泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 前衛芸術研究室   Tags: マンガ  芸術  前衛芸術研究室  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

フリードリッヒ・ニーチャの前衛芸術研究室 1









Category: 旅行・タイなど   Tags: タイ  音楽  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ฝากเลี้ยง เจ เจตริน  心を預けたい ジェットリン

 ジェットリンによる90年代の大ヒット曲。誰か訳してくれてるかと思ったら、探しても見当たらないので、またオイラの怪しい訳でご紹介。ジェットリンさんの悩みのなさそうな明るい笑顔と踊ってる警察のおじさんの微妙な笑顔がタイらしいなあ、と思う。チラチラと日本語の看板が見えるのだがロケ地はひょっとしてタニヤかな?



อะอ๊ะอะอ่าว อะอาว อะอะอะอาว อะอาว アアアア、、、、
ใจเรานั้นชักจะยังไง   僕らの心をどう手繰ったらいいのか
มันลอยลอยไปอยู่กับเธอ  君の近くをフワフワと漂っている

ท่าทางจะเอาไม่อยู่ น่ากลัวจะดูไม่จืด じっとしていられないほど、半端じゃなく恐ろしいことに
หัวใจเจ้ากรรมถูกเธอ ยึดไปเมื่อวานนี้  不幸な僕の心臓はきのう君に乗っ取られてしまった
หัวใจที่ซนเหมือนเด็ก ไม่ทันได้ใบขับขี่  運転免許を取ることをまだ許されない悪ガキみたいな心臓は
ควบคุมอย่างดีก็ยังหนี ก็ยังหลุดหายไป  ちゃんと留めておいたはずなのに、逃げてどこかへ行ってしまった     

ให้ใจกลับมาเหมือนเก่า ก็ยังกลัวกลัวกล้ากล้า  心には帰ってきて欲しいが、すっかり戦闘モード
ให้มันกลับมา ก็ไม่รู้ มันจะมามั้ย  引き戻したって、帰るかどうかわかりゃしない
ถ้าเธอไม่ยอมให้กลับ หรือมันกลับมาไม่ได้  君が帰らせないとなれば、心はもう身動きも取れやしない
ก็คงต้องยอม อยู่ตรงไหน ให้มันอยู่แล้วกัน  だからどこか居場所に落ち着かせなければ、、、

ฝากให้เธอเลี้ยงดู ให้อยู่กับเธอละกัน  君に預かってもらおう、君と一緒にいるしかないよ
อยู่กับฉัน มันก็คงไม่ได้การ  僕とくっついてても多分もうダメ
ถ้าอย่างงั้น คงต้องวาน ให้เธอเลี้ยง  だとしたら君に面倒を見てもらうしかないだろう

ไปเลยไป ไปเลยไป ไปเลยไป เธอจะคอยดูแล  行っちゃえよ、行っちゃいよ、君だって託されたいんだろ
ไปเลยไป ใจงอแง มาตามเธอแจ เราก็เลยตามใจ  行っちゃえよ、聞き分けのない心よ、任せるから近くに来て頼んだらいいよ

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

メモ 最後の革命? 解題にかえて 松本潤一郎

面白そうなのでこちらからさらに抜粋。

 社会学者と人類学者の相違を,文化人類学者の小田亮は,たとえばホームレスを「調査」するというような場合,人類学者は実際に「住み込み」を行うのに対し,「絶対とは言いませんけれど」と慎重に留保を表明した上で,社会学者は「支援者として「通い」のインタビューに行くという違いが出てくる」というように,説明している。

 訳者は,ここで比喩を通して説明を与えられている「人類学anthropologie」を,小田氏の議論の文脈から切りはなし――したがって以下の議論は訳者の責において為されるものであり,小田氏とは無関係である――,上記のような発言を行う人間が自称する意味における「社会学」をも含めた,広義の「人間(の)学science humaine」に対立する思考として,とらえてみたい。すなわち,産学協同その他の名において人間を,剰余価値を産出する対象または客体と見做してさまざまなかたちで簒奪・消費する,たとえば「安全な場所」から「弱者」に「同情」しているふりをしながらそれらをじぶんの「業績」や「出世」へとカウントしているのは,まさしくこのような「社会学者」をも含めた「人間(の)学」,ときに「人文科学」とも呼ばれる権力ではないだろうか。

 これに対し,小田氏の議論に触発された訳者が少なくともここで提示してみたい「人類学」は,人間を対象=客体に定めて「じぶん」の保身と出世に利用するのではなく,逆に集合的に主体化する実験において,「人類」の新たな経験を創出する,そうした実験を指すだろう。そのかぎりで,小田氏の思惑を裏切ってしまうにせよ,訳者は,バディウ固有の意味での〈マオイスト〉を,この意味での「人類学者」の一形象でありうると,言っておきたい。人間(の)学ではなく,この意味での人類学を! 認識を具体的実践において検証し,翻っては実践から認識を根本的に問いなおし,ふたたび情況を変革するための認識へと鍛えあげつづける螺旋状の活動こそ,人類学の名にふさわしいと,訳者は考えるからである。



私は高卒でフリーターみたいなことしていたのだが、実はある時期「学」の世界を目指そうと大学進学も考えたことがあった。が、経済的な事情もあったが結局「学」の方向へは進まなかった。今思うとここで言われているような「人文科学とも呼ばれる権力」から距離を取り、違う道を歩きたいとぼんやり思っていたのではないかと思う。
12 2011 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS