泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

おばあちゃんが言っていた、、、(その3)

 仮面ライダーカブトのストーリーは、侵略者ワームから地球を守る秘密組織ZECTをめぐって展開される。(マスクドライダーシステムを開発したこのZECTが、最初からネイティヴの息のかかった胡散臭い組織であることは徐々に明らかになってゆく。)
 カブトの他にもザビーというライダーが開発されていて、ZECTの組織員である矢車や影山という男が変身するのだが、おかしなことに彼らは侵略者を倒すというかなり切迫したシリアスな使命を負っているにもかかわらず、仮面ライダーのパワーをその使命から微妙にずれたところで使っている。
 矢車はワームを倒す実動部隊のリーダとして自らの戦闘の哲学(パーフェクトハーモニーなる組織・行動論)を実現すべく隊員たちを率いて戦い、成果を挙げていた。ZECTに加わることなくワームと戦うカブトを、矢車は仲間になって一緒に戦うよう勧誘するが、カブトはそれを拒絶する。しかし矢車は自らの戦闘の哲学が実戦において破綻し、逆にスタンドプレーに徹し孤独に戦うカブトが首尾よく敵を倒してしまったとき、カブトを激しく憎悪し始める。組織に従って動こうとしないカブトを処分せよ、とのZECTの命令に我が意を得たりと、カブトに戦いを挑む。「お前を倒さなければ、俺が俺でなくなってしまう!」………カブトの存在が、ZECTという組織における自分と自分の哲学を無価値なものにしてしまいかねないという不安が、わなわなと手を震わせるほど激しいカブトへの憎しみを燃え上がらたのだ。矢車を戦闘へと突き動かしていたのは、痛ましいほどの承認への欲求であって、侵略者から人類を守るという大義は、内奥に潜むプライベートな(エゴイスティックな)欲求を実現する口実になってしまっているかのようだ。
 また影山のほうはもっとストレートに、ZECTという組織の中で認められ出世したいという欲望を前面に露出させながらワームと戦っている。自分より「出来る」組織のスタッフに激しい嫉妬心を抱いたり、はたまた上層部(権力)に取り入ったりする影山のありさまは、何か見苦しい政治組織内部の権力闘争(というより、企業内部の出世競争)を見ているかのようだ。

 ようするにザビーに変身するこの二人は、ZECTという組織の権力に同一化し、従属してしまっているのだ。そんなわけだから、「(共に侵略者と戦わなければならないはずの)カブトを倒せ!」という理不尽な組織による命令に何の葛藤もなく従うことができてしまう。この二人と、ZECTという組織と常に距離を置いて一人ワームと戦うカブトとの対比は極めて印象的だ。
 天道総司はZECTからしきりに組織の下でワームと戦うように誘われ(強制され)るのだが、ZECTとはつかず離れずの関係を最後まで維持し続ける。一匹狼を気取りたいのかと責められると、オレは組織に収まらないほど器が大きいのだ、と彼独特のオレ様ぶりでやり返す。彼は端から組織の権力に興味を持っていないのである。

 さて、こうしたカブトの挙動を前提にして、エントリーの一番初めに紹介した「他者のために自分を変えることのできるのが人間だ。自分のために世界を変えるんじゃない。自分が変われば世界も変わる。」という台詞について考えてみたい。
 私にはこの「自分のために世界を変えるんじゃない。」という言葉が(ネイティヴの根岸による陰謀の事を指しているのはは当然として)、組織のライダー(矢車や影山)たちのように権力を求め(上に付き従うにせよ、人を率いるにせよ)、力によってのみ世界を変えようとする人間をも指して言ってるように思えてならない。
 自分の(エゴイスティックな)欲望を実現するために世界(他者)を手段として利用する、というニュアンスがこの言葉には感じられる。なるほど彼ら(矢車や影山)は熱く、命がけで侵略者と戦っている。しかしその情熱を動機付けているのは、侵略者から地球を守りたいという(アクションヒーローなら当たり前の)他者を慮る正義感であるというよりむしろ、組織のヒエラルキーに従属した、プライベートな内面の奥底に潜む「自分を認めさせたいという欲望(エゴイズム)」なのであって、実は他者など眼中にないのである。つまり、文字通り彼らは自分のために世界を変えようとしているのである。(この二人の名誉のために言っておくと、ドラマの終盤には、彼らの内にもやはり少なからず正義感が燃えていたのだということを垣間見ることができる。)

 世界を変えなければならない。そのためには力(組織立った巨大な権力)が必要だ。しかし力は新たな排除を生み出してしまう。権力は、その前に立ちはだかり遂行を妨げるものを、(矢車=ZECTがカブトに対してそうしたように)同質化し内部に回収するか、でなければ排除し抹殺しようとする。
 このあたりに私は、権力を求める者のきな臭さ、グロテスクさを感じてしまう。それが表向きどんなに正義や公正への情熱に基づいていたとしても、力の追求の背後には、案外プライベートでエゴイスティックな動機が、さらに力を求めずにはいられない人間的な「弱さ」が付きまとうような気がしてならないのだ。仮に力の行使が正義感に基づいていたとしても、権力者個人や権力を持つ組織の中で、その力が残酷な暴力へと横滑りしてゆく可能性は否定できない。いや現実の社会のなかでそのような混乱や横滑りは常に起こっているのではないか。逆に、もしある人が暴力や他者の存在に敏感であるならば、その人は現在のこの瞬間の多様性に開かれ、自然と「無力」であることに導かれるのではないか。「無力」は力の横暴を告発する。そのように「無力」が視野に入ってくることなしに、力を行使することは危険なのだ。
 「自分が変われば世界も変わる」という言葉は、けっして神秘主義的な物言いではない。ここで天道総司の言葉に込められているのは、力によって世界を動かすのではなく、「無力」を意志する力であること………それは未来の目的への手段と化した現在を、まったく新しい相貌のもとに(瞬間そのものを目的として)出現させる(=変える)ことであるとともに、力が排除し、抹殺しようとする傍流の価値を更新することによって未来へと送り届けることだ。それは絶え間なく続けられるであろう未来における変革の栄養となるはずである………なのだ。
 
 岡本太郎がどこかで「人生積み重ねだというが、私はむしろ積み減らすべきだと思う」という意味のことを言っていた(彼は明らかに「無力」への意志を語っている)。私たちは力を持っていることを「強さ」だと考えることに慣れているが、力のみを求めるということは力によって自分を支えるということをも意味する。そのような力のみの追求は、むしろその人の人間的な「弱さ」に起因するものであるかもしれない。権力者は「弱い」からこそ力を欲したのではないか。むしろこの「積み減らし」=「無力を意志する力」であることが人間の「強さ」なのではないだろうか。私たちが求めるのは「力」のみなのではなく、「強さ」なのであり、世界を変えるのは結局「強さ」なのだ………仮面ライダーカブトの物語にはそんなメッセージが込められているように思うのである。


  仮面ライダーカブト天道総司は、最終的に狡猾なネイティヴに勝利する。戦いの後のラストシーンで、彼は仮面ライダーガタック、加賀美新とこんな会話をする。

  • 天道  :『一度しか言わないぞ………』
  • 加賀美:『?』
  • 天道  :『同じ道を往くのはただの仲間に過ぎない。別々の道を共に立っていけるのが………』
  • 加賀美:『友だちだ。………それはおばあちゃんの言葉か?』
  • 天道  :『………いや、俺の言葉だ』

 「おばあちゃんが言っていた、、、」というのは天道の口癖なのだが、まったく、最近のアクションヒーローは、ただ暴れているだけでなく、こんな意味深な言葉を語らなくてはいけなくなったらしい。

 少し話を戻すが、「無力」を志向しているはずのシチュアシオニストという組織の中にも、ひとつの権力が貫いていた。それはシチュアシオニストという組織を維持するために使われた権力だ。シチュアシオニストはその主張の純粋さを維持するため、「芸術作品」を指向して「芸術」の領域での個人的名声を求めたり、体制側のプロジェクトに協力した者を除名処分にした。そうすることで組織の主張の純粋さは維持されたわけだが、それは、組織の中に、そのような形でシチュアシオニストの主張からの逸脱分子を判断し、処分を下せる権力が存在したと言うことをも意味する。それがよく噂されるようなドゥボールの独裁的な権力なのかどうか私は知らないが、もしシチュアシオニストが真に徹底して「無力」を求めるというのなら、シチュアシオニストという組織はひとつの矛盾だといえる。
 しかし、シチュアシオニストの意思決定機関である「評議会」も、木下誠氏によると、「ロシア革命の初期の評議会、ドイツの20年代と30年代の評議会などを自由に転用し、それらを全く新たに組み替えて用いた」ものであったらしく、大真面目な顔をしながら、実は髭を生やしたモナリザみたいなものだったのではないかと思えてならない。それは除名やら粛清という言葉から想像されるおどろおどろしい権力とは一線を化した、私たちが生きていくのに必要な力と同様の力の行使であったのではないかと思う。まあ、結局はドゥボール自身によってシチュアシオニストという組織は解体されるのだが、それはこの組織が「無力」を志向するものであるなら、(集団や組織だから出来ることもあるとはいえ)テンポラルなものでしかありえないという当然の運命だったのかもしれない。
 しかしシチュアシオニストという組織が消滅しても、「無力」への意志は潰えてはならない。(ことに近代が、私たちの用いることの出来「力」を(破滅に至るほど)飛躍的に増大させた時代であれば、また今現在、現行社会がナントカ能力だとか人間だとかを私たちに押し付けてきているのであれば、逆に、より激しく「無力」を意志すべきなのではないかと思う。)シチュアシオニストなき後、私たちは一人一人で歩いて行かなければならない。組織として同じ道を往くのではなく、孤独なシチュアシオニスト(=無力の戦士)となって、(ときには交わり大きな共同体になるという僥倖に巡り合うこともあるだろうが基本的には)別々の道を共に立っていかなければならないのだ。おそらくそれは仮面ライダーのヒーローのようにはカッコイイものにはならないだろうが。。。(おわり)

 仮面ライダーカブトについて書くにあたってこちらのブログの記事を参考にさせてもらいました。漫然とドラマを眺めていた私などには目に入らないディテールや矛盾を拾い出し、一つのドラマをこれだけ情熱を持って分析することが出来るとはまったくもって驚きでした。感謝します。


Category: 日記・その他   Tags: 家族  タイ  

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

というわけで、ご報告!

 「親がバカでも子は育つ」とはよく言ったもので(?)、こいつももう卒園です。

 はい、おめでとう。

 で、これが発表会での晴れ姿。

 君には半分ネイティヴの血が流れているんだ、他の子よりうまく踊れよ!

 そんでもって、こちらが2匹目です。僕も兄ちゃんと一緒に踊ってまーす!

Category: 日記・その他   Tags: 家族  タイ  

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

卒園

 もう3月。先日ガキの幼稚園の卒園式がありました。、、、ということになれば、スナップ写真の一枚でも添えてご報告、といきたいところなのですが、ここ一年ほどそういうのができていません。金がなくてアパートにパソコンもインターネット回線も入ってないせいです(泣)。ありがたいことに、同じ幼稚園に通ってる子のお母さんのブログがあったので、ちょっと雰囲気だけでもお伝えしようかと、、、

発表会 卒園式


 なんだか人の生活を覗き見するようでなんですが、私のガキもこの空間を共有しています。発表会でタイ舞踊を踊っている写真がありますが、写真の左端に切れて写っているのが(顔の形からしておそらく)私のガキです(笑)。
 卒園式ではきれいなお母さん(羨ましい)が報告なさっている通り、大きくなったら何になりたいか、ひとりずつマイクに向かってしゃべらされていました。名簿順なので私のガキが一番はじめにマイクにたったのですが、緊張のせいか小さい声で「電王」とだけ答えていました。大統領、お医者さん、サッカー選手、恐竜博士など他の子はまっとうな答えをしていましたが、「電王」ってさあ、、、ネタではよくあるけど。まあ、ご父兄方にもほとんど聞こえなかったようで、特に反応もなかったのですが。いやあ、確かに職業の選択やその実現を「夢」だのなんだのっていうのが、イデオロギッシュな感じがして好きじゃないので、ガキと将来何になりたいかなんて話はしたこともなかったのですが、、、それにしても「電王」ってのは。。。。そろそろ社会の現実というものを教えなければならないのかもしれません。
 卒業証書の授与のときは、名前を呼ばれると終始奇怪な笑みを浮かべながら、ロボットの兵隊のように高々と足を上げ、くるくるターンをして周囲の笑いを取りながら証書を受け取っていました。厳粛なる式でおどけものを演じるとは、、、言葉での自己表現が不自由な分、パフォーマンスでアピールしてるのでしょうか?

 とにかくこれで幼稚園は終わり、来月から小学校に上がることになるわけです。お疲れ様、俺。

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

おばあちゃんが言っていた、、、その2

 20世紀を通じて左翼(共産主義)の運動も、党によって組織された力の政治によって変革を担ってきたわけだが、そのような流れの中にシュルレアリスムという異色の運動が存在した。シュルレアリストたちも共産主義にシンパシーを感じていて、自分たちの仕事を革命に奉仕するものだと位置づけようとしていた。実際シュルレアリスムの主要メンバーはある時期共産党員だった。もっとも党の側といえば、シュルレアリストたちを終始胡散臭い存在とみなしていたようだが。
 それもそのはずで、シュルレアリスムの運動が左翼として異彩を放っているのは、それが本質的に「無力」を意志するものであると思うからだ。彼らの活動はオートマティスムという概念を廻るものであり、理性の検閲を受けぬ、自動性、偶然性の価値を積極的に生の中へ溢れさせようとするものであった。しかしこれらが、理性的に効果を計算し、冷徹に結果を求める党の社会変革の方針(力の政治)と相容れないのは明らかだ。未開の文化や狂気の生み出した妄想チックなイメージに大喜びするシュルレアリストたちを、真剣に力の政治を追求している党の人たちが見たなら、きっと「こいつらは何を遊んでいるのだ」と思うに違いない。
 もちろん「無力」だといっても、シュルレアリストたちがまったく力を行使しなかったということを意味するわけではない。党の政治活動に参加するためにはもちろん、シュルレアリスティックな詩や絵を創り上げることにすらきわめて理性的な力の行使を要求される。それどころか力の行使がなければ日々の食い扶持を求めることさえできなくなってしまうだろう。つまりシュルレアリストは高度に理性的であり、力を行使する存在でありながら、同時に戦略的に「無力」を意志すべきだと考えていたに違いない。シュルレアリストが考える全的な人間のビジョンは、革命後の未来の社会で実現されるものであると同時に、現在の社会の内部においても(十全な形ではないとしても)実現されるべきだと、そのために力の行使である生を同時に可能な限り「無力」で満たすべきだ、と考えていたのではなかと思うのである。
 無力であるということは、力が現在を手段化し、享受の瞬間を繰り延べてしまうものであるのに対して、現在の瞬間そのものを目的とすることであり、瞬間の中で多様な価値に向かって開かれることである。党主導の力の政治が現在を手段化し、この繰り延べを行うことによって排除し、社会の周辺に追いやられ歴史の彼方に埋もれようとする周縁部の多様な諸価値を、「無力」を意志する精神(=シュルレアリスト)は現在の瞬間の中に更新することで発掘する。二つの世界大戦の狭間、帝国主義と全体主義が全盛の時代の空気の中にシュルレアリスムは奇蹟的な「無力」の美を妖しく花開かせ、無視され、顧みようとすらされない価値に、劇的な形で新たな血液を送り込んだのである。

 、、、と、言い切ってしまいたいところだが、実際のシュルレアリスムは、指導者ブルトンその人が組織の中で絶対的な権力を振るっていたらしいことや、その画期的な運動のヴィジョンを幻惑的な芸術作品の生産という「力」の方向へのみ振り向けるしか能がなかったらしいことで、そのポテンシャルを汲み尽くさないまま、戦争という荒れ狂う時代の暴力の中で四散してしまった。戦後に運動は再結成されたが、運動が抱えていたこうした矛盾や甘さゆえ、もはや「無力」の痙攣的な驚異で現在を満たすことが出来なくなっていた。結局シュルレアリスムは「無力」を意志する運動という意味では不徹底であり、(シュルレアリスムの乗り越えを図った)シチュアシオニストたちが言ったようにそれは「端緒」でしかなかった、というのが結論なのかもしれない。

 シチュアシオニストが「新しい美は状況の美としてしかありえない」と語って作品に価値を置くことを捨てた背景には、限りなく「力」へと転換してしまったシュルレアリスムの堕落に対して、より徹底して「無力」であろうとする意志があったに違いない。
 「作品」は現行体制によって、ひとつの商品として、また、ある個人(アーティスト)のタレント(能力)の発露へと、すなわち財や力へと容易に解釈されてしまう。そのような解釈の権力から逃れるためにシチュアシオニストはアンダーグランドな集団的、匿名的な「状況」の創造という無形の活動に取り組んだのだ。
 また、運動におけるシチュアシオニストのスタイルはマルクスの影響を受けた左翼の運動としては異色である。「どこにおいても彼らは大衆運動の組織者として振る舞いはしなかった。SI(シチュアシオニスト・インターナシオナル) は、運動のないところでは批判的介入という直接行動によって状況の構築をめざし、運動が拡大し、状況が構築されたところでは自分たちの理論を伝達することに徹し、それを指導することはしなかった」(「転用」としての闘争………シチュアシオニストと68年 by木下誠)というのだ。すなわち、彼らは力で上から大衆を動かそうとはせず、水平的な、横のコミュニケートに徹したということだ。このことから想像できるのだが、68年のパリにおいても彼らの果たした役割も、運動を仕切ったり、はたまた背後から操ったりするようなことではなく、虐げられた欲望を噴出させ、擾乱をさらに推し進め、いわば超現実的な痙攣を現行体制の力の政治が支配する日常生活の中に引き込むこと、また彼ら自身その擾乱の中に引き込まれることであっただろう。シチュアシオニストは、アーティストとしての成功に無関心であったと同様、力によって世の中を動かしたいという欲望とも無縁であったのだ。

 「疎外された現実によって押しつけられているあらゆる条件とあらゆる価値を根底的に批判し、それらを自由に再構築することは、その[=現代のプロレタリアートの]最大限の綱領である。そして、生のあらゆる瞬間とあらゆる出来事の構築において何からも自由になった創造性を発揮することが、それにとって認めうる唯一の詩である。その詩は、万人によって作られる詩であり、革命の祝祭の始まりである、プロレタリアートの革命は祝祭となろだろう、さもなくば存在しないだろう、なぜなら、それらの革命が告げ知らす生そのものが祝祭のしるしの下に創造されるからだ。遊びこそがこの祝祭の究極の理性である。死んだ時間なしに生きること、制限なしに楽しむことが、この遊びが認めうる唯一の規則である。」(『学生生活の貧困』ムスタファ・ハヤティ)


 これを読めばもうシチュアシオニストの関心は明らかだろう。ここで表現されているのは、生が資本主義の維持、再生産の手段であることを強制してくる体制権力に抵抗すること、すなわち現在の瞬間を繰り延べることなく燃焼し享受すること=瞬間そのものを目的とし「無力」で満たそうとする意志以外のなんであろうか。と同時に現行体制によって虐げられ排除された多様な(傍流の)価値の再構築/更新でもあるという意味で、シチュアシオニストの運動の戦略はシュルレアリスムの延長線上にあるのだ。

 思うのだが、私たちは生き抜くため、また、より良い世界を作るためにも力を用いる。一人の個人にしても、運動のようなひとつの共同体であってもそうだ。仮に「運動」ということから離れて考えてみた場合でも、私たちが現在の瞬間そのものを目的として享受しようとするなら、力を用いるその分だけ、同時的に、あたかもその力を覆い尽くし、打ち消すかのように「無力」を意志せざるを得ないのではないだろうか。
 自ら力を求めなくても手に入ってしまうということがある。たとえば仕事場などで、年を食いキャリアが蓄積されるだけで、その人には権威という妙な力が備わってくる。たいして偉いわけじゃないのに先輩面して、いじわるや横暴な振る舞いをすることも容易にできるようになってくるものだ。親になれば私たちは子供に対する権力者である。
 仕事をし、子育てをする役割にある以上、私たちはその権力を当然使っているし、使わざるを得ない。生きるということはそもそもが権力的であり、排除する暴力なのだ。私たちはそのことを認めながら生き、世界を変えることしかできない。
 しかし、そうでありながら仕事場の同僚や自分の子供との間に、社会的な生産や再生産の都合で結ばれている上下の権力関係をはずれた結びつきを同時に求めることもできる。つまり私たちは生きてゆく必要上従わなければならない(現行社会から押し付けられている)役割とは違った形(上下ではなく水平的な交流関係)において他人と関係を取り結ぶことも出来るわけである。
 もし私たちが完全に権力関係に服し、力のパースペクティヴの中にのみ生きるとすれば、現在の瞬間は生き延びるためへの配慮や、役割関係=目的への従属へと解消し、人間的な交流、そこに息づく多様性、その奥深い可能性を汲み尽くすことなく、享受は未来へと繰り延べられてしまうだろう。だからこそ私たちは日常生活の中に、また変革の過程の中に、可能な限り多様なな横の関係=「無力」を同時的に挿入し、この瞬間を満たそうと思うのではないか。私たちの生が手段化してしまうことへの空しさから逃れ、現在の瞬間を固有の彩りで満たそうとするなら(運動家や実存主義者ならずとも)そうするのだ。そうでないと私たちの日常は味気なく痩せ細ってしまう。
 私たちは学校の先生との生徒の間に、教え教えられるという役割関係と同時に、人間的な交流を築けるし、コンビニの店員と客でしかなかった二人が恋に落ちることもできる。はっきり意識していないかもしれないが、そのとき私たちは明らかに日常を貫く(体制の権力が押し付けている)役割関係に抵抗し始めているのである。

 つまり、シュルレアリストやシチュアシオニストたちのラジカルな活動は、われわれ誰もが無意識のうちにやっていること(すなわち「無力」の追求を)を、意識的に極限まで加速させようとする試みだといえる。
 資本主義社会が本質的に繰り延べの社会であり、それを転覆すべき左翼の運動すら繰り延べを行うものであったという絶望的な事態、体制による力の専制に対するに反体制の運動も力のみをもってするという近代政治の痩せ衰えた不毛さを見据えていたからこそ、シュルレアリストは夢や狂気など、非合理的で力が見向きもしなき価値へと接近し、また、シチュアシオニストは現行体制の支配的な価値へと日常を囲い込み、交流関係へのアクセスをさえぎろうとする「消費」を徹底的に批判することで、「無力」を志向し、現在を彩り、瞬間を燃焼させたのである。「無力」であることが彼らの闘いであった。そしてそれが彼らの運動の貴重な(他には容易に見出しがたい)意義であり、わくわくするような面白さの理由なのである。(つづく)

   

03 2008 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS