泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 旅行・タイなど   Tags: タイ  家族  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

バンコク日本人学校

 気がついてみれば私のガキ(長男)も6歳になって今春からもう小学校に上がるのだ。バンコクに来て以来、ガキをアソーク(ソイカウボーイのすぐ近く)にある日本人幼稚園に通わせていたのだが、ある日先生から「就学時健康診断がありますので日本人学校で受けてください」といわれて書類を渡された。後日ガキと一緒に学校を訪れたのだが、健康診断といいながらも、実際は子供にとっての小学校一日体験であり、保護者にとっての入学説明会となっていた。
 バンコクには10以上の日本人幼稚園が存在するのだが、両親の仕事の都合で帰国する子、インターナショナルスクールへ進む子以外は、バンコクにただひとつのこの日本人小学校に入学するのがスタンダードである。
 小学校のあるラマ9世通り、ソイ17はさほど街外れというわけではないのだが、ソイの入り口から学校まで1キロくらいの距離がありソンテウやバイタクも走っている気配がなく、通学の便はかなり悪そうだ。もっともほとんどの生徒はスクールバスが家の前まで迎えに来てくれるので問題ないだろうが。。。

 学校に到着してすぐ受付をするのだが、子供の数の多いこと多いこと、、、後で説明を受けたのだが、(中学部を含め)全校生徒2500人、今年の新入生は400人近くいて、11クラスになる見込みだとか、、、スクールバスは100台を使っての送迎となるそうで大変なマンモス校ぶりなのだ。おいおい、バンコクにはこんなに日本人がいるのかよ! 
 タイとの経済的な結びつき(すばらしい表現だ)が深まるにつれて、開校以来生徒数は右肩上がり、なんでも来年にはシーラチャというパタヤ近郊の工業地帯にもうひとつ日本人学校が開校するらしい。事前に学校のウェブサイトでだいたいのことはチェックしておいたものの、実際に学校に来てみると、日本とタイはずいぶん身近な国なんだと実感してしまう。

 ただ私たちの場合ひとつ問題があった。入学資格には、子供はもちろん両親も合法的にタイに滞在すること、また保護者がワークパーミットを所持していること、とある。うちのガキと女房はタイ国籍を持っているので問題ないが、私自身は、観光ビザで滞在し働いているイリーガルワーカーである。この学校に入れないとなると、ガキを現地のタイ人の学校に入れるか、日本に帰国するかを選択しなければならない。
 現地校に入れるのは世話なくていい。金もかからない。が、いつになるかわからない帰国のあと、日本語を一から勉強させなければならないのはちょっとかわいそうだ。かといっていま日本に帰れば経済的な地獄が待ち構えている(多分)。。。ガキにとっても私にとっても一番いい選択は、日本とタイのハイブリッドな環境のなかで執行猶予の生活を送ることである。、、、もちろんいつかは、、、というか、遠からずに帰国しなければならないのは確かだが。

 だが、学校側と面接してみると、ワークパーミットがなくても仮入学という形で問題なく通学できるらしい。私立学校だから、ま、金さえ払えばOKってことなのかもしれない。ワークパーミットが取れるにこしたことはないが、このまま1〜2年が過ぎて仮入学のまま帰国、転校になっても何の不都合もないかもしれない。とりあえずは安心した。
 が、5千5百バーツの月謝はともかく、入学金7万5千バーツ(27万円ぐらいか)はさすがに痛い。まさか私立の小学校に子供を入れることになるとは考えてもみなかった。入学時、さらにいっそうの円高を望む!

 それと、学校側と話してみて気になったのは、先生たちの物腰の柔らかさだった。私が子供のころの学校にはもっと威厳みたいなものがあったような気がする。もちろん私が通ったのは公立学校であり、この学校とは違う。そう、現在は消費者社会であって、すべてはサービスを消費するという場面を中心に世の中が回っているのだ、という論を何かで読んだが、私立学校ゆえに当然といえば当然だが、私たちも教育サービスを消費するのだ、という感覚を、先生たちの作られたホスピタリティに触れてじわじわと感じたのだった。

Category: 日記・その他   Tags: タイ  家族  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

出産

 先ごろタイの王様のお姉さんがガンで亡くなったのだが、それまでずっとアヌサワリにあるプラモンコット病院というところに入院していた。有名で大規模な国立病院なのだが、タイの金持ちや外国人は病気のとき豪華な設備の整った私立病院を利用するものらしく、けっこう庶民的な感じがする。女房が出産したのもその病院だった。
 日本の出産事情は良く知らないが、こちらは(長男のときもそうだったが)陣痛が始まってから入院、即出産となるのが普通なようだ。出産後、三日ほど病室で過ごしてから新生児と一緒に退院する。医師の管理の下いろいろ準備をしたり教育を受けたりと、一大イベントの感がある日本の出産と比べるとずいぶんシンプルだろう。(首都の大病院でこれなのだ。田舎の出産はもっとシンプルに違いない。)
 出産費用も長男のときは2万円ぐらいだった。今回は帝王切開になったので、5万円ぐらいかかってしまった。何でも日本の健康保険は海外での病気(出産は病気ではないが、帝王切開になると保険が適用されるようだ)にも対応しているらしく、しかるべき手続きをすれば3割負担ですむようだし、出産一時金(35万円)も出るらしい。本当に〜?やったあ!丸儲けじゃん!、、、まあ、毎月高い保険料を払っていることを考えれば、やったあ!ってほどではなくなってしまう。
 というか、実は次に長男の小学校入学というテーマが待ち構えていて、そのために30万円ぐらいかかるので、入金があってもシュワッと消えてしまったりするのですよ、これが(涙)。

 そんなわけで、次回はバンコク日本人学校訪問について報告します。

Category: 日記・その他   Tags: タイ  家族  

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

二匹目

、、、のガキが1月9日に生まれました。またまた男の子でした。名前は勇樹君です。ごたごたしていますので詳しいことはまた後で。サワディークラップ

01 2008 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
エントリー
2008年01月の記事

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 65
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS