泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 亡霊退治   Tags: 思想  芸術  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

白黒ハッキリつけさせてもらおうじゃないの

文化を現実に否定することによってのみ、文化の意味を保存することができる。文化の否定はもはや文化的ではありえない。文化の否定が依然として文化のレヴェルに何らかのやり方でとどまるのだとすれば、そのようにしてであるが、その場合、文化という言葉はまったく異なる意味で理解せねばならない。『スペクタクルの社会』 断章210


 ……というドゥボールの言葉があって、何のことやらと思うかもしれないが、つまりこれは「文化」という言葉には2つの意味があり、かたや体制公認で、既製かつスタティックな、習俗の(美的な)体系を、また一方では、その否定=すなわち叛乱的であり、生成的、創発的なダイナミズムをこそ「文化」という言葉で言い表そうしていて、後者こそ「文化」という言葉の正統な意味としてとらえるべきだ、ということを言っているわけだ。対立的ですらある水準の違う概念が、同じ「文化」という言葉で表現されている。
 まあ、こういうのはよくあることなのだろう。たとえば「パフォーマンス」という言葉も、芸術の1分野としてのパフォーマンス・アート(小倉利丸氏が問題にしていたパフォーマンスはこちらの意味)と、表現者/観客への分裂を切り裂くものとしての根源的なパフォーマンス(粉川哲夫氏が論じているのはこちら)とではまったく意味が違う。当然「芸術(アート)」という言葉も同様で、上の引用の「文化」という言葉を「芸術(アート)」に置き換えてみても、ドゥボールのこの断章は意味が通るものになる。
 こうした言葉遣いの問題が、社会運動の領域にも混乱をもたらしているのではないだろううか。左翼系の論者、それも文化研究をやってるような人たちが、こうした混乱にのまれたままだったりしていて、ずっと前からそこが気になっている。雑誌VOLの3号は、反資本主義/アートという特集を組んでいて、個人的にも関心があって面白く読んでいるのだが、やはりこの点について極めて曖昧だ。
 問題なのは、「芸術(アート)」という言葉を混乱したまま運動の周辺にばら撒くことで、最先端の抵抗運動の回収を促す磁場を、左翼系論者自ら図らずも
温存させてしまっているように思えることである。こうした事態を避けるためにもここは1度「芸術(アート)」という言葉の使われ方を整理しておくべきだと思う。

 スティーブン・シュカイティスの『情動構成の美学 ──観客を消滅させ、群衆蜂起をうながす』という論考を読んで、少々認識を改めねばならないと思ったことがある。シュカイティスは政治的な芸術の役割を、既存の(権力によって押し付けられた)公共空間を切り裂き、民衆による自律的な公共空間の立ち上げ(情動構成)を促すものとしてとらえている。これは言うまでもなくシチュアシオニストの「状況の構築」と全く同じことだが、私がどうしても引っかかるのは例によって政治的「芸術」という言葉だ。なにしろ「状況の構築」とは資本主義のもとで叛乱の懐柔(スペクタクル化)装置と化した「芸術」を乗り越える実践なわけで、そのために「芸術」を手段として使う、なんてことはありえないだろう……と思ってしまうのだが、よく読んでみると……

もともとマーチングバンドは国家形態に付随するものであり、国家が定義する空間をもたらす。その集団は整然と制御された隊列をなし、軍隊の勲章に密接に結びついている。(……)そしておそらく国家や軍隊との結びつきがあるからこそ、それが抗議の戦略ために遊戯的に転用されて再=領有されるや非常に愉快なものとなるのだろう。


 ……と書いてある。つまりシュカイティスの言っている政治的芸術(ステンシル、グラフィティ、パフォーマンス、マーチング・バンドなど)とは、シチュアシオニストの言うところの「転用」の実践だ、ということのようだ(上の引用を読んでて思い浮かんだのだが、制服を着たままのセックス……例えばセーラー服を着たままの女子高生とのセックスは非常に刺激的だが、これも一種の押し付けられた制度の「転用/再=領有」だと考えられる)
 シチュアシオニスト言うところの「転用」とは、過去の文化的遺産や方法などをブリコラージュ的に利用した、状況の構築に奉仕する作品活動やアクションのことであるが、そうである以上シチュアシオニスト的文脈においては、懐柔装置と化した個人主義的な「芸術」とは区別されているはずである。が、そのよく似た外観を見る限り「転用」が「芸術(アート)」として理解されてしまうのは無理からぬことなのかもしれない。
 しかしながらここはあえて、シュカイティスが政治的「芸術」という言葉で表現しているものを、カルチャー・ジャミング的な、旧来の芸術的手段の「転用」と理解し、「芸術」というカテゴリーからを切り離すことにこだわったみたい。

 私にはフォーマリストの気でもあるのか、長いこと純粋芸術にしか興味がなくて、いわゆる政治的なアートを知ったのは左翼系論者が紹介しているのを読んでからのことだった。そこでの紹介は反体制(アンチキャピタリズム)的なアートであったし、アーティストとしてであったので、そうか……結局「芸術(アート)」なんだ……とシチュアシオニストが戦後の前衛芸術を批判するときのように、それら政治的なアートにも杓子定規に疑いの眼差しを向けることになってしまった。
 こうした政治的なアートを、アクティヴィズムとアートの外的な結合に過ぎず、体制に回収される道筋をつけられたものとしてスッパリ切り捨ててみたものの、やはり居心地が悪いのである。というのもそうした政治的なアートと呼ばれるもののなかに、ピンと来る作品やアクションが少なくないからだ。個人的にはグラフィティ(落書き)にはけっこうシビれるものがあって、ずいぶん昔のことだがニューヨークの鉄道車両のボディになされたペイントには驚いたし、日本でいえば新宿地下道のダンボール絵画なんか傑作だと思う。
 だがそれはアートだと紹介されているし、製作者自身も自らをアーティストと規定していたりで、それをどう考えたらいいものかと喉元にささった棘のようにずっと気になっていた。

 だが、シュカイティスの論考のおかげでやっとそのへんに整理がついたような気がした。つまりいわゆる政治的なアートと呼ばれるものを「芸術(アート)」ではなくて、すべて「芸術(アート)」の「転用」としてとらえ直してみるのである。いや、体制によって体制を自己肯定する表象へと転用されてしまった「芸術(アート)」を、再=転用・再=領有するものとして、と言ったほうが正確だろうか。
 そうすればもう、最先端の社会運動に見られるアートとアクティヴィズムの融合を、それが「芸術(アート)」であるという理由で断罪する必要もない。問題なのはそれがいかに既存の公共空間に鋭く楔を入れ、自律的な公共性を切り開く強度を持っているかであって、それがアートと名指されようが、サブカルチャーとかオタク文化と蔑まれようが全く構わないのだ。
 また、それが「転用」である以上、作品の永続的な美的価値(もちろん商品としての価値)は問題にならない。それはあくまでも状況の構築(情動の空間の構成)に奉仕しする限りで意味がある。芸術の言語を転用している以上、外観はいかにも「芸術(アート)」であるが、「転用」の実践は、「芸術」の脱構築と表裏一体であり、「芸術(アート)」と名指すことはできないものである。

 まあ、政治的なアートが「転用」であることなんかみなさんとっくにご存知で、今さらそんなことにはこだわってないだけなんじゃないか、って気がしないでもないが、やはり私は政治的なアート(=転用)と呼ばれるものを、はっきり旧来の芸術と区別しておく必要があると思う。というのも小沢健二も言っていたように「芸術(アート)」は罠だからだ。
 問題なのは、そうした「転用」の実践を、体制的で無害な「芸術」へと解釈することを促す磁場のようなものに、私たちはいまだに捕らえられ続けていることだろう。「転用」の実践は評論家などによって「芸術(アート)」へとカテゴライズされてしまう。グラフィティはグラフィティ・アートであり、パフォーマンスはパフォーマンス・アートとして解釈される。さらに「転用」の実践者自身が、自らをアーティスト=表現活動の専門家と規定し、情動の空間を構成する瞬間的なアクションから、作品の永続的な価値に重きをおく旧来の芸術のカテゴリー(表現の専門家/観客というスペクタクル的関係)の中に撤退していってしまう。多くの評論家や左翼論者がしている「芸術(アート)」という言葉の無神経な使用は、そうした回収の磁場を延命させることにつながり、そうするとき評論家自身「転用」の実践をよそよそしいスペクタクルとして眺めはじめているはずである。
 シュカイティスは「政治的な芸術とは、内容が政治的であるだけではなく、方法が政治的であり、その方法において、もろもろの思想やイメージ、諸関係などの慣習的な流通に即して、あるいはその流通に抗して機能するように設定されている。換言すれば、ストリートアートの形態が価値の転倒をはらむのは、たんにそれが路上で生じるからではなく(すでにストリートはウイルス的なあらゆるマーケティングの対象となり、スペクタクルによる回収は日常的なものである)、芸術制度と日用品製造の重層的にコード化された操作に抗う諸関係を開示するからである。」と書いているが、思想やイメージ、諸関係などの慣習的な流通に抗した「転用」のプロセスが「芸術(アート)」と名指される瞬間から、回収の磁場の影響下に入るのではないだろうか。
 むしろはっきりに政治的アート=アートとアクティヴィズムのあいだにおける異種交配は「芸術(アート)」とはまったく異なるものであることを強調すべきだ。この点についてシチュアシオニストは一貫して注意を払い続け、類似の運動との差異を際立たせつつ、運動の理論の純化に努めていた。VOL3号においてシチュアシオニストの活動は、アートとアクティヴィズムとのあいだの領域での抵抗の実践の1つの源流に位置づけられているが、むしろVOL3号を読む限り、今日このようなシチュアシオニストの問題意識は素通りされ、忘却されつつある事実を思い知らされる。宣伝する義理など私にはないのだが、アートの罠、回収への磁場から逃れるための羅針盤として、今こそシチュアシオニストの活動と理論を過去の1エピソードとしてではなく、重要な焦点として参照すべきなのではないかと思うのだ。


Category: 日記・その他   Tags: マンガ  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

祭りの戦士Z



グローバル化した資本主義権力への激しい怒りが、南国の哲学者フリードリッヒ・ニーチャを覚醒させた。伝説のスーパー祭りの戦士、フリードリッヒ・ニーチャ Ver.2.0 がついに登場! 頼むぞニーチャ! 血に飢えた冷酷非情な<帝国>に抗する熱い祭りの歌を世界たぎらせてくれ!

Coming soon!

Category: 亡霊退治   Tags: 思想  芸術  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

これはパフォーマンスではない その2

 シチュアシオニストにはいわゆる「除名」問題というのがあって、これがどことなく社会主義政権内部の粛清を思い起こさせるため嫌悪され、ドゥボールが組織内で強い権力を持っているとか、その教条主義的な横暴さが噂に上ったりもしている。たとえば上野俊哉氏も「ドゥボールの教条的な身ぶりにうんざり」だとか「ドゥボール流の古典的な「政治と美学」の二項対立」といった苦言を呈し、除名組のメンバーやシチュアシオニストに干された周辺の運動の方にむしろ共感を示している(『シチュアシオニストを斜めから見ること』)。私は別にドゥボール主義者というわけではない。ただ、こういった上野氏のようなある種の寛容さは、一見知的誠実さのようにも見えて、実はシチュアシオニストの活動のラジカルさや「スペクタクル」という概念への理解の浅さ、に由来するのではないかと疑っている。

 私はホントに音楽的なセンスや情報がなくて、一部左翼の間で流布されている、パンクムーブメントが少なからずシチュアシオニストの影響を受けたとされることに関しても詳細について何も知らない。きっと左翼の人たちを惹きつけるほど激しく掟破りの音楽ムーブメントなんだろうと想像するだけなのだが、そのいわゆる影響関係の中身については、はっきり言って「怪しい」と思っている。パンクが他の流派とどう違うのか知らないけど、結局「音楽」じゃん、「アート」じゃん、「シチュアシオニストの影響を受けたアート」という言い方自体語義矛盾じゃん、と単純に思うわけだ。
 何度も書いているように、シチュアシオニストの活動は「アート」の解体(脱構築)であって、「アート」ではない。ある種の政治的主張が文化的表現(アート)を纏っている場合、「アート」や「政治」の従来のカテゴリーは維持されたまま結びついている──すなわちポジティヴな関係が成り立ってる。一方、シチュアシオニストと「アート」の関係はあくまでもネガティヴである。パンクがいかに衝撃的な表現をとったとしてもそれが「アート」である以上、シチュアシオニストの活動とは根本的に異質であり、そこにあった影響関係は誤解に基づいている、と言わざるをえないのではないか。
 また、シチュアシオニストの除名組の中でもメジャーな人物、コンスタント(今でも彼の「ニュー・バビロン」プロジェクトは建築プロパーでは注目されている)のその後について上野氏は報告している。その中でSIを除名されたことについてインタヴューし、「除名はドゥボールによる一方的な決定であったこと、自分は決して社会変革を軽視し芸術至上主義に走ったつもりはない」という答えをもらったことが書かれている。だが、この率直な返答には図らずも、「社会変革」と「芸術」がコンスタントのなかで外的かつポジティヴに結合していたことが見え隠れしていないだろうか。私は上野氏とは逆に、コンスタントがシチュアシオニストの活動をどこまで「芸術」の解体(脱構築)であると理解していたか、むしろ疑いを強くしてしまった。
 さらにアートとアクティヴィズムのあいだに展開する今日的な運動形態のルーツとして「プロヴォ」や「ビートニクス」、さらに「ヒッピー・ムーブメント」などがよく取り上げられることが多い。確かに、面白い面もあるなと思いつつ、やはりカルチャー(アート)とポリティクスは外的に結合していて、「アート」のカテゴリーは壊されていないという意味では、シチュアシオニストによる「アート」の脱構築というネガティヴな実践とは全く別モノである。

 私が言いたいのは、こうした「カルチュラル・アクティヴィズム」流の運動は、政治的主張と文化的表現(アート)の結合が外的でポジティヴな関係だからダメで意味が無い、というようなではない。シチュアシオニストの活動が、一見同じように見えるが、「カルチュラル・アクティヴィズム」とは水準を異にする、より根源的な批判の射程を持った運動であり、上野俊哉氏が行っているような、ドゥボールが教条的であるとか、ドゥボールには古典的な「政治と美学」の二項対立が顕著であるとかいう批判は、むしろ2つの異質な運動スタイルを混同しているから生まれてきているのではないか、ということだ。
 シチュアシオニストの用いるスペクタクルという概念は、戦前の前衛芸術の潮流が、とりわけ社会に介入する革命的な政治スタイルを発明したはずのシュルレアリスムが体制に絡め取られていく事態を批判的に総括することによって抽出されたものであり、「芸術(アート)」のカテゴリーそのものを叛乱の回収装置として捉えなおしているところがミソである。それゆえ高度消費社会化した資本主義=スペクタクル社会批判の戦術には「芸術(アート)」から極力距離を取る=「アート」の脱構築のロジックが不可避の契機として含まれることになったわけである。
 それだけにスペクタクル社会を批判するシチュアシオニストにとっては、商業主義的な芸術のみならず「カルチュラル・アクティヴィズム」流の社会運動と結びついた芸術表現もいささかナイーブ過ぎるものに映らざるをえない。というか、そうした表現を認めること自体、自らの主張を裏切り、運動を退嬰化させることにつながってしまう。したがってこうした「カルチュラル・アクティヴィズム」流の社会運動は、シチュアシオニストにとってもはや生理的に受け入れがたく、連帯のようなこともありえなかったであろう。
 おそらく初期のシチュアシオニストにはこうした理論に関してまだ曖昧なところがあったが、集団内の不純な要素をパージする過程が、同時に自らの主張や理論を純化してゆく過程でもあり、前衛であり続けようとする集団にとって「除名」は必須の作業だったに違いない。
 シチュアシオニストが他の諸運動と異質なスタイルを持つことを理解すれば、非常に評判の悪いシチュアシオニストの「除名」問題の真実が、運動が生み出す必然によるものであって、ドゥボールの教条主義的な偏狭さなどという説明に求める必要もなくなるわけである。また当然「除名」や厳しい批判行為はそれを受けたものを抹殺しようとするものではない。除名されたメンバーや批判された外部の運動もあくまでも資本主義の軛から人間の解放を目指す同志である。そうした同志たちのさらなる覚醒を促し、より問題を先鋭にあぶり出すため、シチュアシオニストは一見教条主義的にすら見える厳しさを自他に課していた、と理解すべきだと思う。

 シチュアシオニストの活動のラディカルさ、ユニークさは、現在どこまでちゃんと理解されているんだろう? 左翼系の論者においても前述の上野氏や高祖岩三郎氏(シチュアシオニストが「パフォーマンス的状況操作」や「スペクタクル的戦術」を意識的に実践していたというトンチンカンなことを書いている『アートとアクティヴィズムのあいだ』)のようにシチュアシオニストを「カルチュラル・アクティヴィズム」の潮流と混同し、平板化してその中に含めてしまうような理解が主流なのではないだろうか? 「カルチュラル・アクティヴィズム」の流れを引くパブリック・アートが権力に組み込まれる危険性を持つという問題意識から、小倉利丸氏は「アート」の死滅という方向へ議論を転回させていたが(『都市空間に介入する文化のアクティビスト』)、それとて昨日今日に発見されたことではなく、第二次大戦後、早々とシチュアシオニストによって指摘され、乗り越えを図ろうとしてきたことだったはずだ。それが全く視界に入っていないということは、一体これら左翼の人たちがどれだけラディカルであったのか、また何度も口にしているだろう「スペクタクル」という概念の射程をどれだけ掴みとっていたのか、どうも「怪しい」のである。
 とはいうものの、じゃあ、「カルチュラル・アクティヴィズム」と「アート」の脱構築はどこがどう違うの? 『これはパフォーマンスではない』というプラカードを掲げてデモをしていたホームレスのアクションだって、結局1つのパフォーマンスではないの? ドゥボールは映画を作ったし、シチュアシオニストにはり立派なな機関紙があるけど、あれは「作品」ではないの? だったらシチュアシオニストの活動がパフォーマンスと理解されるのは当然なんじゃないの? ──というごもっともな疑問もあると思う。次にここのところを考えたい。
(つづく)

Category: 日記・その他   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

サワディー ピーマイ! そして、電子書籍時代の到来

ということで、ちょっと作ってみました。まだ校正も済んでおらず不完全ですが、きちんと読めるものになるまで引き続きやってきます。シチュアシオニストが望んだようにどんどんダウンロードして活用しましょう。

では、今年もよろしくお願いします。
01 2011 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS