泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想    

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

メルロー=ポンティが読みたいんだ。

 マルクスを読まなくちゃならないと思ってる。偉大な思想家なのはよくわかってる。なのになぜか僕が読みたいと思ってるのはぜんぜん別の本だったりするんだ。

 メルロー=ポンティの本が読みたい。

 思想はアクティブであるべきだ。マルクスのように世界の変革へとつき進む人、ニーチェのように生き方そのものが強烈なドラマとなってる人......。彼らの本を読むと、力が僕の体に入り込んでくるような気がする。
 それと比べると、いわゆる現象学者は地味な感じがする。何というか、大学の研究室でつくられた思想という印象が拭えない。フッサールしかり、ハイデガーしかりである。結局、彼らの人間としての存在よりも、学者のブランドの方がまさっているような気がするのだ。
 それにも関わらず、現象学の認識の襞の中に分け入ってゆくような繊細な言葉遣いに哲学を感じてきた。僕にとって哲学とは現象学の難しい言葉遣いだったんだ。とりわけメルロー=ポンティの本が好きだ。全く地味な人で、友人のサルトルがあれだけ華々しく活躍したのと対称的なほどだ。なのに僕は彼の書物に引き付けられる。「行動の構造」や「知覚の現象学」は通しで読んでないのにも関わらず、僕は何度も何度もポンティの文章を読みかじっているんだ。知覚や認識に関する難解な記述が続いているだけなのに、彼の一貫した思想が文章の中にいきいきと脈打っていて、まるでテキストが有機体のように思えてくるから不思議だ。
 徹底的にポンティの書物につきあってみるべきなんじゃないだろうか? ゆっくりできる時間があればなあ。彼の本を何冊かもって、タイのサムイ島の人気のないビーチで数週間を過ごせないものだろうか。いや、インドネシアのスマトラ島のトバ湖畔がいいかな。
 かつての流行思想、サルトルも、フーコーも、ドゥルーズ=ガタリもあまり読みたいと思わないのに、あんなに地味な人の本がなんで気になるんだろう。難解な言葉の羅列が、文学以上に文学的なのだ。何か大切なことを伝えたかったに違いないのだ。
 文化人類学者のレヴィ=ストロースは、メルロー=ポンティと一緒の学校で学んだ仲だというが、面白いものを見た。老レヴィ=ストロースのポートレイトの背後に彼の書斎だか、研究室だかが写っているんだけど、その中に小さい額に入ったポンティの写真が置いてあるのが写ってるんだ。何か大切な人の写真であるかのようにね。レヴィーストロースにとってメルローポンティは友人であるだけでなく、ポンティの思想そのものも構造主義者レヴィ=ストロースにとって宝物だったんじゃないだろうか? 地味に思えるメルロー=ポンティだが、じつはホンモノなんじゃないだろうか? そんなことをその写真を見て思ったんだ。

Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS