泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 記憶の底から   Tags: 思想  思い出  

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

仄暗い記憶の底から 11 蒸気船マークトウェイン号

 二十代前半、4年間にわたって僕は浦安の東京ディズニーランドで清掃(カストーディアル・クルーと言っていた)のアルバイトをしていた。十代の学生生活が惨憺たるものであった僕にとって、ディズニーランドで働いていた毎日はまさに青春と呼ぶべきものだった。同年代の女の子もいっぱい働いていた。僕も何人かの女の子に実らぬ恋心を抱いたりした。(残念ながら僕はさっぱりモテなかったのだ。)頻繁に催される飲み会、友人たちとのささやかな逸脱。一人暮らしをしていたけれど仕事場に出ていれば、夏休みも、クリスマスも、正月も寂しい思いをすることは全くなかった。毎日がお祭りのようであり、とにかく働くことを楽しんでしまおうというモティベーションに貫かれた毎日だった。
 僕が配属されていたのはウェスタンランドだった。みんな知ってるんだろうけど西部開拓時代のアメリカを舞台にしたテーマパークだ。だからこのエリアのことは隅々まで知り尽くしている。もっとも、このあいだ久しぶりに女房を連れてディズニーランドに遊びに行ったら、新しいアトラクションもできててすっかり様変わりしていたが……。無理もないよ、もう二十年も前のことだから。

 アメリカ河というところに蒸気船マークトウェイン号という大きな船が走っているのだが、僕らには最終便に乗って船の中のゴミを集めるという仕事があった。したがって僕は数えきれないほどあの船に乗っている。
 「あっ、開拓者の小屋が燃えています。」という録音のアナウンスを何回聞いただろうか。火事になった開拓者の小屋から煙が出ている横を船が走り抜けながら、「ならず者の仕業のようです……。未開の地で開拓者たちは多くの危険にさらされていたのですね。」と解説が入る。やがて対岸にインディアンの集落が見えてきて、住人たちが何か交易品を手にしてにこやかに僕らの乗った船に向けてそれを差し出している。蒸気船では「このように、中には友好的な部族もいたのですね。」と解説される。

 当時はそれほど気にはならなかったんだけど、こんな遊園地の中にもポリティクスが現れているのだ、と今では感じてしまう。ここではアメリカ人(白人)は未開の地を開拓する文明人であり、インディアンは彼らと非友好的かつ野蛮な原住民として描かれている。開拓なんていうけど、これが白人によるアメリカ原住民の土地への侵略であることは僕らにとっては常識である。しかし、侵略に対するレジスタンスの行為をディズニー(アメリカ人)は、開拓者に対する非友好的な(ならず者の)態度として理解する、というわけだ。
 あまりにも無邪気に正当化されたアメリカ的な視線に、僕らは呆然としてしまう。「中には、友好的な部族もいたのですね。」…………。そういう発言はむしろインディアンがしたかったのじゃないだろうか。「中には、友好的な白人もいたのですね。」と。

 個人にしろ、共同体にしろ、僕たちは世界を眺める独自のパースペクティヴ、体系を持っている。精神分析の岸田秀さんはそれを「幻想」という言い方で表現している。岸田氏の診断によると、アメリカ人は強迫神経症だ、ということになる。
 自由と民主主義の国アメリカの建国に際して、先住民族の暴力的な排除が行われたという経験をアメリカ人自身が隠蔽、抑圧してしまった。この経験の欺瞞が今日アメリカが国際社会の中でとらざるを得ない「自由」の押し売り的なスタンスの原因だというのである。
 詳しくは岸田氏の本を読んでもらうとして、とにかく軽金属のようにスマートなアメリカの「自由」と民主主義が僕らにとって何か押し付けがましく、狭隘な印象を拭えないのには、このようなアングロサクソン系の移民の偏狭な人間性、そして彼らの偏狭な世界を眺めるシステムに原因がありそうである。まさに今日アメリカは、強迫的に「自由」の幻想を世界に押し付けつづけている。
 日本人が特攻隊で攻撃しかけ、ベトナム人が国を挙げて抵抗し、今またイスラム原理主義者が激しいテロ行為をもってメッセージを発しなければならないわけは、アメリカの病的な「自由」の幻想の押し付けが、他民族のプライドを踏みつけにする一面を常に持っているからに違いないのだ。

 ディズニーランドの話に戻るが、イッツ・ア・スモールランドというアトラクションで
は、世界各国の民族衣装をつけたかわいらしい人形がクルクル踊りながら「世界は一つ、世界は同じ、小さな世界……」と歌っている。どうもあのアトラクションを見て僕が感じてしまうのは、博愛の精神なんかではなくて、アメリカの枠組みの中での多様性、アメリカ的枠組みの中でこそ世界は一つになるべきだという帝国主義的発想だった。

 だが、もう一つ考えを進めてみると、アメリカという国はある意味、近代資本主義の精神を露骨に体現している国だと見ることができるのではないだろうか。近代社会の非人間的な狭隘な一面がアメリカという国を通じて発現していると……。まあ長くなるのでこれについてはどこか別の機会に考えることにしよう。

 ついでに言えば、僕たち日本人もアメリカ的な視線をかなり共有しているのじゃないかと思う。太平洋戦争に敗戦して以来、日本はアメリカの子分になり、アメリカ文化のシャワーを浴びて生活してきた。僕らもインディアンを未開のならず者だと見なすことに何の抵抗も感じなくなりつつあるのじゃないだろうか。本来僕らは立場的にも、また人種的にもインディアンと同じ側にあるはずなんだけども。西部劇を見たって、登場するインディアンなんかより、きっと白人のカウボーイの方に感情移入しているはずだ。………間違いない。

Comments
 
はじめまして!私もカストだったので、カストについてブログを書いたのですが、検索してみたら荒井さんのブログを見つけました。ディズニーに関しては私も複雑な気持ちですが、バイト自体は青春という感じでしたね。

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS