泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 日記・その他   Tags: 思想  

Response: Comment: 8  Trackback: 0  

戦士の休息………なんつって。

 実は、夏頃から感じ始めていたのだけど、ブログの更新への意欲が急速に鈍ってきた。ブログのタイトルを『祭りの戦士』に変えて、戦闘的に自分から仕掛けてゆく場にしようと思ったのは今年の正月のこと。大それたことを考えていたわけではないが、世の中に、そして何より自分自身に活を入れたいというのがこのブログの目的の一つだった。とりあえずその成果はあったと思う。こんなに多くのことを考えた1年間はこれまでなかった。
 ところが、どうしたことか近頃そんな情熱が急に失速し、醒めてきてしまったのだ。疲れたわけでも牙が抜けてしまったわけでもないのだが……。その証拠に新しい問題意識で本を読めている。読む本読む本、みな面白い。どうも僕には栄養が足りてないのかスポンジのように何でも吸収してしまっているような感じで……だ。ニーチェじゃないけど、今はひなたぼっこするアザラシのように太陽光線を体中に浴びていたい……そんなことを思う。
 今月末に女房子供が日本に帰ってくるので(結構しんどいのよ、これが……)、そのへんを意識してる面もあるのかもしれないが、ちょっとしばらく更新のペースが変わりそうな予感あり……である。

Comments
レイプはいかんな 
 
今年の初めからの「アウトプット」の時期がちょっと一段落して、ちょうど今は「インプット」の時期なんでしょうね。ま、そういうのもいいじゃないですか。つか、「出したら入れる、入れたら出す」(って、何か淫靡な感じだな……)ってのは、自然の摂理ですよ。
ま、しばらくは、お気楽な「エログ」モードで突っ走る、ということで……楽しみにしてます!
やっぱり……… 
入れたり出したりという、ピストン運動っていうのはすべての始まりなわけですね。確かバタイユも『太陽肛門』という詩の中で回転運動とピストン運動は宇宙の原理だ、みたいなこと言ってましたもんね。
そんなわけで、むしろ読書会のほうのヤル気のほうが今は高まってます。レジュメのアップってやっぱ勉強になるんですよね。きっちりテキストにおつきあいする機会って漫然と生きてるとなかなかないっすからねー。
あ、そうだそうだ。 
オンライン読書会、今現在繋がんなくなっちゃってますけど、近日中に繋がるようになるので、しばしお待ちください。ATLSの掲示板でも書きましたが、データはちゃんと保全されてるので、ご安心を。
で、おれも12月に入れば時間に余裕が出来るし、がんがんやるぞ!
野生の証明 
荒井師匠、ちょっとお疲れですか?
まあ、我々はもう十分中年ですから、ただでさえ、疲れやすいですがね。
グーグルで「強壮剤」で検索すると25万件もヒットするので、一枚一枚剥いで、丹念に舐めてきてください。じゃなかった、1本1本取り寄せて、じっくり飲んでください。
でも、「戦士の休息」とは・・・。年が分かりますよ。
んん、荒井さん、中学生のときも映画嫌いだったから、もしかして知らないかな???
悲しいかな、「戦士の休息」という響きが、耳のどこかに 残っていたのでしょうね。
お互い年が分かりますね。(笑)
 
ファイトー! 一発ーッ! v-19
いやいや、薬物に頼ってまでがんばりたくないですね。私たち中年にとって必要なのは強壮剤よりも睡眠ですね。ぐっすり眠ることで野生の証明をしましょう。ポカポカと太陽光線の降り注ぐ浜辺で、醜く脂肪のついた腹をアザラシのようにさらして………。
アオッ、アオッ……。e-462
夜はついにゾンビになるカイシャオヤジ 
オヤジである私が言うのも何なのですが、一体あの多種多様かつ大量の強壮剤市場って、何なのでしょうね。笑ってしまいますよね。
何か「いつまでも、強くなければいけない」という変な脅迫観念にでもかられているオヤジ達ってきっと結構山ほどいるのでしょうね。
ああいうことって、自然にしてオイタらいいのにね。
昼間は変態的行為をカイシャで、やるだけやっている頭の禿げたオヤジが、夜になると、これまた、ああいうものを、ごくごく飲みあさる様子というのは、哀れであるとともに、とてもおぞましいものがありますね。一体、これ以上、何をするんだろうって感じがして。
 
マジでいかんですよ。こういう「強さ」とか「男らしさ」とかいう根拠のないイメージの実現のために行われる暴力ってのは勘違いも甚だしいですよ。それだけに「らしさ」なんてこと主張するオッサンたちの横っ面をv-217v-42せねば!と思ってしまいます。

07 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS