泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: ニュース・時事など   Tags: 思想  原発  

Response: Comment: 11  Trackback: 0  

アトミックスペクタクル怪獣 「デンコ」

 2万人以上もの多くの人々の命と生活を奪った地震や津波の暴挙は許しがたい。が、その自然の荒ぶる力は、巧妙に作りこまれていた原子力スペクタクル怪獣の硬い皮膚をも引き裂いてしまった。資本制利権の化身、スペクタクル怪獣デンコは、「しまった」と舌打ちしながら脇腹のパックリと開いた傷に苦しみのたうちまわった。私たちはその傷口から腐りきった怪獣デンコの内臓を拝むことになった。政治、官僚、産業、学界、メディアなどの諸機関で成り立つデンコの臓器は組んず解れつしながら耐え難い腐臭を発していた。「これほどだったとは……」頭ではわかっていたつもりだったが、裂け目からはみ出た薄汚い臓器を見せつけられた私たちは目を疑いなが呻いた。私たちの国は問題も多いがそれなりにクールな国のはずだと信じてきたが、実はこんな不潔な化け物が私たち庶民の生き血を吸ってのさばっているような国だったのだ。それどころがこの怪獣デンコこそがこの国の主人であり、われら国民はこの怪獣に糧を与える家畜にすぎないという真実は、奴の毒を浴びた子供たちに無関心を決め込んでいる行政を見ればすぐわかる。だがデンコとて生き延びることに必死だ。想定外の攻撃に体勢を崩したものの、ぎりぎりのところに踏みとどまり、何もなかったかのような顔で自らのしくじりを取り繕い始めた。傷口を小さく見せようとする努力には当初から余念がなかったが、ここにきて加速してきた電力不足キャンペーンや政局の混乱は、デンコのなりふりかまわぬ自己修復へ意志の現れである。しかしながら、私たちはデンコの正体を「見てしまった」のであり、そうである以上おめおめ傷口が閉じてゆくのをボーッと眺めている、なんてことは許されない。私たちは武器をとらねばならない。武器をとって怪獣デンコのスペクタクルの皮膚に新たな生々しい裂け目を刻み込まなければならない。内臓を引きずりながら敗走するデンコに止めをさせるのは私たち一人一人が持つ怒りの剣だけなのだ。
07 2011 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


エントリー
2011年07月01日の記事

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 2
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS