泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 旅行・タイなど   Tags: タイ  家族  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

さなぎ

 タイを訪れたとき食べているのは基本的にタイ料理だ。僕の女房はイサーンの出身なので、田舎の食い物をよく口にする。苦手なものもあるが、僕は何でも食べてみる。イサーンはけっこうゲテモノを食うことで有名なんだが、食ってみると意外にうまかったりするんだ。
 カエル、コオロギ、オケラ、タガメ、アリの卵、ヘビ、生きたままの小エビ……などなど。それに、僕は食べたことはないが、ヤモリやトカゲもよく市場で売られている。
 でも、どうも僕の体に合わない食い物が一つだけあった。
   さなぎ、である。
 何のさなぎなんだろう? 蛾? カイコ? 詳しくはわからないのだが、女房の兄弟がバンコク郊外で屋台を出していて、油で揚げて、調味料をふったさなぎを売っていた。「おいしいから食べてみな。」と言われて口に入れると、これがうまいのだ。ビールのおつまみにピッタリって感じ。まさにやめられない、とまらないで僕はさなぎを食べ続けた。
 1時間もたっただろうか。体に悪寒が走って、僕はカゼでもひいたかといぶかった。なんだか急にだるくなったような、おかしな感じがした。
 寝ようと思ったものの、なんだか気分が悪い。腹の調子がおかしい。僕はトイレに飛び込み、肛門からすべてを噴出した。
 もうだいじょうぶだろうと、ホッとして寝ようとしたが、まだ気分が悪い。胃がムカムカするのだ。ヤバイ……。僕はまたトイレに飛び込み、今度は口からすべてを吐き出した。
 どうしたんだろう。さっきのさなぎのせいだろうか……。まあ、しかしすべてを吐き出してやっとスッキリして、そのまま僕は眠ってしまった。

 次の日、また僕の目の前に例のさなぎがあった。昨日は食べ合わせが悪かったのかもしれない。結局、またやめられない、とまらない状態になって、気がつくとかなりの量のさなぎを食べてしまっていた。案の定しばらくするとトイレにダッシュするはめになってしまったのだ。

 
おいしいんだけど、あのさなぎだけは僕の体に毒なのだ、というお話でした。

Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS