泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 日記・その他   Tags: 家族  タイ  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

骨折

 日曜日の朝、2匹目のガキが鎖骨を骨折した。。。犯人はオレです。
 ガキんちょを右腕に抱えて自転車でソイの奥の方にむかってプチサイクリングをしていた。けっこうこいつは自転車に喜びをしめすのだ。タイのソイには自動車のスピード減速を促すために、所々コンクリートで10センチぐらいの高さのなだらかなストッパーがつけられている。運河を越える小さな橋を渡り終えるとちょっとした坂になっていて、自転車は加速。どころが坂の下にそのストッパーがあるのに気づかずに乗り上げて、片手運転の折りたたみ自転車はこけて、ガキんちょを道路にホン投げることに。。。しまった! と思ったが後の祭りである。1メートル以上の高さからガキんちょはコンクリの道路に落っこちてしまった。たちまちウギャーという赤ん坊の絶叫があがり、私は慌ててガキを抱え起こし外傷をチェックした。驚いたことに出血も外傷もほとんどなく、激しく泣き叫んでいるだけだった。こういうとき一番怖いのは、むしろ泣くという反応がない事だという。どうやら最悪の事態だけはまぬがれたことはわかった。だいじょうぶ、反応はしっかりしている。ガキを抱えて家に向かった。ガキんちょはヤーモーンという刺激臭の油を女房や兄弟達に塗られベッドに寝かされたが、なかなか泣き止まないので病院に連れて行く事になった。たぶん打撲だろうと思っていたが、レントゲン撮影の結果は骨折だった。。。なるほどガキが泣き止まないわけだ。ああ、、、黒い幕が私の頭の中に降りてくるような気がした。ガキを喜ばせようと思ってやった事とはいえ、私のヘマからガキにひどい苦痛を与える事になってしまったのだ。
 日曜日は救急外来だけで、正式な診察は月曜日に受けろと言われ、今朝また病院に行ってきた。整形外科の医師はカルテを見るだけで診察もせずに、にっこり笑いながら、幼児の骨折はすぐ治ります、一、二週間もすれば痛みは消えて元通り、後遺症も残りませんよ。断片的にしか聞き取れなかったがそういう意味の事を言った。いやいや、このタイ人のマイペンライの笑顔は、この世に苦悩や苦痛なんて存在しないと言わんばかりで、私もすっかりほっとして頭の中の黒い幕も雲散霧消してしまった。まあ、このマイペンライには、何か誤魔化されているんじゃないかとよく思うのだが。
 とにかく骨折で済んだことはラッキーだったということらしい。確かにガキも見たことのない整形外科の病棟の光景にはしゃいで、骨折しているとは思えないほど元気に患者や車椅子の間を走り回って、転ばないように後を追いかける私のほうが疲れるぐらい。夕べもなんか寝付けずに睡眠不足だし、自転車で転んだ後遺症なのか、背中がひどく痛い。そういえば昨日私は膝に擦り傷ができていて血を流していたのだが、どう転んだのか全く覚えていないのだ。

Category: 日記・その他   Tags: Thai  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

タイの新型インフルエンザ

 インフルエンザウイルスってのは、寒くて乾燥した気候じゃないと増殖しないんだよ、なんて思って日本の騒ぎを対岸の火事のように眺めていたのだが、、、気がついてみるとタイでの新型インフルエンザの感染者数は、4000人を突破し、死亡者数も20人を超えてしまった。まあ、亡くなった人たちはほとんど持病を持った人らしいのだが、さすがに楽天的なタイ人も浮き足立ってきたようで、今朝の地下鉄の通勤客の中には少なからずマスク姿が見受けられた。何でもバンコクの公立学校は今週すべて休校になるという話で、ガキんちょの通う日本人学校はどうなるのだろう? 日本人学校の児童にも感染者は出ているし、ガキの担任の先生がインフルエンザで学校を休んでいるというのだが。私自身は不安を感じないが、抵抗力のない赤ん坊もいるのでやはりこのところの感染者数の爆発的増加は不気味である。タイから帰国した日本人旅行者に感染者がいたというニュースもあって、せっかく政治的混乱が下火になったというのに、今度はインフルエンザでタイから観光客の足が遠のきそうだ。 タイはいま、何かに呪われているのだろうか?

Category: 日記・その他   Tags: タイ  思い出  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

毛ジラミ退治

 最近のチンチンかいかいの経験のおかげで、若い頃、タイで売春婦からもらった毛ジラミとの格闘を思い出した。股間にチクリチクリと痒みが走るのでおかしいなと思ってパンツを見ると、小さな血のシミがいっぱいついていた。まさかと思って調べてみると、陰毛の中に小さな卵らしきものがくっついている。あ、と思ってよく見ると、陰毛の根元の部分に毛ジラミがしがみついているではないか。というか、毛ジラミなんて見るのは初めてだったわけだが。
 こいつらがちょっとひっかいたり、風呂に入ったぐらいでは離れてくれないのだ。薬があるのだろうが、恥ずかしくて薬局でなど買えない(バルサンを股の下で焚くと効くという噂だが)。だが、陰毛ごと引っこ抜くと、毛根の部分に一緒にくっついてきてしまうことがわかり、文字通り虱潰しに毛ジラミのついた陰毛を引っこ抜き、鉛筆の後ろの平らな部分で潰していった。プチ、という感覚が手に伝わるのが、サディスティックな快感で、程なく殲滅。オレサマの血を吸おうなんて100万年早いぜ! もっと進化してから来るんだな、フフンと、暴君ぶりを発揮して、情けない経験は小さな武勇伝となり妙な満足感が残った。

 それにしてもこいつらスゲエよなあ。陰毛と陰毛がこすれ合ってるわずかな瞬間に行動を起こし、他のヤツの陰毛の中に乗り移って、根元にしがみついて血を吸うんだから。ユクスキュルの本に出てくるダニの話を思い出してしまう。いやあ、生命って偉大だ。
07 2009 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
目次
エントリー
2009年07月の記事

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 65
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS