泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 4  Trackback: 3  

交流仮面

 普段「戦士」だとか何だとかって大仰なことを書いてるけど、どちらかといえば僕自身は「脱力系」のつもりだ。……というか脱力した感覚が好きだ。東南アジアフリークはみんなそうだと思うが、かの地の魅力は「脱力感」以外の何ものでもない。人生なんか難しいこと考えずに楽しく過ごしてゆけばいいのさ、肩の力を抜いていこうよ……何かに向けて緊張していた身体中のネジを緩めて自分を解放してしまうことほどの快感がこの世にあるだろうか? 東南アジアに行くと僕らを脱力させる空気があって、それがモワッとした熱気とともに体にしみ込んで来るのだ。成田空港に帰ってくると税関の職員を見てまず思う……何のためにそんなに肩に力を入れてるんだ?

 とはいえ僕自身は日々緊張感を持って結構必死に生きてるつもりである。にもかかわらずそんな僕を「相変わらずマイペースですね」とか、「プライドがない」だとか言う友達がいたり、かつて通ってた会社の社長には「君はたれ流しだ!」などとよく説教された。(シュルレアリスムのオートマティスムって要するにたれ流すことだと思う。)よほど僕ってユルユルに見えるらしい……。
 しかしである。まだまだ僕など生硬なのだ。もっと徹底して自分の精神のこりをほぐさなければならないと思う。あらゆる紋切り型の規範を解体し、融通無碍であることの中にこそ僕らがまだ目にしたこともない新鮮な緊張があるはずだ……。誤解してはならない。「脱力」の中には鋭い「緊張」が秘められている。

 たとえばデュシャンの芸術は脱力の極致だ。しかし展覧会場に展示された小便器やモナリザに描き加えられたヒゲのようなふざけた冗談の背後には、きらめく知性と戦闘的な反抗精神がピッタリと張り付いている。そのような知性と緊張があってこそ脱力した表情を打ち出せるのである。……デュシャンのような飄々とした風情と、その底にある知性とのギャップが僕は大好きだった。
 そのほか、古いところでは『ものぐさ精神分析』の岸田秀や、最近では『だめ連』なんてのがあったが、これらも脱力系と言っていいだろう。僕は彼らにけっこう影響を受けていると思う。しかし極めつけの脱力作用を僕にもたらしたものが何かと言えば、(だめ連とも関連するが)「労働の拒否」という言葉(戦略)だった。しかもそれは一部のラジカルなマルクス主義から出てきた発想だったので僕は少なからぬ衝撃を受けた。怠惰であることが解放の戦略であり得るとは………! なぜなら僕はマルクス主義ってシリアスなものだとばかり思い込んでいたからだ。
 確か「労働の拒否」という言葉に僕が初めて触れた、小倉利丸の『搾取される身体性』という本はきわめてシリアスなマルクス思想の分析である。しかしこれを読んで僕の中に広がったのは新しい脱力の地平とでもいうものだった。毎日忙しく働く友達を尻目に、東南アジアの安宿で南京虫に血を吸われながら怠惰にボケーッと本を読んで過ごしていた日々を、思いもよらぬ形でマルクスや運動系の人々が肯定してくれたような気がした。お前のやってることはきわめて人間的なのだ……もっと自信を持ってお前の道を歩みなさい……と言ってくれてるような気がして、この本の読後感は、ほとんど「痛快な」脱力感だった。

 脱力的状態というのは、単に力が抜けた状態を言うのではなくて、それまで自分が縛りつけられ、世間がとらわれ続けている規範から解放されてこそ可能になる。それは規範の虚構性を見抜く知性と、規範には隷属しない闘争心(規範への反抗)によって裏打ちされていなければならない。知性と闘争心に貫かれながらも、あえてそれを見せずに隠してしまう………これが「脱力」の戦略だ。いってみれば生き方における「両手ぶらり戦法」である。わざとガードを外し、自分を隙だらけにして、他者を油断させる。何をこいつは余裕こいてるんだと、相手がその誘いに乗っかってパンチを繰り出してくればしめたもので、クロスカウンターをお見舞いしてやろう! というわけである。
 鈍い奴には「脱力」が緊張感のないユルユルな人間(バカ)にしか見えないだろう。しかしそれは高度に戦略的な反抗のスタイルであり、腕試しの方法であり、歓待の技法であり、仮面である。だから『だめ連』は全然「だめ」じゃないのだ。たぶん社会の規範への挑戦の気概を持って自分の力を試したいと思っている人、そしてその腕試しを楽しみたい人は、自然とこういう「脱力」の戦略を選んでいるのではないだろうか。「脱力」の余裕が示すもの、それは前向きな「強さ」なのである。

