泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 旅行・タイなど   Tags: 家族    

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

インドネシア

 なぜかインドネシアに行ってきた。ま、僕自身が望んで行ったわけではなく、親の旅行のお供としてくっついて行っただけだ。金は親が出してくれるわけだし、すべてお膳立ての整ったツアー旅行なのでお気楽極楽な海外旅行である。10年ぐらい前にバックパックを背負ってスマトラを縦断したことがあるので、インドネシアの旅は初めてではない。が、今回はバリやジャワというまだ僕の行ったことがない著名な観光地をめぐる旅行なので、それなりに楽しみではあった。
 宿泊地はバリ島のブノアというところで、町からずいぶん離れたところにできたリゾートだった。インドネシア人の生活から浮いた空間という意味では、まさに非介入的な観光商品=スペクタクルの消費だよなこれ………と少々苦笑いだった。
 でも、そこは東南アジアのこと、リゾートを演じる表皮はスカスカで穴だらけ。薄皮をはげば結局そこにはインドネシア人の生活があるんだろうな、と思う。まあ、そんなことを思いつつも、ガイドに従って遺跡や寺院を見て回り、出された食事をたらふく食い、開いた時間は読書で過ごすというあたりまえの観光旅行だったが。

 以前、インドネシアの女性と結婚した人と出会って話を聞いたことがあるのだが、その人は「もうタイなんかダメだよ、みんなバイクに乗って気取っちゃって………スマトラはいいぞ! 人間もざっくばらんで、あなたなんかきっと気に入るはずだよ。」………とインドネシアについて言っていた。その後、実際スマトラに行ってみると異国情緒溢れる南国の風景にときめいたし、ボロい車が結構走っててワイルドな感じがした。人間もタイ人より明るくて、いい所だと思ったものだ。10年前のスマトラと比べるのは間違いかもしれないが、バリの道路はよく整備されているし、新しい日本車やオートバイもいっぱい走っていて、タイとそれほど変わらなかった。どこの国であろうと近代化は進み、人々の生活は変化してゆくものなのだ。

 それでもインドネシアは僕にとってワイルドな魅力を持った土地だ。日本と同様火山列島だけに、高低差のあるメリハリをもった風景が広がっている。味のある路地裏、薄暗い夜の市場、香料入りのタバコの匂いなどが何とも言えないノスタルジーだ………でも、もう一人旅などできないだろうなあ。あとは女房子供を連れて遊びに行ける日をちょっぴり夢見ている小市民な僕なのでした。

Comments
うらやまし過ぎぃぃぃぃ 
そーですかぁ、バリ、行きましたかぁ。v-308
い〜な〜、い〜な〜、うらやましいゾォ!
ウチなんて、今週末のGTレース=鈴鹿にすら行かれましぇんv-406
い〜な〜、い〜な〜・・・
いつかまた、私も!e-168色付きの文字
Sitaさん 
つまり仏様を破壊するとは何事か! ってことで殺されてしまったのですか? ウーム、これは信仰の力なのか何なのかは謎ですが、エラワン梵天堂は血塗られた場所になってしまったのですね。
タイに滞在して日本に帰る前にはいつも女房にエラワンの仏像の前で線香あげて手を合わさせられているんですが、タイ人てけっこう俗な願望を祈りに込めてるんですよね。金が儲かりますように………とか。そんな祈りの姿が観光ガイドブックなんかで写真になると神妙な姿に見えるんだ、これが……。
フフフ……… 
行ってきたですよ。見てきたですよ、ボロブドゥール! ただ、爆弾テロの影響で観光客(特に日本人)は少なかったですね。行きの飛行機なんかガラガラでしたよ。………ま、バリとは言わずともどこかでのんびり過ごしたいものですが………そうもいかないよなあ〜v-409。成田から家にたどりついたらもう次の仕事の山が…………。
エラワンの仏像 
Kenさん、一昨日、エラワンの金色の仏像を一人の青年が、ハンマーで壊してしまった。お酒が入っていたのと、少々精神に異常をきたしていたらしいのだが、海軍に入れなかった事が理由の逆恨みの行状だったという事だ。
で、この現場にいた群衆が、この青年に襲い掛かって、結果、この青年は、命を落としてしまった。
信仰って何だろね……。

07 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS