泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 日記・その他   Tags: 家族  

Response: Comment: 15  Trackback: 0  

遠足に出陣する祭りの戦士

 ガキの通っている幼稚園で遠足があった。本来なら女房が行くべきなのだが、女房がバイトを始めたタイレストランが、代々木公園で行われるタイ・フードフェスティバルに出店するとかで不在……ガキにくっついてゆけないのだ。そこで私の出陣ということになった。
 あいにくの空模様のもと、生命を肯定するために磨き抜かれた剣をたずさえ、炎の装飾に彩られた甲冑で身を固め、ガキの遠足のお供に出かけた。
 周りはガキどもと若いお母さんたち……死の危険が間近にせまる血なまぐさい戦場に慣れた戦士にはどうにもこうにも場違いな所に来てしまった感が否めない。私の存在が場の空気をぶちこわしていないだろうか……いやいや、何を言っているのだ、「空気を読む」だの「コミュニケーション・スキル」だの女々しい言葉がはやっている昨今、戦士の使命はあえて場の空気をぶちこわすほどに激しく自己を主張することではないか! 調和をぶちこわす異物であれ!……祭りの戦士はこう唱えるのだ。
 さて、観光バスに乗るとさっそくガキどもの歌が始まった。キリスト教系の幼稚園だけあって賛美歌なんか歌ってやがる。アーメンなんて祈りの声が車内に広がるに至って、アンチ・クリストの私は思わず剣を引き抜き立ち上がった! 「ざけんじゃ〜ねえ! 清らかなガキどもの頭に、カビ臭い言葉を植えつけるんじゃねーぞ!」………いやいや、せっかくの遠足を血の雨で台無しにしてどうする。座席に腰を下ろしながら「フッ、ザーメンだったらいくらでも噴出させてやるんだがな……」と薄笑いを浮かべた。
 私のガキはまだまだ日本語ができず、先生や友達とのコミュニケーションにも苦労しているようだ。が,それでも今日見た限りでは他のガキどもと楽しそうに駆け回っているようだし、口にする日本語の単語も増えてきた。もう少しの辛抱だろう。クソガキよ、苦労して強くなれ! この私もそうして戦士への道を歩いてきたのだ……。
 そうこうしてる間に遠足は終わり、保育士さんたちのこれ見よがしの笑顔と「さようなら」の声に見送られ、甲冑を身にまとった戦士はガキを荷台に載せてガチャガチャと音を立てながら自転車をこいで家へ向かった。

Comments
 
いや、おれも、カイザーさんが書いているようなことを暗にほのめかしているのかと思ったのですが……。
 
不覚にも声を上げて笑ってしまった。
 
ま、オーバーに書いてはいますが、幼稚園のようなミルキーな雰囲気の中だと自分が重々しい異物に思えてくるのは事実だったりしますv-410
 
荒井師匠のことだから、若いお母さん達見て、てっきり欲情していたのかと・・・。
で、ご立派な剣は、ピクリとも動かず 本当に終始収まっていたんですか?
そりゃ、何よりであります。
 
ま、まあな……ハハハv-413
 
まあ、生命を肯定する以上、自らの欲情も肯定するわけですから、そう理解してはいけないとはいいませんが………v-406
 
いや、もっと積極的に肯定すべきだと思います。荒井師匠の姿が眼に映ります。
のりや、考えが正反対で違和感を感じざるを得ないお母さん方に、それなりに欲情してしまうというのは、キリスト教に根源をもつ理性的発想の領域では許されないことかもしれませんが、しかし、ヒトも動物と同じ脳を持ってはいるので、「性」じゃなかった、「生」を肯定する祭りの戦士としては、単にそれはやむ終えないものとあきらめるという世界に甘んじるのではなく、むしろ積極的に肯定すべきでしょう。
しかし、ホント、アンビバレントな感情に八つ裂きにされそうになっている荒井師匠の姿を思い浮かべると、それはもう、笑いの世界をはるかに通りこして悲壮であるとしかいいようがありませんなあ。
私も、そういう経験はよくありましたからね。
拷問のような、バスツアーだったのではないでしょうか。
しかし、しかし、なんとも、なんとも、ご苦労さまでありました。
 
ニーチェによれば、能動とは、「人のできる力を極限まで出すこと」であり、受動とは「人のできる力を押さえること」だったと思います。そして、受動とは、能動を爆発させる機能を持つとも。ニーチェは、ニヒリズムに落ちない限りにおいては、能動は勿論、受動も肯定しています。
で、要はね、荒井師匠殿、わたくし流に解釈すれば、若いお母さん達に欲情してしまうのを、その場では受動で押さえ、そしてそれを奥さんに能動的に爆発させれば、それでいいんですよ。
って、スゲー、ニーチェの勝手解釈???
 
だから〜別に欲情したことが問題じゃないって……。確かに私の股間がピクッとする気になるお母さん(私の場合、腰のクビレがポイントです)は何人かいますけど、そのためにアンビバレントな感情を抱いているわけじゃないっすよ。第一、剣という表現で、ナニをほのめかそうとしているわけではないです。ま、舞台裏を明かすと、自分自身のちょっと周囲から「浮いている」感じを重装備の戦士に託して面白く描いてみようってことですよ。
まあ、「浮いている」っていえば、おかあさんたちひとりひとりもそれぞれ人間として居心地の悪さを感じてるはずだし、私だけが拷問を受けているような感覚を持つのは滑稽ですよ。今の女房と結婚してガキを作るってことは、こういう居心地の悪さを積極的に引き受けることを決意したってことでもあるわけですし……。
ですからこの記事に関しては、声を出して笑えとはいいませんが、フフンと笑ってくれたらそれでOK牧場です。
 
タイ・フードフェスティバルって、以前知り合いのタイの会社が出店していて行ったことがあるんですが、結構大規模で中々、楽しめますね。コンサートとかもあったし。でもなにより、お家でタイ料理が楽しめるKenさんが、羨ましい。「パッ カナー プラー ケム」食べたーイ。あっ、後、もし「マムアン カオニアイ」のもち米の炊き方をご存知だったら教えて欲しい。
 
お、OK牧場……バルタンさ〜ん、召還されてますよ〜(って、違うか)。
で、荒井さん! な〜にマジに受け答えしちゃってんですか! って、でも、ほんとそうだよなあ、と思ったことがあって、荒井さんが置かれた状況のみならず、けっこう「誰もが居心地よくは思っていないのに、なぜだかその状況をみんなが維持しようとしている」ってこと、ありますよね。それは、「もしかしたら、居心地悪く思ってるのはおれ(わたし)だけで、そのことを口にしたらますます居心地が悪くなるんじゃないか」という「思い込み」が根っこにあるんでしょうが、宮本さんじゃないけど、もっともっとみんなが「イヤなことはイヤ!」とふつうに言えるようになり、かつ、そのことが何か別種の悪影響をもたらさないようになればいいのになあ、と思います。
 
日曜日に代々木公園に行ってきましたが、すごい人出でした。駐車場探しに苦労しってしまうほどで、電車で行くのが正解でした。
ついこないだ「マムアン・カオニャオ」がうちの食卓にのりましたよ。女房に聞けばご飯の炊き方など簡単にsitaさんに教えることができるでしょうが、いろいろ詰問されて大変なことになりそうです。そのうち「女房を恐れる祭りの戦士」という記事を書こうかと思っているのですが……v-399
 
あれ? ふりだったんですか? まあ、そんなところも融通の利かない重装備な戦士のなすところなのでしょう。
「イヤなことはイヤ!」というワガママを清水の舞台から飛び降りる気分で、足をガクガクさせ、小便ちびりながら叫ぶことが………至高である。
 
斜め前方45度に肩をひねり、つぶやく。
・・・弱虫
 
メソメソ……日本の女性のようにタイの女は優しくないですからねえ。ったく何が微笑みの国だよ……ん? グチってます? 私……。どうやらこのブログのタイトルも『araikenの鬼嫁日記』に変えた方がいいかもしれません。よろしくお願いします。

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS