泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 8  Trackback: 0  

祭りの戦士は前線に立ち続ける

 ぐるぐると考えを巡らせるだけで、自分でもはっきり答えが出ないでいたのだが、やっぱり……すべての問題が解決されてしまった完全に自由な社会……完全な制度……つまりユートピアみたいなもの……なんてどこにもないし、これからも実現することはないよなあ……という考えに戻ってきてしまう。このところ多様性みたいなこと考えてるから、多様性を認める社会なんてものを頭の中に想い描いたりするし、どのようにそういった社会が実現するのかという道筋を考えてみたりもする。……しかし、どうも虚しくなってくるのは、そのような社会が制度として実現するとは自分でも思ってないからなのだ。というのも、多様性や自由や幸福みたいなものは、社会や制度によって与えられるものだとは僕には思えないからなのだ。結局そういった精神的な価値は社会から自分たちの力で闘いとられなければならないものなんじゃないかと思っている。

 現在の社会のように妙なプレッシャーをかけられることなく、そのままでみんなが食って行ける社会の実現……というのはかなり現実的な、ひょっとすると遠からず出現してもおかしくない具体的な変革の課題として僕らの前にある。そのための努力はあらゆるやり方でするべきだろう。が、仮にそのような社会が実現したとしても、そこが自由な空間であるのかと言えば……やはり違うと思う。
 制度というものは、よかれと思って作られた瞬間に抑圧的な面を現し始める。逆に言うと人間の欲望は常に制度をはみ出すものなのであって、制度によって掬いきれない部分を常態として持っていると言っていい。だからどうしても、決定的なかたちで革命的な社会システムを作ってやれば自由や多様性があふれ出してくる………といった夢の状況が僕には描けないでいるのだ。きっといつだって社会の現実は僕らの前に否定すべきものとして現れて来ざるを得ない。元も子もないみたいだが、多様で自由な、抑圧や管理のない、権力なき社会……そんなものどこまで行っても現れちゃ来ないんだ………というところから考え始めるべきではないのだろうか。

 しかし夢の目的地がないとなると、僕らの生はひたすら抑圧的な制度に抵抗し、告発し、見直し、変え続けるといういわゆる永久革命のようなものでしかなくなるだろう。どこまで行っても終局的な状況にたどりつけないとなると、何のために闘うのだ? 何のために変革するのか?……確たる結果を得ることがないとなるとその闘いは徒労ではないのか、という疑問が出てくる。
 それに多様性や自由が闘って勝ち取るべきものであるなら、むしろ社会は抑圧的であったほうがいいのではないか………抑圧や管理がなくなってしまったら勝ち取るべき自由もなくなってしまうわけだから。となると、現状の管理社会のままでいいじゃないか、そもそも社会を変革する必要もないということになり現状維持こそが求められる……と批判もしたくなってくるだろう。というか僕自身がそんなふうな疑問にとりつかれていたので、これはどうしたものかとぐるぐる考えを巡らせていたというわけだ。

 このように考えてしまうのにはたぶん二つの原因がある。一つは、まだどこかで自由で抑圧なきユートピアの可能性を信じているということだ。信じているからこそ「抑圧や管理がなくなってしまったら、勝ち取るべき自由もなくなってしまう」などという仮定をしてしまうのだ。そんな状態はありはしない。当然ながら理不尽な制度は変えるべきだ。インチキを告発し、公正な条件を作ることが間違っているとは思えない。それでも人間の欲望は常に予想を越えた全く新しい容貌で制度をはみ出してくるだろう。………そういう前提からはじめれば、現状を維持するまでもなく制度が逆に僕らの手かせ足かせになるのは必然であり、常に僕らは何が自分たちを縛っているのかを見抜き、それを乗り越えることを強いられるのだ。
 そしてもう一つ、そのような闘いの連続がシーシュポスの神話のごとき徒労に思えるのも、やはり終局的なユートピアを想定しているからというのと、闘争の状態を何か人間の上にのしかかる負荷である、と単純に考えてしまうことにあるように思う。むしろ何も負荷のかからない状態は退屈で耐え難いものですらあるかもしれない。人間はあまりにも満たされ退屈であれば、自分で自分を試練に投げ込み自ら重荷を背負いすらする。人にもより程度にもよるだろうがそれは単純に荷を背負うことが「おもしろい」からだろう。少なくとも僕の実感ではそうだ。だって、ただ自分の利益を考え生存に配慮するだけであればやる必要もないことに人はみな首をつっこんでいるじゃないか。
 もっとも望みもしない重荷を押しつけられたり、本来望まぬ重荷であるはずのものを自発的に喜んで背負いこむようになってしまう、というのは問題である。現在の社会で僕らが競争に積極的に参加してしまうのは、煽られ、脅されているからだけではなく、何かを背負い込みたいという欲望によるところも大きいだろう。働いていないと不安になったり、何をやっていいかわからなくなってしまうワーカーホーリックが少なくないが、それは負荷なき状態を僕らは望んでるわけではないからではないだろうか。だからこそ僕らは自分で何を本当に欲望しているかを見抜かなければならない。

 まずきっぱり楽観的なユートピアの可能性を捨てよう。多様性や自由は社会制度によって与えられるものではなくて闘いとらなければならないことを改めて自分に言い聞かせよう。僕らの目の前にあるのはいつでも抑圧であり、管理であり、権力の空間なのであって、社会は巧妙に僕らを支配してくるに違いないということを……。そしてそのような支配を見抜くために僕らは自らの知性と本能を磨き続けなければならないってことを。
 僕が自らに望むのは、社会と欲望のズレを告発するために常に前線に立ち続けるということだ。それは自らの身体を拡声器として、社会と欲望のぶつかりや軋み合いによって発生する不協和音を発信することだと言ってもいい。そのような不協和音が社会に鳴り響かなければ、どこに変革するべき部分があるのかすらわからないだろう。その不協和音によって社会が僕らを管理し、支配し続けている事実を明るみに出したい。そのために僕は自分の特異な欲望と生命を肯定する。で、きっとその肯定は社会の側からは常に「逸脱」と映るだろう。そして逸脱者にはおそらく何らかの「生きづらさ」がシッペ返しとして社会からプレゼントされるはずである。そのありがたいプレゼントを受け取りつつ、ギリギリのところで生き延びてみせる。社会の管理や支配を見抜くためにはそれだけの覚悟を引き受ける戦士が必要なのだ。そして自分の生命が許す限り遠くまで進撃しよう。それが祭りの戦士のスリリングな使命である。自由や多様性はユートピアにではなく、そのような前線にのみ存在すると僕は信じる。
 たとえば上山和樹さんがこんなことを書いている。

 何度でも繰り返し言うべきだ。 「社会を変えてゆく」必要はあるし、そのためにできることもしたい。しかし、それは僕やあなたのために「間に合わない」かもしれない。 どんな社会でも、「全員を救う」ことはできない。 生き延びるためには――生き延びなければ活動もできない――、既存社会のルールのままで自分を専門特化し、「勝ち残る」必要がある、少なくともそういう要因を無視して生き延びられると夢想するのは、命取りだと思う。 生き延びるための努力と、環境を改善するための努力は、並行する必要がある。



 もっともだと思う。自分が生き延びるために現行の社会は大いに利用してしまえばいい。しかし戦士であるために僕はもう一歩前に出たいと思う。たぶん間違いなく「間に合わない」し、社会が「全員を救う」ことなどできるはずもない。が、「間に合うことなど期待しないし、社会に救われたいとは思わない」………戦士たらんとすればこう言わなければならない。

Comments
自由と伝統的良識 
個人的にはリバータリアニズムが
システム的にはベターな感じかなと思います。
下記のリンク先などは分かりやすいです。
http://www.soejimatakahiko.net/nlm/faq.htm
http://www.soejimatakahiko.net/nlm/
リバータリアニズムとはやや違う
ところもあるのですが、ハイエクの
「隷属への道」もとても面白くてお勧めです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4393621514/
ただ、リバータリアニズムもハイエクも
無制限な自由にコモンセンスの歯止め
を掛ける為の法規則的ではない
(強制的ではない)伝統意識という
のを重視しています。チェスタトンぽい
感じです。
http://www.bunshun.co.jp/series/essay/dokushoyama012.htm
日本だと福田恒存が日本版チェスタトン
みたいな感じで、日本人の歴史的美感
によって、自由とモラルを両立させる
という取り組みに挑んでいますね。
「日本を思ふ」などがとても良いです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167258048/
 
日々、自己ベストを更新し続ける孤独なアスリートのように、
自己を限定し、小さな牢獄に閉じ込め、自己にしか属さないあらゆる試みに閉じこもろうとする働きを破壊する。
愛の…
 
す……水中花ですか?
宮本さん、体だけは大事にしてください。無理しないように……お互い、いい歳ですからね。生き延びなければ活動ができない、っていうのはとりあえず真実ですから。
久々のコメントッス。 
こんばんは。最近疲れが溜まってしまって、歯茎を腫らしたchankinです。(-_-;)
今回のエントリーについて少し書いても良かとですか? ちょっと疲れている事もあって、テンションが上がってます。
この頃、うっすらと、そしてぼんやりとでありますが、人類の目指すものは何であるか見えてきたような気がしてます。それを証明するのはこれからの宿題なのですが、ここに来られる方がどのような事を感じられるか、聞いて見たい思いもあり、コメントを残す事にしました。下書きもなしに書きつづりますので、読み辛い所もあるかと思いますがお許しください。
不勉強な僕ですが、事あるごとに「人間の最終到達点」の事を考えてきました。「全ての人や物や事によって創られる素晴らしい世界」を人類は獲得できるのかと。少し大きな隕石が地球にぶつかれば、地上のほとんどの生物が死滅するような状況の中で、人類は何をやろうとしているのか・・・。
僕もユートピア、完全な社会が出来たら素晴らしいとは思っていましたが、それが実現した場合に、人類は本当に素晴らしいものとして受け入れるだろうかと疑問に感じてもいました。満たされた状態が苦痛になるのではないかと。また、人類の最終到達点は現世では無く、精神世界にあるとして、現世はいわゆる修業の場としてあるのであって、様々な問題が存在する事が必要であるのではないかとも考えた事もあります。
しかし、現在では少しニュアンスが違って、見えてきているものがあります。それはうっすらとそして、ぼんやりもしているのですが「満ちる」です。チルチルミチルや城みちるではもちろん無く、心?、いや、存在なのかも知れませんが、こんこんと湧き出る泉のように、「充ち満ちている状態」になる事が人類の最終到達点ではないかと・・・。それは「満たされている」状態ではなく、「充ち満ちている」事が重要です。
ちょっと眠くなっちゃいました。(-_-;) この続きは、また今度・・・ごめんなさい。m(_ _)m
 
chankinさん、こんばんは。疲れてどこのテンションがあがってるんですか? お若いですねえv-410
ところで今回は大きな話ですね。………そうなんですよ。僕もみんな晴れやかな笑顔をして生きているユートピアみたいなのを思い描いたりすることもありますが、やっぱりウソっぽすぎますよね、そーゆーのって。
難しいですね理想のイメージを描くのは。とりあえず僕は最終到達点はない、ということにしてるわけですが、夢として考えると……例えばこんこんと湧き出る泉というより、わ、こんなところから吹き出すの? っていうような……流れてたり、滴り落ちたり、蒸気とともに吹き上がったり、てんでんバラバラで恥知らずな泉ってどうでしょうか?
ウ〜ム……僕ももう寝たほうが良さそうです。おやすみなさい。
 
こんばんは。
前回の続きを書こうかと思いましたが、
ちょっと長くなりそうなので、
自blogのエントリーにしようと思います。(^_^;)
まぁ、一言で書けば「人間の存在が自然にあふれ出るような状態」とでも言いましょうか。
余計わからないか・・・。
いつになるかわかりませんが、
エントリーできるように頑張りまっす!
kagami さん 
白状しますが、このような具体的な社会のビジョンみたいな話になってくると、私の知識はお寒いかぎりで何も言えなくなってしまいます。そんなこと考える必要ないとすら思っています。が、それではみなさんの話につきあって行けないので、コソコソと勉強はじめた次第です(^_^;)。
ただ個人的には、リバタリアニズム、リベラリズムなどの記述を読んでいると正直言って、根本的に何か欠けてるような面白くなさを感じてしまいます。何かカサカサしてくるというか………ま、そのような実感がなんなのかこれからもうちょっと突き詰めたいと思います。そのためにも紹介していただいた。リンク先は読んでよく咀嚼しておきたいと思います。
chankin さん 
エントリー待ってますです〜v-219

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS