11/10
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義19
2013/10/20
Risas de Bolivia
2013/10/18
Chuntunqui
2013/09/29
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義18
2013/08/30
Lucho Cavour
2013/08/10
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義17
2013/07/11
うしろゆびさされ組
2013/07/03
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義16
2013/06/09
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義15
2013/05/10
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義14
2013/04/17
ニコニコ静画というところで
2013/04/15
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義13
2013/03/25
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義12
2013/01/22
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 セザンヌ講義11
2012/12/31
Cai cai vilu
2012/12/23
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室10
2012/12/16
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室9
2012/11/13
世界にひとつだけの、、、
2012/10/11
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室8
2012/10/03
小田亮氏のホームページが
2012/09/14
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室7
2012/09/01
ホーム&アウェイ
2012/08/20
借金人間製造工場
2012/08/02
このホームレスってシチュアシオニストだと思うんだよね
2012/07/17
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室6
2012/06/30
EL PASO DEL ÑANDÚ
2012/06/23
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 5
2012/05/09
ソラアオイ
2012/04/17
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 4
2012/02/24
イヤだねえ。ってのがイヤだねえ。
2012/02/22
メモ Crack Capitalism ジョン・ホロウェイ2
2012/02/21
メモ Crack Capitalism ジョン・ホロウェイ
2012/02/09
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 3
2012/01/22
天使のリン Rin del Angelito. Violeta Parra
2012/01/16
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 2
2012/01/07
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 1
2011/12/24
ฝากเลี้ยง เจ เจตริน  心を預けたい ジェットリン
2011/12/20
メモ 最後の革命? 解題にかえて 松本潤一郎
2011/12/13
告知
2011/11/27
水は去ったが、、、
2011/11/16
水位は下がりつつある。
2011/11/12
ワニ園から逃げたワニがバンコクの街を徘徊しているらしい
2011/11/10
お前らと戦う準備はできている!
2011/11/08
ゆっくりだが着実に水位は上がっている。
2011/11/07
とうとう水がやってきた!
2011/11/06
ワニと毒蛇がやって来る!
2011/11/04
ジャトゥジャク公園陥落間近か!?
2011/11/03
来るのか? ほんとに来るのか?
2011/11/02
来る! きっと来る! 水が来る!
2011/11/01
น้ำใจไทย
2011/10/31
ラートプラオが冠水したという情報があったので行ってみたが、、、
2011/10/30
日本大使館に在留届を出しとくと、こんなメールがよく送られてきます。
2011/10/26
ジョラケー
2011/10/24
(以下、小出裕章節で)私は、23歳の時以来、芸術=芸術作品の制作というものに背を向けて生きてきた芸術家です。
2011/10/06
ชึวิตสำพันธ์
2011/09/30
หยุดเลย เจ เจตริน
2011/09/22
Cuando Voy al Trabajo (仕事への道すがら)
2011/09/14
放射能の危険性を強調する人たちに
2011/09/10
ギー・ドゥボール『スペクタクルの社会についての注解』に原子力発電に関する記述があった
2011/08/31
日曜日にガキを連れてサムットプラカーンのワニ園に行ってきた。
2011/08/30
社会的正義のためにあえて既存経済の破綻の道を選ぶという過酷な選択だけが、生存のための経済へと転換する唯一の手がかりである
2011/08/23
社会正義のために経済の「破綻」を恐れてはならない
2011/08/21
第三世界都市部のインフォーマルセクション
2011/08/16
松下竜一という人の言葉
2011/08/14
もうこの極悪人どもを絶対に許しませんよ
2011/08/12
「スラムの惑星」を読んだ
2011/08/10
文化系トークラジオLIFEを震災以降聴かなくなったなあ
2011/08/08
1票の力より、反-力な祭りにこそ意味がある
2011/07/20
アトミックスペクタクル怪獣 「デンコ」
2011/07/01
オイラにも
2011/06/24
ブルドッグ
2011/06/14
ゲルニカ
2011/06/09
神というより犬
2011/05/31
ウキーーーーッ!
2011/05/27
憂国
2011/05/24
岡本太郎は芸術の終わりなき脱構築の実践者である その2
2011/05/22
僕の chim↑pom が、、、怒ってます!
2011/05/20
岡本太郎は芸術の終わりなき脱構築の実践者である その1
2011/05/17
あの日、オマエとベッドの上でギシギシと激しい縦揺れと横揺れを経験し、その後巨大な快楽の波に弄ばれ、、、、爆発して放出しちゃったのよ
2011/05/14
あゝ、溶ける~ 堕ちる~
2011/05/13
私を弟子にしてください。お望みとあらば私のアナルも捧げますから。
2011/05/11
5.7 原発やめろデモ!!!!!!!
2011/05/09
あゝ、また濃いのが、濃いのが出ちゃう~
2011/05/07
怒ってます!
2011/05/05
こらえきれずオマエの中に高濃度の汚染水を大量放出! 「もしもの時は責任とってよね!」と、怒るオマエ。平謝りするオレ。でも、ただちに人体には影響はありません。
2011/04/29
燃え上がるオマエの情欲の炎を、オレの制御棒で冷温停止!
2011/04/27
左翼コスプレ
2011/04/23
五重の防御を破って破廉恥に露出するオレの核燃料棒をオマエの口で(舌も使って)ベントしてくれ!
2011/04/21
El pueblo unido jamas sera vencido
2011/04/11
想定外に怒張した核燃料棒が私のバージンを!
2011/04/08
オレの硬い核燃料棒が熱く再臨界!
2011/04/07
「無私」の精神伝統
2011/04/04
タイから日本へ
2011/04/03
……
2011/04/01
大切な人に伝えてください
2011/03/30
寒いですタイ
2011/03/29
リセットはもういい
2011/03/28
日本が心配
2011/03/26
募金
2011/03/23
人間全体のために
2011/03/19
ダンボール絵画についての覚書
2011/03/08
祭りの戦士Z 第1話<帝国>の黄昏────スーパー祭りの戦士降臨!
2011/02/22
寝苦しい夜
2011/02/13
白黒ハッキリつけさせてもらおうじゃないの
2011/01/24
祭りの戦士Z
2011/01/23
これはパフォーマンスではない その2
2011/01/06
サワディー ピーマイ! そして、電子書籍時代の到来
2011/01/01
これはパフォーマンスではない その1
2010/12/27
ラオス語入門
2010/12/22
見せろバンコクのサムライ魂
2010/11/17
タイ嫁日記
2010/11/15
パフォーマンスの現象学 plus+
2010/10/06
芸術(アート)への斥力
2010/09/04
อ้วน
2010/08/28
アートシーンではなく<文化>を!
2010/08/07
garage sale
2010/08/04
村上隆の亡霊実践論
2010/07/24
ダダを最も相応しく継承する正統なる後継者
2010/07/15
「アートという罠」の構造(書きかけ)
2010/07/08
VSパラグアイ
2010/06/30
芸術の脱構築(書きかけ)
2010/06/24
VSカメルーン
2010/06/16
アートとアクティヴィズムのあいだ
2010/06/09
バンコク炎上 2010
2010/05/28
プラティープ先生
2010/05/22
強制排除から一夜開けて
2010/05/20
夜間外出禁止令
2010/05/19
女房がさあ、、、
2010/05/17
ตาย นับสิบ เจ็บกว่า100
2010/05/15
สไนเปอร์ เด็ดหัว เสธ.แดง
2010/05/14
スーパーフラット
2010/05/10
『権力を取らずに世界を変える』
2010/05/05
賄賂
2010/05/04
自意識のない、、、
2010/05/03
タイ情勢の参考に
2010/04/29
また
2010/04/28
最近の読書
2010/04/27
タイ情勢
2010/04/26
アパートの引越し
2010/04/03
アートという罠
2010/03/04
いきものがかり
2010/01/19
ビオレッタ・パラ
2010/01/16
สวัสดีปีใหม่2010
2010/01/11
スラム/戦術/ブリコラージュ、そして平滑空間
2009/12/26
美大における個性とは何か?
2009/12/14
いや、冒険って、、、
2009/12/01
歌の翼に
2009/11/26
オンライン・タイ語辞典
2009/09/23
ดีจังสุดยอดจัง
2009/09/21
こんなところを
2009/09/16
元気です。
2009/09/05
会社の引っ越し
2009/08/21
Gilさん再び その1
2009/08/14
骨折
2009/07/20
タイの新型インフルエンザ
2009/07/14
毛ジラミ退治
2009/07/10
反教育(反権力)についてのメモ
2009/06/12
ラディカルとは何か
2009/06/08
やっぱり、、、
2009/06/01
ウキウキしない雨期
2009/05/26
予示的政治についてのメモ
2009/05/22
流転するハイデガー
2009/05/08
ไข่มดแดง
2009/04/20
รถไฟฟ้ากรุงเทพฯ
2009/04/07
反貧困
2009/04/02
モスク
2009/03/27
香港にて
2009/03/23
なくした本
2009/02/18
วันเกิดผม(おいらの誕生日)
2009/02/16
ยูคิ
2009/01/31
無冠の帝王
2009/01/16
現象学的還元についてのメモ その2
2008/12/30
現象学的還元についてのメモ
2008/12/25
相変わらずの「臭い」パフォーマンスだぜ!
2008/12/20
วันเกิดซินจิ(シンジの誕生日)
2008/12/19
タイのハーバーマスと貧困の文化
2008/12/13
いきなりボロが、、、
2008/12/04
マジシャン
2008/11/29
無題
2008/11/27
ピッチ上の哲学者
2008/11/19
...,or do you want to change the world?
2008/11/08
นานา
2008/11/05
二匹目も
2008/10/27
いったい何が起きているのだ。
2008/10/24
低空飛行
2008/10/20
非常事態宣言
2008/09/02
犯人
2008/08/22
失踪
2008/08/15
線路はつづくよ
2008/07/26
あと何度ここを越えるのだろう?
2008/07/09
ナナ
2008/06/30
スクールバスがやって来た!
2008/06/19
屋台
2008/06/11
公共交通機関あれこれ
2008/05/31
下校風景
2008/05/16
折りたたみ自転車
2008/05/03
おばあちゃんが言っていた、、、(その3)
2008/03/22
というわけで、ご報告!
2008/03/18
卒園
2008/03/08
おばあちゃんが言っていた、、、その2
2008/03/01
おばあちゃんが言っていた、、、その1
2008/02/21
日本男児
2008/02/08
バンコク日本人学校
2008/01/26
出産
2008/01/19
二匹目
2008/01/14
最近ちょっと
2007/12/06
傍流の価値
2007/11/21
ストレンジャーの誕生?
2007/11/08
質屋
2007/10/30
呪われた「外部」
2007/10/16
バンコクのバス
2007/10/09
呪われた部分
2007/09/29
前衛の孤独
2007/09/12
ナーバス
2007/09/07
ヘーゲル講義
2007/08/27
ソウルの安宿
2007/08/09
古本
2007/07/31
口が重たい
2007/07/19
無題
2007/07/14
一発目
2007/07/04
ポストモダン建築のいやらしさ
2007/06/13
前衛の道
2007/06/02
入国管理局
2007/05/19
案の定
2007/05/15
ソンクラーン
2007/05/02
死のラチャダーピセーク
2007/04/20
ボーダーレス
2007/04/17
カウンターが回るのは、、、
2007/04/12
ラオス
2007/04/05
祭の戦士はハッカーである
2007/03/24
バーツが高い
2007/03/23
VISARUN
2007/03/21
祭野屋戦兵衛(まつりのやせんべえ)
2007/03/10
南国で闘う祭りの戦士 そして/あるいは産業戦士
2007/02/26
許されている……わけじゃない
2007/02/11
「逸脱」と「逸脱もどき」
2007/02/06
スペクタクルの社会 断章210
2006/12/30
驚いたこと
2006/12/29
ひと月ばかり
2006/12/16
小倉利丸さんから……
2006/12/11
シチュアシオニスト・オンライン文庫
2006/11/23
亡霊退治5 「文化」とは肯定された生の姿である
2006/10/25
亡霊退治4 『アシッド・キャピタリズム』を読む(後編)
2006/10/12
亡霊退治4 『アシッド・キャピタリズム』を読む(中編)
2006/10/06
祭りの戦士Z
2006/09/29
亡霊退治4 『アシッド・キャピタリズム』を読む(前編)
2006/09/24
クーデター
2006/09/21
参考 ヨゼフ・ボイスの作品
2006/08/15
亡霊退治3 ヨゼフ・ボイスへのレクイエム
2006/08/14
魅惑の曲線
2006/08/05
のび太の恐竜 2006
2006/07/24
亡霊退治2 亡霊を複製する亡霊 
2006/07/15
亡霊退治1 フランシス・ベーコン
2006/07/12
ブックマーク 3 フリーターに未来はない?
2006/06/08
สิ่งของมาจากเมืองไทย
2006/06/07
盗作
2006/05/30
ブックマーク 2 『「ニート」って言うな!』
2006/05/22
遠足に出陣する祭りの戦士
2006/05/13
ブックマーク 1 「革新的なことを成す為には」
2006/05/09
マイカー
2006/04/21
Gilさんのこと
2006/04/12
労働は本当にオーバーアチーブメントなのか?
2006/03/23
資本主義社会における贈与とは反抗することである
2006/03/06
アバレンジャー
2006/02/20
欲望の政治の系譜
2006/02/07
コミュニケーション・スキル4
2006/01/19
資本の懐
2006/01/07
交流仮面
2005/12/27
子育てに奮闘する祭りの戦士
2005/12/24
コミュニケーション・スキル3
2005/12/11
旅のお供に
2005/11/20
祭りの戦士は前線に立ち続ける
2005/11/16
生命をかけるに値するものなど一つもない!?
2005/11/15
後期印象派に学ぶ
2005/11/13
南の島の哲学者
2005/11/11
オヤジウイルス
2005/11/05
戦士の休息………なんつって。
2005/11/03
インドネシア
2005/10/31
十字架にかけられる多様性 
2005/10/19
사랑이라는것이알고있는데...
2005/10/15
Victor Jara
2005/10/12
祭りの貴公子より引っ越しのご挨拶
2005/10/04
操作する権力は逸脱を敵視する
2005/09/17
ある本
2005/09/15
TAROの訣別
2005/09/08
ガタリを改めて読んでみる
2005/09/02
信者なき布教者
2005/08/29
誘惑
2005/08/25
恋と革命
2005/08/22
思考停止ではなくて
2005/08/19
スキゾ・キッズ
2005/08/15
<帝国>
2005/08/07
補足
2005/08/06
終わりなき祭り、果てなき逸脱
2005/08/04
タイの漫画4
2005/07/28
タイの漫画3
2005/07/27
タイの漫画2
2005/07/26
タイの漫画1
2005/07/25
体臭
2005/07/21
SUNAMI
2005/07/18
อาบน้ำหรือยัง
2005/07/17
コミュニケーション・スキル2
2005/07/17
雨音はシチュアシオニストの調べ
2005/07/09
グチってます?
2005/07/06
何でも自己決定の限界
2005/07/04
確信を得る
2005/07/01
議論の効用
2005/06/29
内田批判のまとめ
2005/06/24
先生も大変だ
2005/06/19
「居直り」という問題 その2
2005/06/16
「居直り」という問題 その1
2005/06/15
読書会
2005/06/09
なぜ私は内田批判をするのか その2
2005/06/06
なぜ私は内田批判をするのか その1
2005/06/05
代替不能性
2005/06/01
センセー、やっぱり違うと思います! その3
2005/05/28
センセー、やっぱり違うと思います! その2
2005/05/26
センセー、やっぱり違うと思います! その1
2005/05/23
資本主義の黄昏清兵衛さんこんにちわは、ってなんのこっちゃ!
2005/05/19
第三世界の子供を蝕む日本の映像産業
2005/05/17
安全と効率は対立しない のか?
2005/05/15
旅は道連れ
2005/05/13
センセーそれはあんまりじゃございませんか………その4
2005/05/07
センセーそれはあんまりじゃございませんか………その3
2005/05/04
センセーそれはあんまりじゃございませんか………その2
2005/05/02
センセーそれはあんまりじゃございませんか………その1
2005/04/30
コミュニケーション・スキル
2005/04/25
誤読ではないともう一度考える
2005/04/18
ちょっと気になっている対立
2005/04/17
希望格差社会
2005/04/13
竹島問題について
2005/04/09
自己肯定の自画像
2005/04/07
何かが違う!
2005/04/05
仮面
2005/04/03
パタヤ
2005/04/01
論争
2005/03/30
フンデルトワッサーについてのまとめ
2005/03/16
フンデルトワッサー宣言集3
2005/03/15
フンデルトワッサー宣言集2
2005/03/14
フンデルトワッサー宣言集1
2005/03/13
フンデルトワッサー宣言集
2005/03/12
フンデルトワッサーの建築
2005/03/11
フンデルトワッサーの言葉
2005/03/09
フンデルトワッサーの横顔
2005/03/03
センチメンタルな東京コーヒー
2005/03/01
タシスム讃
2005/02/26
ブログとは?
2005/02/26
花粉症とセキュリティ
2005/02/22
スラム
2005/02/22
正の祝祭
2005/02/15
除名処分
2005/02/11
大きい道
2005/02/09
フンシャル
2005/02/08
イレギュラー
2005/02/06
リグリアの太陽
2005/02/06
ユルユルのタイ人
2005/01/30
魂の労働
2005/01/28
しがないおっさんの戯れ言
2005/01/20
おっさん
2005/01/18
まあ、話を聞いてください。
2005/01/16
誤解をときつつ……
2005/01/16
質問まとめました。
2005/01/12
ニートをめぐって
2005/01/09
祭りの戦士とは何か?
2005/01/05
Q&A その3
2005/01/03
2005年 今年もよろしく!
2005/01/01
Q&A その2
2005/01/01
津波
2004/12/29
Q&A その1
2004/12/28
メディアとしての身体 3
2004/12/02
口実
2004/11/27
メディアとしての身体 2
2004/11/09
「すいませんでした。」
2004/11/03
奇蹟は起こらなかった
2004/11/01
奇蹟
2004/10/27
サヌックとサバーイ
2004/10/18
メディアとしての身体 1
2004/10/11
テオティワカン
2004/09/23
作品・たとえば波打ち際にて
2004/09/13
柔らかに 還元
2004/09/11
夏のための
2004/09/10
試論 供儀論におけるアクションとリアクション
2004/09/08
この人を見よ
2004/09/02
混血
2004/08/29
新・異人論序説 3
2004/08/27
マルクスのイメージ
2004/08/07
新・異人論序説 第2節 
2004/08/01
新・異人論序説 1
2004/07/24
ニューフェイズ
2004/07/24
2004/07/19
バタイユを読んでいる。
2004/07/18
影に怯えるアメリカと「祭り」の精神
2004/07/14
공포의 외인구단
2004/07/12
仄暗い記憶の底から 13 会社を辞めるとき
2004/07/06
실은 태국어도 말할수있는데……
2004/07/01
이라크를 용서합니다. 당신들을 사랑합니다
2004/06/30
それでもやっぱりコルトレーンが好き
2004/06/27
タコ部屋の青春 3
2004/06/27
역시보지는 좋은 것이다.
2004/06/25
비내리는한국
2004/06/23
半眠状態(まどろみ)について
2004/06/01
祭りのあと4
2004/06/01
仄暗い記憶の底から 12  赤坂憲雄『排除の現象学』を読んだ頃
2004/05/18
米国人の殺害ビデオ公開
2004/05/13
仄暗い記憶の底から 11 蒸気船マークトウェイン号
2004/05/13
タコ部屋の青春2
2004/05/10
イラク日本人人質事件を語る!
2004/05/04
危機管理室長 登場!
2004/04/20
国際社会と日本人
2004/04/18
タコ部屋の青春1
2004/04/17
キーニオ
2004/04/15
イラク
2004/04/15
シュルレアリスムの夢 序説
2004/04/08
KOREA & THAILAND
2004/04/03
さなぎ
2004/03/21
stさんのコメントへの答えです。
2004/03/13
仄暗い記憶の底から 9  東京コーヒー
2004/03/09
仄暗い記憶の底から 8  釜山港へ帰れ
2004/02/28
仄暗い記憶の底から7 アンリ・ベルグソン「創造的進化」を読んだ頃
2004/02/24
祭りのあと あとがき
2004/02/17
仄暗い記憶の底から 6 バラナシの夜
2004/02/11
仄暗い記憶の底から 5 メダンの夜
2004/02/07
メルロー=ポンティが読みたいんだ。
2004/02/03
仄暗い記憶の底から 1
2004/02/03
仄暗い記憶の底から 2
2004/02/03
仄暗い記憶の底から 3
2004/02/03
仄暗い記憶の底から 4
2004/02/03
祭りのあと6
2003/06/30
岡本太郎「曼陀羅頌」を読む3
2003/05/22
岡本太郎「曼陀羅頌」を読む2
2003/04/30
岡本太郎「曼陀羅頌」を読む1
2003/03/20
祭りのあと5
2002/10/30
祭りのあと3
2002/10/10
祭りのあと2
2002/09/10
祭りのあと1
2002/08/10
祭りのあと:資料
2002/07/26
芸術を日常生活に解消する
2002/07/16
世界が私のカンバスだ!
2002/06/30
フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 目次
2002/06/02
おすすめコラム集
2002/06/01