泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: Thought  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

しがないおっさんの戯れ言

 bookloverさんのブログもなくなっちゃったし、もう読んでくれないのかもしれないけど、中途半端になっちゃったところを最後に少しだけ述べることを許して欲しい。結局このおっさんは愚直に自分の考えを述べていくしかできないみたいで、同じ書き方になっちゃうけど、よければひとつの考え方としてさらりと聞いてもらえたら、と思います。

 例の「資本主義システムの否定」ってとこだけど、私の説明がなかったこともあって、革命とか、社会の変革みたいなことを私が考えてると理解をされちゃったようで、それに対してbookloverさんは、楽観的だとか、改良主義だみたいなことを言ってました。それはまあbookloverさんの言う通りだと思います。……ただ、私自身は「資本主義システムの否定」が革命や社会の変革を意味するとはひとことも言ってなかったと思うのです。まあ、普通「資本主義システムの否定」というと社会革命ってことになっちゃうからそう理解されちゃうのは無理もないことですが。そのことを説明しようとずっと思ってたのですが、その前にグチャグチャになってしまったので………。私は革命とか社会の変革みたいなことが目的だなんて実はほとんど考えたことがありません。ひとつの夢か、結果的なものとしてならあるのかもしれないけど。
 むしろ私が「資本主義システムの否定」と言うとき考えてたのは、ちょっと言ったことだけど、「非生産的な価値の復権」ということです。というのも bookloverさんも言ってたことだけど、資本主義社会というのは生産の社会でかつての非生産的な価値は徹底的に貶められてしまっているわけで、そのためにとにかく生産のリズムに対してイレギュラーな非生産的な要素を対抗的に社会にぶち込みたい、と思うからです。たとえばアバンギャルド芸術もそういう役割を担っていたと思うし、「労働の拒否」っていうのは痛快と言っていいほどおもしろい非生産的な価値の復権の戦略だと思うのです。それに対して bookloverさんは「このように私と非生産的な、刺激的やり取りをするなど……」と答えてくれたので、まさにこのようにブログ上で発言をする事自体も「資本主義システムの否定」なのであり、それはまた刺激的な快楽でもある、ということはわかってくれていると思うんです。
 ただ、なぜ他の言い方をせずに「資本主義システムの否定」なんて誤解を招く言い方を選んだのかと言うと、bookloverさんが「働かない」ことを目的だと言い、「啓蒙はお勧めしない」と言うとき、前にも言った理由でそれは「資本主義システムの肯定」なんじゃないかと疑惑をもって、それに対して私が考えてる目的が違うどころかまったく正反対のものであることを浮き彫りにさせることができると考えたからなんです。(と、あとから考えています。)

 私はbookloverさんの生活も知らないし、今となってはこんな分析を続けることに意味があるのかもわからないのですが、結局のところ私の心にひっかかっていたのは「バカを啓蒙することはない」というbookloverさんの言葉だったんだと思います。つまり私の中にはあり得ないこの言葉は一体どこから出てきたんだろう、という疑問です。
 それはこないだも分析したのですがbookloverさんの中に資本主義の否定と肯定が混在しているところに原因があるんじゃなかろうか、と私は想像したのです。で、図式的に考えて、私にとっての快楽ってのは「非生産的なもの」=「資本主義の否定」だったので、bookloverさんの「働かないことを目的にした生き方」=「資本主義の肯定」と考えれば、はたしてbookloverさんの「働かない」生き方ってのは本当に快楽なんだろうか? もしかして労働になりかけてない?…… というスジで議論を運べるんじゃないかと目論んでいたわけです。もちろんすべて私の想像に過ぎないわけですけどね。
 はやしさんのところにbookloverさんが書き込んだコメントを読むと、けっこうメンタル面に問題を抱えてるみたいなんで、こんな労働論みたいなことにどれだけ意味があるんだろうとも思うのですが、もうひとつだけここのところを指摘しておきます。

 「バカを啓蒙することはない」と、またそのような啓蒙は(少しでも良くなれば、なんて考えは)改良主義だ、ともbookloverさんは言っていました。でも考えてみれば私やbookloverさんだって、かつては「バカ」で「知的怠惰」だったわけですよね。(いや、今だってそうかもしれないし)やはり何かきっかけがあって、システムを疑い、価値を反転させることを学んだんじゃないかと思うんですよ。本を読むことによってなのか、友達や先生のアドバイスがあったのかは知らないけど、やはり誰かに蒙を開かれたんじゃないかと思うのです。もちろん私自身もそうでした。それは驚異的な発見だったし興奮もしました。喜びだったと言ってもいい。マルクスでもフーコーでもなんでもいいと思いますが、彼らの言葉、書物などはそのような啓蒙に開かれていると思うのです。仮にそのような書物から私たちがシステムを疑うことを学んだとしたら、そしてその発見に驚き、喜ぶことができたとして、………それは改良主義だってことになるんでしょうか。
 それは改良でも改宗でもなく、コミュニケーションなんだと思うのです。フーコーが啓蒙を目的に本を書いたとはいいませんが、コミュニケートしようという意志が、あの分厚い本には当然ながら込められていると思うのですよ。きっと、フーコー自身が見ていた世界を他者と共有したいという願いは当然あったと思うんです。
 であるのに「バカを啓蒙することはない」というようなコミュニケーションの拒絶ともとれる発言をし、システムを疑わない人を「バカ」や「知的怠惰」呼ばわりしてしまうことに、どうも私には納得できないものがあったのです。確かに人を変えたい、社会を変えたいということは目的にならないのかもしれない。しかし人や社会が変わりうる、と考え、夢見ることは、けっして間違いではないと思うし、コミュニケーションへの欲求は間違いなく存在し、それは自分を認めさせたいってことでもあるわけだから、説明し理解させようとする過程において、どこか啓蒙的な部分は出てくると思うんですよ。実際にはbookloverさんはそれをやってたと思うんですよね、ブログにテクストのっけるって形で………そしてそれは刺激的な快楽でもあったんだと。
 bookloverさんが「バカを啓蒙することはない」って言うとき私が感じるのは、他者とのコミュニケーションを拒絶することだったり、まるで自分の獲得した認識を独り占めにすることのような感じがするし、自分の周りにバリケードを築いて「守り」に入っていることのような気がするのです。
 コミュニケーションっていうのは非生産的な燃焼であり、そういう意味ではまさに「資本主義社会システムの否定」だと思うし、それは痛みを伴った快楽(どこかの国の首相の言葉みたいで何ですが。)なんだと思うのです。だから、私はコメントにいただいた言葉とまったく反対の言葉をbookloverさんに贈りたいのです。………資本主義のシステムの裏側を冷徹に見抜き、批判しているbookloverさんであれば、「自分の首を絞める」なんてそれこそ「守り」に入ったおっさんたちが言うようなことなんか言わずに、もっと惜しげもなく自分の持ってる知恵を吐き出していいんじゃないかって……。
 惚れた女にすべての財産をつぎ込んで自滅する男みたいに、惜しげもなく吐き出して、何もなくなったら惨めな気持で働けばいいんじゃないかなあ。そのときの労働はけっして「卑しい」ものじゃないような気がする。それに対してbookloverさんの「働かない」ことを目的にした生き方ってのは、好きでもない女のヒモになって生きる男みたいな感じがするんですよ。(私、ヒモには憧れてるんですけどね。)お気楽に働かず生きてるみたいだけど、女の心のケアなんかするのはけっこうな労働だったりで、その生活は「快楽」なのかなあ、って思うんですよ。ま、これだってあくまで想像で物言ってるだけだし、どこまで bookloverさんの議論とかみ合ってるのかわからないんですけどね。

Comments

07 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS