泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 旅行・タイなど   Tags: タイ  音楽  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

น้ำใจไทย

こちらからお借りして紹介。またまたカラバオさんの今度は洪水ソング!


なんでもこういう社会派フォーク・ロック路線のアーティストを「เพื่อชีวิต(プアチーウィット)」と呼ぶらしいのです。したがって、この間紹介した「ชึวิตสำพันธ์ รวมศิลปินเพื่อชีวิต   『つながる命』 by 生命のために結集したアーティストたち」は、正しくは、 『つながる命』 by プアチーウィットのアーティストたち と訳さなければなりません。勉強になりました。ペコリ

Category: 旅行・タイなど   Tags: タイ  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ラートプラオが冠水したという情報があったので行ってみたが、、、

おそらくこのあたりの運河周辺のことと思われますが、水は出ていませんでした。アパートから歩いて20分ぐらいのとこです。



確かに水位は上がっていて、運河沿いに住む貧しい人々の家屋に迫っています。

洪水地図を見ていると北から水が徐々に迫っています。カセサート大学は水没寸前、ジャトゥジャク公園もピンチ! ラートプラオ通りまであと5キロくらいでしょうか?

洪水地図1

洪水地図2


Category: 旅行・タイなど   Tags: タイ  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

日本大使館に在留届を出しとくと、こんなメールがよく送られてきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

タイ在留邦人の皆様へ
                    【大使館からのお知らせ】
                                                緊急一斉メール

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

バンコク都における降雨・洪水被害に関するインラック首相の声明(2011年10月25日現在)


25日、20時半より、インラック首相は、バンコク都における洪水被害に関して、テレビで声明を発表しました。(以下は、当館館員がインラック首相の声明を聞き取ったものの骨子です。声明の正確な内容につきましては、タイ政府から正式な声明文が公表され次第、改めて確認いたします。)

1.タイの北部から中央部を通って大きな水の固まりが流れてきている。水の流れのエネルギーは受け止められる能力より大きいため、水はバンコクの内部と外部に侵入する可能性あり。

2.洪水による水位は、水をどれだけコントロールできるかによって違ってくる。また、土地の高低により一定ではない。

3.(バンコク)西部では北から流れてきた水は、ノンタブリー、バンプラットに影響を与えている。バンコク都は堤防を強化しているが、水は受け止められる能力を超えており、トンブリ及び周辺地域で平均して50センチの洪水となっている。

4.(バンコク)北部では、流れ込む水は運河の戸を閉めホックワー運河から排出し、バンコクの中心を流れないよう対処しており、うまくいけば洪水による水位は50センチメートルを越えない。

5.(バンコク)東部では、ラピーパット運河やクロンセープ運河を使って海に流すが、当初の計画通り進んでも、この地域は他地域より低いことから、洪水の水位は1~1.5メートルが見込まれる。

6.最悪のケースとして、堤防が崩れる、又は、水位が予想を超えるような場合、バンコクは場所によって高低が異なることから、洪水の水位は10センチメートル~1.5メートルとなると見込まれる。政府は影響が最小限となるように努力するが、本日より国民も万一に備えて財産を高い場所に移して欲しい。

7.水位が上昇する27~31日を臨時の休日とした。他方、洪水対策従事者は引き続き協力して欲しい。政府は食料品や生活必需品の確保、水や電気の質の確保に最大限取り組む。

8.国民はパニックになってはならないが、同時に万一に備えて欲しい。この危機を乗り越えられると確信している。


タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
○経済部(日本企業支援センター、夜間は上記連絡先に願います)
電話:(66-2)207-8595
FAX :(66-2)207-8517
○日本大使館ホーム・ページ
タイ洪水被害関連情報」
http://www.th.emb-japan.go.jp/

Category: 旅行・タイなど   Tags: タイ  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ジョラケー

というわけで捕獲されたワニの写真。

Category: 日記・その他   Tags: 芸術  思想  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

(以下、小出裕章節で)私は、23歳の時以来、芸術=芸術作品の制作というものに背を向けて生きてきた芸術家です。

、、、もちろん職業として絵は描いてきた、、、わけですが、自分自身に納得のゆく形で、何かを創作したいという気持ちになることは、ありませんでした。しかし、あれから四半世紀という時を経て、今、私はどういうわけか「作品」(しかも商品として)というものを創りたいと思うようになり、、、ました。ただし、それは「芸術」に関係するものではありますが、多分「芸術」の範疇に入るものではないだろうと思いますし、もちろん私自身はそれが「芸術」であるべきだ、などとは思っていません。これまで何度も申し上げてきたことですが、いわゆる「芸術」というものは、もうすでに終わってしまっているのです。死んでしまった「芸術」にマネーの増殖という不潔な血液を送り込んでおこなわれている亡霊の舞踏会、、、それがいま、「芸術」と言われているものの正体なのですね。しかしながら、「芸術」の死は=「文化」の死を意味するわけではありません。私はこれまでみなさんにそのことをずっと伝え続けてきた、、、つもり、、なのですが、おそらくそのことを意識している人はほとんどいないだろうと思います。そこで私は漫画という形でそのことを伝えてみたらどうだろう、ということに、先日思い至りました。これを実現するためにはさすがに仕込みが必要なので、すぐにというわけにはゆきませんが、『フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究所』というタイトルと、出だしのセリフだけは決まっています。多分、こんなふうに始まることになるのではないかと思います、、、

「みなさん、私の研究室にようこそ、、、本日の研究テーマは、ポール・セザンヌです。」
10 2011 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS