泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ニュース・時事など   Tags: Thought  

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

奇蹟

 ひとりぼっちで引きこもって仕事をしていると、マスコミの報道が僕の現実を支配してしまう。あちこちで痛ましい事件がおきて心も沈みがちである。
 車の中から助け出された男の子。ほとんどウチの息子と同じ歳なので、オムツからのびたピチピチした足を見たときにはグッときてしまった。ひとりぼっちでよくがんばったなあ。お母さんはつらい結果になってしまったようだが、男の子が助かったのはまさに奇蹟だ。
 一方イラクなのだが………。なんでまた彼はイラクにのこのこ入って行ったんだろう。「すみませんでした」なんて言うなら危ないとこ行くなよ、と言いたいところだが彼が首を落とされたなんて恐ろしいニュースは見たくない。度重なる人質事件で驚きもなくなってしまったのか、地震のニュースの影に隠れてなのか、あの青年の自業自得と思ってるためか、前のときより問題になってないように思える。それだけに妙な不安がよぎる。家族のことを考えてもこちらでも奇蹟がおこることを願わずにいられない。

Comments
 
痛ましい事件が多いですよね。
友達が自衛隊員で、イラクに派遣されてると先日耳にしました。
その奥さんの一言。
「イラクじゃなくたって覚悟は出来てるよ」
すごいなって思いました。
 
ウ〜ン、職業柄行かなければならないのですね。自衛隊とはいえ軍隊ですから危険は付き物ということですね。危険地帯に行かされる人、向こう見ずな気持で出かけてゆく人、いろいろですが今は幸運を祈りましょう。
 
どうも。とおる。です
あの人質になった彼もなに考えてんだか・・・。とにかく殺されなければいいですが。
帰ってきても恥ずかしいだろうなぁ。
 
僕たちはイラクへ出かける自由を持っています。ある行動の選択が危険であればあるほど強力なしっぺ返しがあるはずです。それを受ける覚悟がないのなら危険な選択をする資格もないんですよね。彼にその覚悟があったかどうか………わからないですが無事に日本に帰って、思いっきり恥をかくという形でそのしっぺ返しを受けられることを僕は願っています。

07 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 71
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 62
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 120
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 27
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。