泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 日記・その他   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

「アヴァンギャルドの失敗」をめぐる言説の意味するもの 外山紀久子

色々考えさせてくれる興味深い論考だが、

 「忘れてならないのは、すでにダダ以来いかなるときも文学あるいは絵画の創造活動がそれ独自の価値をもたず、それ自体を目的とはしていなかったということである。むしろそれは一時的な手段であり、認識の一様式であり、ひとつの指示標識であり、認識に対するそして生の解明に対する闘いのなかでの人間の表現のひとつであったのだ。問題にしなければならないのはこの生というものである。詩と芸術とはそれを高揚させるための固有の原動力的価値としてしかありえなかったのである」。トリスタン・ツァラが1947年にソルボンヌでおこなった講演の言葉には、自己目的的自律的芸術の廃棄、イデオロギーにおける革命の伝統と詩における革命の伝統との融和、芸術と生との間に設けられた切断の解消といったアヴァンギャルドの基本理念が如実に記されている。
 ビュルガーはこのようなアヴァンギャルドの立場を、19世紀末の〈審美主義〉〈芸術のための芸術〉においてその頂点に達した、ブルジョワ社会に固有の「芸術制度」=芸術の生産・流通・受容のあり方を規定する社会的枠組みそのものの批判として解釈する。アヴァンギャルドは、モダ二ズムの芸術が自律的芸術として自己を定位する──政治を含む生の実践的連関から逃れて美的なものの〈純粋な〉展開を企図する──のを可能にしている社会的条件それ自体を攻撃し、「自律性と「社会的」無帰結性の関係を暴いてみせる」というのである。「歴史的アヴァンギャルドの運動は、自律的芸術にとっての本質的な規定条件を否定する。芸術と生活実践の離反、個人による生産、そしてこの生産から分け隔てられた形での個人による受容を否定するのである。芸術を生の実践に組み入れなければならないという意味において、アヴァンギャルドは自律的芸術の撤廃を企てる」
 しかしながら、このような歴史的アヴァンギャルドの試みは失敗に終わったというのが、ビュルガーのみならず、マテイ・カリネスク、アンドレアス・ユイッセン、トマス・クローらのアヴァンギャルド論に共通の認識となっている。自律的芸術は払底されず、生と芸術の切断は解消されなかった。両者の革新・再組織化の企ては挫折した──というのも、生の側にもまた芸術の側にも、おのおのの境界を維持したままでアヴァンギャルドの企てを制度内に回収する機構が具わっていたのである。



「アヴァンギャルドの失敗」という論点がでてくるのは、そもそもモダニズムという枯れ尾花をマジに受け取ってしまったことに原因がある。熊倉敬聡氏がいみじくも述べているようにそれはあくまで言説であり、しかも巧妙な体制維持の物語なのだ。ビュルガーの言ってることはピンとくるが、どうも彼の述べている「歴史的アヴァンギャルド」の運動も、幽霊のように実体のないモダニズムへの反抗として立てられてしまったため、結局「芸術」のカテゴリー内部の「物語」に絡め取られてしまった。通俗的な理解にあるように、アヴァンギャルドを「芸術と政治の統合」と解してはいけない。トリスタン・ツァラが言ったような「自己目的的自律的芸術の廃棄、イデオロギーにおける革命の伝統と詩における革命の伝統との融和、芸術と生との間に設けられた切断の解消」を目指す運動などではなくて、「芸術」カテゴリー外の運動、資本主義下の疎外の克服=資本主義の外部を形作る実践を「芸術」の制度を転用(流用)しつつ行ったのがアヴァンギャルドなのでであり、これは最近のアナキストがよく言っている予示的政治=革命後の世界を先取りする実践と言い換えてもいい。ここんとこを外山紀久子さんもはずしてしまっている。いや、トリスタン・ツァラのような典型的なアヴァンギャルドでさえ、自分の活動を「芸術」のカテゴリーの中で理解していることが問題なのである。
01 2015 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 2
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS