泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03


放射能の危険性を強調する人たちに

対して、デマだとか煽りだとかと非難したり、ヒステリーだとか非科学的だとかと嘲笑ったりしてる「科学的な」人たちがいるわけだけど、どんな科学や真実を持ちだしてきても、、、喫煙のリスクのほうが放射線のリスクよりよっぽど高いんだとかって諭そうとしたって、そんなの全く意味がない。原子力=核の世界には何やらうしろめたい「隠蔽」の匂いがつきまとっている。いや、3・11まではそんな印象は持ってなかったんだけど、東電や日本政府の不可解極まる動きを観てしまったあとでは、まず彼らの言うことが信じられないし、日本だけではなく原子力=核を保有する国々すべてに「隠蔽」の匂いを嗅ぎつけざるを得ない。彼らのもとで科学や医学だって政治的に歪められていないとは言い切れない、、、つか歪められていると考えるほうが自然だろう。信頼できる基準がない以上、全ては「賭け」の領域の話に属する。いろんな予想屋がいて、オレの科学こそが正しいと主張し、他の予想屋の説をせせら笑っている。私にとっては、命をそんな「賭け」にさらすべきではない、という賭場の無効を宣言する主張が一番ピンとくるが、強制避難の実施には別種のリスクが生じてしまうのだという。これが原子力発電の罪深さなのだが、それを私たちは選択させられてしまっていたのだ。つまりその時点で私たちはこの「賭け」に巻き込まれ、いまさら賭場を降りることなどそもそもできやしないのだ。そうである以上、取り返しの付かない事態を避けるために、もはやそれぞれの人が放射能から納得のゆく距離を取る選択をする=「賭け」に参加するしかない。が、問題は放射能から距離をとろうとすればするほど一般に賭け金が高くついてしまうことで、自分の選択肢に金を貼れないという事態が生じてしまうことだ。特に被災地でそのようなことがあってはならない。政府は至急、高濃度汚染地の住民に潤沢な博打の元手を配布せよ!

アトミックスペクタクル怪獣 「デンコ」

 2万人以上もの多くの人々の命と生活を奪った地震や津波の暴挙は許しがたい。が、その自然の荒ぶる力は、巧妙に作りこまれていた原子力スペクタクル怪獣の硬い皮膚をも引き裂いてしまった。資本制利権の化身、スペクタクル怪獣デンコは、「しまった」と舌打ちしながら脇腹のパックリと開いた傷に苦しみのたうちまわった。私たちはその傷口から腐りきった怪獣デンコの内臓を拝むことになった。政治、官僚、産業、学界、メディアなどの諸機関で成り立つデンコの臓器は組んず解れつしながら耐え難い腐臭を発していた。「これほどだったとは……」頭ではわかっていたつもりだったが、裂け目からはみ出た薄汚い臓器を見せつけられた私たちは目を疑いなが呻いた。私たちの国は問題も多いがそれなりにクールな国のはずだと信じてきたが、実はこんな不潔な化け物が私たち庶民の生き血を吸ってのさばっているような国だったのだ。それどころがこの怪獣デンコこそがこの国の主人であり、われら国民はこの怪獣に糧を与える家畜にすぎないという真実は、奴の毒を浴びた子供たちに無関心を決め込んでいる行政を見ればすぐわかる。だがデンコとて生き延びることに必死だ。想定外の攻撃に体勢を崩したものの、ぎりぎりのところに踏みとどまり、何もなかったかのような顔で自らのしくじりを取り繕い始めた。傷口を小さく見せようとする努力には当初から余念がなかったが、ここにきて加速してきた電力不足キャンペーンや政局の混乱は、デンコのなりふりかまわぬ自己修復へ意志の現れである。しかしながら、私たちはデンコの正体を「見てしまった」のであり、そうである以上おめおめ傷口が閉じてゆくのをボーッと眺めている、なんてことは許されない。私たちは武器をとらねばならない。武器をとって怪獣デンコのスペクタクルの皮膚に新たな生々しい裂け目を刻み込まなければならない。内臓を引きずりながら敗走するデンコに止めをさせるのは私たち一人一人が持つ怒りの剣だけなのだ。

ブルドッグ

怒ってます!



 この池田信夫ってやつの人間的な下劣さが酷い。

反原発の「自爆デモ」 とか、こちら とか。

 目先の利益だけを考えてる大企業や財界の利害に同調した典型的な犬(ブルドッグ)だね。「労働需要は雇用コストで決まるという経済学のロジックを理解できない人々が、自分の雇用を破壊したのだ。」って、なんのつもりだい? それは経済学のロジックなんてものじゃなくて、「資本の都合」と言うべきだろう。労働者は企業の雇用コストを下げる配慮をもって生きるべきで、そのためには放射能の不安や原子力利権への怒りも、航空機事故の不安を押し殺すように目をつぶらるべきだってことかい? こういうとき普通のブルジョワ経済学者は為替の調整を提言するものだが、この調子ではすべての労働者は自発的に低賃金を受け入れるべきだ、なんて言い出しかねない。これはある意味真実だが、狡辛い経営者が言うことであって、経済学者が言うべきことではないだろう。まあとにかく大企業支配の資本主義への驚くべき没入ぶりだよ。
 この男が言ってるとおり経済が動くのかがまず眉唾だが、百歩譲って電気代が上がって日本から企業が退出してゆき若者に経済的困難が訪れるという結果があったとしても原発を使い続けるよりましだ、という判断を若者たちはしているんだ。喫煙や航空機事故のリスクと原発のリスクを比べる人がいるが、向こう何万年の子孫の代まで健康被害の可能性を残すほどの危険性はジャンボジェットが100機墜落したって作り出せやしない。自分でリスクから遠ざかることのできる喫煙は問題外としても、あらゆる技術にはリスクが伴い、100%その危険性から身を守るのは不可能なのは確かだが、エネルギーには原子力のような飛び抜けた危険性を持たない代替の選択肢が目の前に見えているんだよ。それを目先の利益だけを考えて、現状維持すべきと言っているのは、てめえのことだけを考えた既得権益者だけだろう。エネルギーシフトへのチャレンジに立ち上がった若者たちに、不潔な息を吹きかけるのはもうやめにしてもらいたいものだよ。
 第一、この池田とかいう男の書いたものからは「志」のようなものがまるで見えてこないじゃないか。西尾ナンチャラとかいう保守主義者の言葉にすら人間的な感情がチラリと見えたが、こいつにとっては、日本経済の停滞や若者たちのおかれた状況の厳しさなんてことは、本当のところどーだっていいのさ。この男の若者を見る目線の冷ややかさはどうだい? つまり自説だけがかわいいのさ。オレの言う通りに若者が動けば日本は良くなるのに、、、とボヤいているだけなんだよ。だから自説に逆らう反原発デモの若者を見て憤懣遣る方無いってわけだよ。とにかくはっきり言えることは、この程度のやつがそれなりの権威を持ってることが、そもそもの日本の不幸なんであって、こういうのをお払い箱にするところから変革を始めなければならないってことだね。

神というより犬

 文化の領域における政治性については、いままでずっとこのブログでも綴ってきたところでもあり、しっかり認識してきたつもりだが、科学(者)はやはりニュートラルなスタンスにいるんだろうなと、どこかで思い込んでいた。山下俊一という学者は「私は、みなさんの基準を作る人間ではありません。みなさんへ基準を提示したのは国です。私は日本国民の一人として国の指針に従う義務があります。」と述べ100ミリシーベルト以下は安全だと福島でふれ回っているという。もうこの知識人の犬ぶりには吐き気をもよおす。

「神になった人たちのリスト」

 これ、神じゃなくて犬。放射能のように目にみえない権力の犬になっているんだ。福島の子どもを守るために闘っている人たちが、いまいちばん人間らしい顔をしているように見える。

憂国

 反原発を主張する『世界』掲載の論文や小出裕章氏とか広瀬隆氏とかの所論はどれも力をこめて何年にもわたり原発否定の科学的根拠を提示しつづけて来た人々の努力の結晶なので、その内容には説得力があり、事故が起こってしまった今、なにびとも簡単に反論できないリアリティがある。例えば教授ポストを捨てて生涯を危険の警告に生きた小出氏などは、話し方にもパトスがあり、人生に謙虚で真実味があり、原子力安全・保安院長のあの人格のお粗末ぶりとは違って、説得力にも雲泥の差があるともいえるだろう。

西尾幹二氏が脱原発の立場を鮮明化



 脱原発派で、原子力産業をめぐる利権構造を批判し、内部被曝の危険性や核廃棄物への憂慮を口にして、福島の学童疎開を主張するナショナリストと、廃棄物の最後の捨て場を引き受けてくれる自治体はあるのかという質問に答えて、「お金ですよ。最後はお金です。ダメといわれたら二倍にすればよい。それでもダメなら、結局はお金ですから、五倍にして、否という人はひとりもいません。」と言い放つでたらめ科学者と、どっちが好き? 

う~ん、、、どっちもヤダ。

あえて選ぶとすれば?

う~ん、、、やっぱ、どっちもヤダ。 target=


目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


エントリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 63
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 1
最新のコメント
Twitter
タグcloud
 
アクセスカウンター
   




 
 
プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。


 

link rel=