 一方、「脱力」的戦略を常日頃用いている人が、ときに対称的な「シリアス」な方法で自己主張することがある。大真面目な顔でもって愚直なほどストレートで明快な正攻法で自己を表現するのだ。あまりにもド真ん中に直球を放り込んでくる様は、周りの人をしてやっぱりこいつはどうかしてるんじゃないんかと思わせることすらある。だが、この正攻法も実はストレートにすべてをさらけ出しているわけではなく、何かを隠した仮面だと考えるべきだ。
 おそらくこのような正攻法で対決しようとしている相手は知的レベルのそこそこ高い人だと思う。というか実際には高くなくても、世間でそのように評価されている人だろう。インテリ気取りの人はとかく難しく深刻な顔をしがちで、その表現方法も手の込んだ晦渋なものであることが多い。ときにそれは見かけ倒しのはりぼてであったりする。厳めしい表情で周囲を脅しつけて自分の知性の中途半端さによる不安から身を守るのである。このような人たちの隠れ蓑に対してあえて素手で、素っ裸で真っ正面から挑むのが「シリアス」の戦法だ。(シリアスと言っても、ただの真面目ではなくてド・シリアスでなければいけない。真面目であることは大切だと思うし真面目な取り組みには胸を打たれる。しかしちょっと芝居がかった大真面目な顔の下にニカッと笑ってペロッと舌を出した顔が潜んでいてこそ本物だ。)
 これもまた「脱力」とは別の意味で周囲を油断させる面を持っている。ようするに単純さ、単細胞さというのはナメられるのだ。したがって「脱力」同様「シリアス」戦法もガードを外し、他者の侵入に対する敷居を低くして、自分を無防備なさらし者にするテクニックだといえる。それは他者との「交流」を呼び込む「誘惑」であり、「挑発」であり、「釣り」なのである。一本気な単細胞生物の内部にはふてぶてしい精神が隠れているはずだ。単純であることもまた知性と「強さ」なくしてはかなわないのだ。

 重い鎧やバリケードで武装せずに常に無防備でいること……これは「交流(コミュニケーション)」を求める人のスキルである……というよりほとんど生理だと思う(スキルという言い方はやはり嫌いだ)。放っておけば人は自分の世界の中にまどろもうとする。ま、それはそれで心地よいものかもしれないが、本当に眠り込んでしまったらそれでおしまいだ。だからこそ自分の殻を打ち破る、他者との「交流」が必要なのだ。「脱力」の戦略にしろ「シリアス」な戦略にしろ、「交流」へと自分を追い込むために用いられる仮面であって、この「交流仮面」の存在を感じる人の言葉、作品、行動こそが僕には面白く感じられる。


 ところで『だめ連』ってホームページがあったはずだよなあ、と思って検索したらこんなのが引っかかってきた。一応同じ業界に籍を置いているのだけど、宮崎さんにはさっぱり親しみがわかない(ほかに親しみのわく人がいるわけではないけどさ……)。この「神隠し」って映画は見てないのだが、多分この大物のこんなところに反発を感じてるのかもしれない。そういえば宮崎アニメの主人公たちって「できる」奴らばっかだよな……。まあ、僕は間違いなく「だめ連」側だからね……。

Comments
 
「千と千尋」は、あれは、「働け」というより、「ちょっとは経験から物事を考える癖でもつけたらどうなのよ?」って感じに受けました。まあ、アンチ「だめ連」といえばその通りかもしれませんが、何も考えないダメな人は、沢山うちのカイシャで、労働に生きがいを求めて、労働にいそしんでいらっしゃいますよ。カイシャという強烈な「構造」に対して何の疑念をも抱くことなくね。
昔の「だめ連」って、今の、フツーのサラリーマンの走りのような気もします。
なーーんも考えないダメな人には、荒井さんは、程遠いように思いますが。
 
オッ、兄貴は「神隠し」を見たですか。まあ、アカデミー賞ですからね。
現場での宮崎さんは立場上、スタッフに「働け」というプレッシャーをかけ続けてるはずですね。そのような高度な緊張と過酷な労働を強いなければクオリティイの高い映画なんて作れないでしょう。そういう姿勢が結果的に映像に現れてるのは当然かもしれません。
ジャパニメーションの華やかな舞台裏も、兄貴の会社同様、現場は(私自身も含めてv-390)過酷な労働に生き甲斐を感じている人たちの支えられているわけです。
 
確かに、ワーカホリックだと思います、私自身。よくも、こう寝ずにまあ、表の、裏の仕事をずーっと回転していうなあと。カキコしている暇があったら寝ろって。はやしさんの表現を使うと、ほとんど「逃避」で皆さんのところにカキコさせていただいているなと思います。私の、根底にある発想は、以前読者会で書かせていただきましたが、「労働とは、ロドンであり、つまり、ノドンミサイルであり、つまり、強烈に気が滅入るも」のであります。
そうそう 
生活がかかってくると、どうしたって会社(労働)のリズムで生活が動いてゆきますから、結局現実には働き中毒の会社人間になってしまうんですよね。
が、そこに没入しているのと、それをノドンと突き放して語れるのでは大きな違いがあるわけです!

Trackbacks
今年も残すところ、あと数時間となりました。 世界中の皆さま、今年も一年間お疲れ様でした劣 私的にはやり残したことがおテンコ盛りではありますが、とりあえずは明日、お節のお重を完成させることで、全部ひっくるめての達成感と完了感を満たしたいと思います
目を覚ましておきます。
オートマティスムオートマティスムとは、心理学用語で「自動筆記」「自動記述」という意。意識に支配されていない状態で、動作を行ってしまう現象を指す。 霊能者による自動筆記 たとえば霊媒や、予言者・チャネラーなどと呼ばれる人々は、「死者の霊が下りてきた」「神や霊
04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 2
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS