泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 日記・その他   Tags: Thai  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

線路はつづくよ

 最近は違う道を通ってますが、交通量が多くて危険な大通りを自転車で走るよりも、こんなところを通ったほうが安全だし、職場への近道だったりします。どうせ列車など一日のうち数えるほどしか通過しないのですから。

 ここは都心からクロントゥーイ港へと伸びる貨物線ですが、トタン板で作った粗末な住居が鉄道の敷地の周辺に多数存在しています。おもしろいことに住居のみならず、雑貨屋や食堂まで線路に向かって店を開いています。線路が人の通路や生活の場になってしまっているわけです。おそらくここに住む人たちは、いわゆるスクウォッターでしょう。タイだけではなく、フィリピンなど他の発展途上国の都市部の鉄道沿線でもこういった光景にはよくお目にかかります。また、ちょっと目をそらすと、モダンなあるいはポストモダンチックな高層ビルやら豪華なマンションやらがこうした粗末な住居群を取り囲むように林立していたりするというのは、第三世界の都市の光景としておなじみですが、それはバンコクにもあてはまります。そこには逆に目をそらすことの出来ない社会の矛盾が露出しているわけです。

 しかしながら、私などこのような生活の場と化した線路のある風景に新鮮かつどこかノスタルジックな感動を覚えてしまいます。こんな環境に住んでいたことなどないと思うのですが、、、。

 考えてみれば、私たちが日頃日本でお付き合いのある都市部の鉄道というものは、労働力を職場へと高速でピストン輸送する機関なのであって、鉄道の軌道はその遅滞なき効率的な輸送を妨げかねない要因からは極力護られています。そのため鉄道の線路は、私たち一般市民にとって基本的にアンタッチャブルなインフラになってしまっています。何を隠そう私はプチ鉄ちゃんなので、つるつるに光ったレールにほおずりしたい欲求が少なからずあるのですが(海援隊の『思えば遠くへ来たもんだ』という唄に「冷たいレールに耳を当て、、、」というフレーズがありますが)都市部の鉄道でそれをやるのは危険だし(保線員にでもならない限り)かなり犯罪的です。パッと思い浮かぶのは、レールの上に石を置く悪ガキとか、電車の前に身を投げて、無残な肉片となった者だけが、、、つまり交通へのプチテロリストにならないとなかなかできないことなのです。

 ところがここでは、日本の都市部では許されない線路と人間の関係が当たり前のように成り立っています(レールにほおずりするタイ人はいないかもしれませんが)。そのあたりに生活の場と化した線路のある風景が、私にとって新鮮に感じられる理由があるのかもしれません。大げさかもしれませんが「手術台の上のこうもり傘とミシンの偶然の出会い」以上に新鮮な光景ではないでしょうか。

 そういえば前回のエントリーで書き忘れたのですが、タイ国鉄の東北線がノーンカーイから先、ヴィエンチャンまで延長されています。メコン川に新たな鉄橋が出来るのかと思っていたのですが、なんとフレンドシップ橋の上を路面電車のように道路に埋め込まれた線路がラオスへと続いていました。すでにヴィエンチャン郊外に駅が出来てるみたいで、バンコクとヴィエンチャンの間を国際列車が走る日は決して遠くないようです。ま、この写真の貨物線もまたラオスまでつながっているわけですね。


Category: 日記・その他   Tags:  タイ  ラオス  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

あと何度ここを越えるのだろう?

 観光ビザ取得のため、またラオスへ行かなければならないのだが、女房の悪い病気のせいで資金不足になり、今回は一人で行くことになった。が、それだけでは終わらなかった。

 仕事を終えてこれからモチットのバスターミナルに出発、という段になって、(うすうす予想はしていたが)女房の奴、私のラオスへの旅行資金を賭け事につぎ込んで、半分ほどギャンブルの神に召されてしまっていたという事実が明るみに出たのだ。月初めだというのに既に生活費は底をついている(最悪の場合に備えて多少はヘソくってあるが)。しかし、今すぐ出国しなければ(不法労働のみならず)不法滞在になってしまう。

 いかにも賭場から来た感じのくしゃくしゃの札束を、女房や兄弟たちの前で私は地面に叩きつけた。「これっぽっちで行けるのかよ! ふざけんじゃねえ! やってられっかってんだコンチクショウ!」、、、とタイ語で啖呵を切ってみたいとこだが、私の語学力ではそれは無理。まあ、このアクションの70%は演技だが、残りは本当の怒りで、それだけは皆に十分伝わったはずだ(本当に伝わったのか?)。この先私たちがどうなって行くのかわからないが、これでは家庭生活が成り立たないということ(今思えば小学校の入学金が払えたのが奇跡のようだ)、この女房にはほとほと困り果てていることだけはしっかり兄弟たちにアピールしておかなければならない。兄弟たちによると「ホント困った奴だ、kenには同情しているんだよ」という話なのだが、まあまあ、腹減っただろう、まずはラープとソムタムを食べなさい、みたいな感じになって(こういうときのタイ人は妙に明るくて優しい)、どこからかかき集められてきた最低限の旅行資金を渡される頃には、極悪ギャンブラーは仲良し兄弟の一人に戻って楽しげに笑い合ってるのだ。こんなぬるま湯じゃあ何も変わりっこない。沼だ! ここは生ぬるい泥沼なんだ! まったくタイ人たちは頼りにならない。いやいや、そもそもこの事態は自分自身で招き寄せたものじゃないか。自分でけりをつけなくっちゃ。他人に期待するのが間違ってるんだよ、俺。

 、、、というプライベートでシビアな現実は横に置いといて、ここからは楽しげなタイ駐在ブログに変身です。

 さあさあ、ヴィエンチャンビザラン組が3ヶ月に一度、どうしても渡らなければならない大河、メコンです。チベットの源流から中国雲南省、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、そして河口のベトナムまで六カ国を通過する国際河川です。乾季には、寒さで縮み上がったチ〇ポみたいに情けない水量の川になりますが、雨季の現在、泥色の水が滔々と流れています。

  このバスに乗ってメコン川を渡り、ラオスに入ります。バスのボディには「ノーンカーイ県―ヴィエンチャン都」と書いてありますが、なぜかノーンカーイのほうが垢抜けた都会だったりします。

 入国審査です。タイ文字とよく似たラオス文字が見えていますね。いったい私はあと何度このボーダーを越えることになるのでしょう。ところで、ラオスのお役人様、お願いですから入国カードはもっともらいやすい場所に置いて下さい。

 ヴィエンチャンのバスターミナルに到着。これが首都の一番大きなバスターミナルです。年季もののバスがいっぱい停車しています。

 フランスパンのサンドイッチ、ベトナムの菅笠、、、タイにはない風景、やはりここまで来ると、どこかインドシナの匂いがしてきますね。

 うーん、残念なことに今回はろくな写真が撮れませんでしたが、次回は奇麗なラオス娘のスナップでも紹介できればと思います。それではまた!



07 2008 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
エントリー
2008年07月の記事

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS