泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 日記・その他   Tags: Thought  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

混血

 考えてみれば僕の子供は混血児である。タイ人と日本人の間に人種的な差はあまりないので、将来子供が日本で生きていくとした場合、身体的な特徴で差別を受けることはあまりないとは思う。が、差別への不安は僕の心の片隅に引っかかっている。
 はっきり言って日本人は異人種との共存には非寛容である。島国という条件、300年にわたる鎖国の経験のせいもあるだろうが、外部に対してきわめて閉鎖的であり、内部的にはきわめて均質的である。「異質なもの」に対する拒否感は世界でもまれなほど強いのではないだろうか。詳しく分析する気は今はないが、明らかにこれは我が民族の積極性の欠如である。たてまえではなんといおうと、日本人は外国人を、難民であれ、労働者であれ、日本に受け入れたくないのである。

 サッカーの話題が続いたのでそれにひっかけてみよう。日本代表チームの監督ジーコさんはもちろんブラジル人である。ジーコは白いペレと言われてたというが、ポルトガル系移民の子孫だろう。それに対して左サイドをやってる三都主には明らかに黒人の血が流れている。またオリンピック代表の闘莉王のお父さんは日系人だが、お母さんはイタリア系の移民である。ほとんどメチャクチャだが、見た目はともかくみんなブラジル人なのだ。
 人種のるつぼというが、ブラジルには白人、黒人、インディオ、各国からの移民など、さまざまな人種が混在している。人種的な差別がまったくない、というわけではないだろうがほとんど問題になっていない。むしろ混血は民族のエネルギーの根源だという意識がブラジル人には強いという。
 多民族の混在という意味ではアメリカも同じはずだが、白人と黒人、そして先住民の間には一線が引かれている。南アフリカのアパルトヘイトについては言うまでもないだろう。多民族国家と混血の国家は似て非なるものである。
 まあ、以前この辺の事情は分析したことがあるので深入りはしないが、僕は平気で混血してゆくラテンな感性が好きだ。ブラジル、メキシコ、キューバなどなど国によって事情は様々だろうが、つまらない差異を気にしていないところが懐深くて人間的だと思う。

 いずれにしろこれから先国境を越えて人は移動しつづけるだろうから、人種は混じりあい、人種差別は消滅してゆくはずだ(差別そのものはなくならないだろうが)。日本人もつまらない自分たちだけの秩序を維持することに一生懸命になっていないで、世界に向かって心の扉を開いてゆかねばならない。いつまでもドメスティックな価値観にとらわれて生きてたってしょうがないじゃないか。

Comments

08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 65
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS