泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 日記・その他   Tags: タイ  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

실은 태국어도 말할수있는데……

 僕は日本語をさっぱり話せないおバカな女房とのコミュニケーションにタイ語を使っている。したがってタイ語の読み書きがいくらかできる。でもここに入力しようとしたら文字化けしちゃったよ。

 タイ語はシナ・チベット語族に属する。したがって文法は日本語と全然違う。しかし文法自体決して難しくはない。時制も、活用形もない。意味は語順のみで決まる。
 だから僕らがタイ語の学習で苦労するのは発音と、タイ文字ということになるだろう。全然勉強をしたことがない人がタイ語会話集かなんかを見ながらタイ人に話しかけてもまず通じないので頭を抱えることになる。日本語にない音韻がかなりあるのと、5つの声調の存在がその原因である。僕は3ヶ月だけ東京にあるタイ語学校に通って、発音と簡単な会話を習った。自慢をしておくと、僕の発音はネイティヴの先生にほめられた。
 後は独学でも勉強できると踏んで、1万円もする辞書を買って、自分オリジナルの学習法をとった。タイでドラえもんのマンガを買って翻訳し、それを丸暗記したのだ。この方法はオススメだ。日常的に話されている生々しい表現を学べるから。
 タイ文字も丸暗記するしかないのだが、文字表記と声調の関係はちょっと複雑だ。未だに僕も文字から発音を割り出すのは、ちょっと考えずにはできない。しかも地名と人名に関しては、解読するのはほぼ不可能ではないかと思う。母音が省略されていたり、同じ文字を二回読まなければならない規則なんかもあって、それは法則的なものではないからだ。

 僕は語学が好きだ。ただ英語はあまり勉強する気になれない。かっこいいし、便利というかこれからの時代なくてはならない言葉だってのはわかるんだけど……勉強しててもときめかないんだよね。言葉は人間臭くなくっちゃね。
 最近は仕事が急がしくてタイ語の勉強すらしていない。それが残念だ。

Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS