泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  原発  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

社会的正義のためにあえて既存経済の破綻の道を選ぶという過酷な選択だけが、生存のための経済へと転換する唯一の手がかりである

社会的正義のためにあえて既存経済の破綻の道を選ぶという過酷な選択だけが、生存のための経済へと転換する唯一の手がかりである。このことがもたらす経済的な損失は、人々の生存の損失を意味するとは限らないのである。経済を資本の利益に焦点をあわせたり、国家利益に従属させるのではない「経済」というものがありうるのだ。また、いかに「日本経済」なるものが破綻しても、コミュニティの力が人々の生存を維持させつづけることはありうるのである。こうした新たな経済の再設計にチャレンジする強い創造力を持つことが、私たちに問われている。事実、「国民経済」が破綻しても民衆レベルの自立的自治的な経済がむしろ生存の経済として機能する例は決してすくなくない。(破綻したアルゼンチン経済、パレスチナの難民キャンプの経済、第三世界のスラムの経済、先進国の都市下層の経済は、国家と資本から自立していればいるほど自己統治の潜勢力を保持できたといえる)


社会正義のために経済の「破綻」を恐れてはならない──原発事故から学ぶべきこと── 小倉利丸』より。

再生エネルギー法案が通るの通らないのとヤキモキしなければならない、分散型・共同体自治(飯田・宮田)の話ではなく、「国民経済」破綻後の民衆レベルの自立的自治的な経済(小倉)の話ほうが自分の関心事だ。緑の谷に風車が回っていたり、屋根の上のソーラーパネルが陽に輝いている、みたいな絵はどうも私には描けない。
08 2011 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS