泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ニュース・時事など   Tags: 韓国  

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

비내리는한국

 イラクで人質になっていた韓国人が殺されてしまった。いずれ解放されるんだろうと高をくくっていたが………。僕は今まで3度韓国を訪れているし、今は錆びついてしまったが韓国語を勉強したこともある。日本でまったく同じことがあったかもしれないと思うと(これからだってありうるのだろうが)もう他人事には思えないのである。家族の嘆きや怒りはよく理解できるというものだろう。殺されてしまった人は帰ってこない。今の僕の興味は、韓国人がこの事件にどんな反応を示すんだろうということだ。うざったく思えることもあるが、僕は秘かに玄界灘の向こうの濃密な空間に住む人たちを慕っている。韓国人は僕の信頼する先生なのだ。

Comments
 
お邪魔します。「死にたくない」と訴えているビデオを見てから、
私はなぜか最初から殺害されてしまう恐怖を強く感じており
なんとか解放されないかと祈っていましたが・・・本当に残念です。
araikenさんが書かれているように、他人事ではないですし
今とても韓国の映画やドラマが人気な中、この事を書いている
ブログを見つけられず、違和感を感じていました。
そのくせ自分でもどう書いたらよいのかわからなかったのですが。
まだまだこのような事が続くのかと思うと切ないです。
戯言を失礼しました。
 
heteheeteさん、こんにちわ。
ヨン様人気は凄まじいもののようですね。あきれてしまうほどのものですが、これが隣国の理解につながるきっかけになれば……と思っていたのですが、やはりというか、必ずしも韓国への関心にはつながらないのかもしれませんね。
韓国では人質を救出できなかった政府の無能を責める声が強いようですが、日本だって5人が無事だったのは幸運でしかなかったと思います。ブッシュ大統領は、テロリストの野蛮な行為は許せない、みたいなことを言ってるみたいだけど、なんだかそういう言葉を引き出すためにあの韓国人は生け贄にされたんじゃないかと思ってしまいます。
私はよく自分が目隠しされて、後ろでテロリストが声明文を読み上げているシーンを想像するのですが………、これはやはり胸が張り裂けるような思いを禁じ得ません。

06 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。