泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 日記・その他   Tags: エロ  家族  

Response: Comment: 15  Trackback: 0  

魅惑の曲線

 鬱陶しく長い梅雨も終わったようなので、さっそくガキを連れてプールに行ってきた。まあまあ大変な混雑で、ゴザを敷いたりテントを張ったりして消毒薬を入れたちっぽけな水たまりの周りに大勢の人たちが群がっていた。かつてタイのビーチリゾートで、ボロいバンガローに泊まって何日も読書や惰眠をむさぼっていた僕が、市民プールなどというところで、高い金を払って夏の一日を過ごすことになろうとは思いもしなかった。ひょっとして僕はどこかで人生の選択を間違えてしまったのだろうか……(笑)。
 それでも思いもよらぬ美しいものにプールサイドで出会うことになった。……若い女たちのビキニ姿である。(自分で言うのもなんだが……ずいぶんオヤジ臭い書き方だ。)どうしたというのだろう? そんなもの何度も見てきたし、それに取り立てて反応することもなかったはずだ。タイでは白人女性がトップレスでビーチを闊歩していた。だけどそれを眺めても欲情することなどなかった。なのにこの市民プールで見た女の体のなまめかしさは一体何なんだろう?
 白い肌と、細い腰からお尻にかけての絶妙な曲線はほとんど奇蹟だ。この奇蹟的な形態を、よき芸術作品のそれのように何度も何度も目で辿りたい……ああ、できることならこの奇蹟を心ゆくまで愛撫し、味わい、堪能したいと思う。
 こんなに女の体が眩しく映るってのはどういうことだろう? つまり僕のオヤジ化現象が進行したってことだろうか? ……と思って少し考えてみた。

 ようするに僕の女房がこの奇蹟的な曲線を持ち合わせていないってことが問題らしい。なんで僕はプールで出会ったこのような美しい腰を抱けないんだろう? というヒリヒリと焼けつくような感情が自分の中にあることに気がついた。美しい腰の曲線を味わおうと思えばできたはずなのに、いま現実に僕がいつも抱いているのは……肉の浮き輪をつけた女房の腰なのだ。こんなはずではなかった……(涙)。
 ………何のことはない、つまりこれはあの「羨望」という感情なのではないのか? タイのビーチで惰眠をむさぼっていたとき、僕はまだ若かったし、もちろん結婚などしていなかった。美しい腰を味わう可能性は目の前に開かれていたのだ。どうしようもない劣情に襲われたなら呆れるほどたくさんいる美しい売春婦たちの世話になればいいだけのことだった。
 ところがいま僕にはそのような選択の自由がない。どんなデーモンのささやきに惑わされたのか……僕は結婚し、だんだん膨らんでゆく浮き輪を愛撫できるだけになってしまった。いやいや、結婚は妻以外の女との関係を拒絶するものではないだろうとか、女を所有することを意味しないとか、はては婚姻制度自体が廃棄されるべきなのだとかいう原則的な議論が問題なのではない。気性が荒く、異常に嫉妬深いタイ人の妻の前で他の女と関係を持つことは命がけの行動であり、チキンハートの僕にとって他の女の絶妙な腰の曲線を味わうという可能性は、(離婚でもしない限り)現実的にはカフカの『掟の門』のように閉ざされてしまっているのだ。(夫の浮気を知ったタイ人の妻が、逆上して夫のナニをちょん切ってしまった………みたいな話をよく聞く。ところがタイの男たちは浮気をやめないのだという。すごい人たちだ……。)
 どうもそんな理由で女のビキニ姿が眩しく僕の目に焼き付くようになってしまったのではないだろうか? 想像以上に現在の日常が僕には息苦しいものになってしまっているのかもしれない。

 プールサイドで出会った美しいもの………それは僕の満たされぬ欲望の産物だった。もっとも欲望が過不足なく満たされている人などいない。だから男を魅惑する美しい腰の曲線を持った女をエスコートする男だって満たされているわけではなく、どこか居心地の悪いものを感じているはずだ。案外魅惑の曲線を味わうことなんてそれほど楽しいことではないのかもしれない………と理屈では思う。しかし僕の頭の中では白い肌と魅惑の曲線を我を忘れて味わう男たちの姿が、ビキニの女たちとセットでついてまわっている。セックスの経験のないニキビ面の童貞少年の空想の中のように妄想が爆発している。もう42歳だっていうのに……。

Comments
 
にゃるほど、にゃるほど、よーく 分りました。
 
つまり芸術=作品が退屈だってことです。僕らの目に入ってくる芸術は、ほとんど亡霊だと思うんです。ま、ただこれは微妙な所もあって、僕自身好きな作品はあるわけだし、例えばドゥボールにしてもあれほど個人の作品を糾弾しているにも関わらず、(はやしさんも訳している)『スペクタクルの社会』なんて立派な「作品」を出版している。
……が、これを語りだすと長くなっちゃうので、最近始めた『亡霊退治』のシリーズでこのへんを整理してゆく予定です。
内田樹氏を批判して以来、格差社会論とか多様性とか柄にもないことを書いてきましたが、ちょっと心の中で整理がついたような気がして、最近では一度原点に立ち返って芸術関係を攻めたいと思ってるんですよ。ブログとしては格差論とか若者論みたいな話題の方が盛り上がるんですけどね……。
 
あ、そういうことだったのですか。師匠の映画嫌いってのは、結構僕が相場や相場師を異様に嫌うのと理由は似ているのですね。株も、主婦の人が趣味で1株だけ買っているうちは面白いと思いますよ。半ば職業になるとね、ほんと面白くも何ともないというかホント嫌悪感を覚えます。半ば職業にしてから、やたら醜い世界が見えてきましたから。
しかし、美術はともかく、小説もどうして面白くないんですか?
 
子供ではなく僕の話ですが、スペクタクルだって言い出すと僕自身スペクタクルの制作に加担すらしていますから、そもそも話にならないんですよね。だから僕はあまり映画を見ませんが、それはスペクタクルだから嫌いという理由からではなくって、映画がつまんないからなんです。(ついでに言うと、美術も小説も退屈で仕方ないんですね。)
だから僕の子供の場合も「『ビヨンド・ザ・シー』なんてつまらねーよ!」という形で喧嘩になるはずです。きっと……。
 
荒井さんのこのエントリー、凄く男の悲哀を感じさせて、なんか、エロいというより、ほんと心に響きますよ。
今時の若い日本人女性のスタイルとその美しさってのは、一気にグローバルスタンダードを飛び越して、トップクラスになりましたね。 日本人女性ってのは、スタイルにおいて今は35歳くらいで、旧スタイルと新スタイルの境界線があります。それで、今の40を越えたオヤジってのは、自分が若き時にも新スタイルの女性を、ご馳走になれた人は本当に少ない。まあ、風俗通いする人は別でしょうがね。
10年前は、私もあと5年遅く生まれたらご馳走になれたのに「くそう!」と思いましたし、カイシャで5年前だったかな?10歳以上年下の美しい才女に言い寄られたときは、思わず、生唾を飲み込みましたよ。口を開いていたら、涎を垂れていたかも?(笑)
家内がいなかったら、絶対に据え膳を本能的にパクリと食べちゃったと思います。
それを、思いとどまらせたのは、一応私は人として家内を尊敬してますし、その築いている信頼にだけは絶対にひびを入れたくないという想い、それだけだったと思います。
だから、奥さんと相性が、どうも宜しくなさそうな、荒井さんの気持ちは痛いほどよく分かりますよ。
しかしね、悲しいかな、私の場合、最近新スタイルの女性見ても、特段何も思うこともなくなってきました。要は、男として枯れてきたんですね。このエントリを読ませてもらって、荒井さんって、私より大分生物として若いんだなあと思いました。
しかし、師匠、ほんと、男も生物ですから、師匠のような元気いっぱいの生物でも、いずれ近いうちに枯れ始める時期ってのは、絶対に訪れます。
枯れ始めて、思うことがなくなりだした私が幸せなのか、それとも、まだ、抱きたいと思える生物として元気な師匠が幸せなのか、ほんと考えさせられますね。いずれにしても、中年男の悲哀以外の何物でもないですね。
 
中年男かあ……気持ちだけは20歳なんですけど、もう中年に違いないですよね。
 それにしても簾満月 (なんて読むんすか?)の兄貴、40代そこそこで枯れ始めちゃったってのは、いくらなんでも早すぎるのでは……? 気持ちの問題じゃないでしょうかねえ。私の場合、確かに微妙な肉体の変化を感じてはいますが、当分の間生物としての能力に苦しめられそうです。
 そういえば兄貴の子作り計画はその後どうなりました? まさか枯れちゃって何も出ないなんてことはないでしょうね。私でよければ兄貴の奥さんに精子を提供しますが……いかがでしょう?
 
敬虔なキリスト教信者(・・・ははは、勿論ウソです)の私は、最近ホント生殖能力は一切自分の子孫を残すこと以外に使いませんし、また、使おうとも思わないのですが、子供は残念ながらまだ授からないですね。
枯れ始めたってのは、疲労の蓄積や睡眠不足によるところが大きいと思います。
それから、なんぼなんでも
>枯れちゃって何も出ないなんてことはないでしょうね。
とか、バイアグラのお世話にならないといけないってことはありませんので、ご安心ください。
電車に乗っていても、若いフツーの綺麗な女性見て、エッチなことの一つも考えないって(って言い切ると誇張があると思いますが、まあ「あっ、そう」って感想で終わるって感じですかな。少なくとも、ググってきたり、欲情したりはしない。)のは、それなりに面白い世界ですよ。
どっか、はやしさんに似てきたかな?
もしかして、はやしさんが、ANKKを実は開発していて、脳を私に移してくれたのかも?
それにしては、俺のおつむは低脳のままだし、ANKKは、まだ、実験段階で完成はしてないってことかな?(笑)
それから、師匠のお子さんは、頂いても多分、俺 育てられないですよ。
子供に映画の「ビヨンド・ザ・シー」を見せたら、「これ、スペクタクルだから嫌い」って、言われそうだし、それで「お前は、エロもののスペクタクル映画は、こっそり見ていやがるくせに」とか私が言い返して、喧嘩が絶えないと思いますから。
 
藝術関係の話、ひどく楽しみですな。というか、ぼくのほうでも、前振りだけしてある「政治と藝術」論に手を付け始めたい。
 
マイペースでやってゆきましょう。
前から気になってたんですが、いつもはやしさん、「芸術」っていう言葉に難しい「藝」って文字を使ってますけど、なんか意味あるんですか?
 
「藝」と「芸」、自分でも何だか気どっているようでイヤなんですが、ごく単純に言って、「藝」と「芸」というのはまったくちがう字だ、ということです。それなのに、文部省だか国語審議会だか知りませんが、「有識者」の判断でなぜだか同じ字扱いされている、というのがどうにも我慢なりません。
まあ、それを言い出したら、色々と問題含みな字はたくさんあって(とくに「国」という字を書くのはかなり抵抗があります)、キリがないのですが……。
 
araiさんは奥さんが日本語読めないことを前提にこういうエントリを書いておられるんですよね。
うちも「雅子」がパソコン、ケータイ音痴ってことを前提に今までやってきたんだけど、ここんとこ様子が変ってきちゃっててさ・・・
はやしさん 
にゃるほど、にゃるほど、よーく 分りました。………なんつって、僕はそんなこと考えたこともなかったので、へえーて感じです。「芸」のほうが軽業っぽい感じですね。
宮本さん 
もちろんそうです。僕の女房は日本語はおろか、タイ文字も読めないし(僕が教えています)、驚いたことに数字を読む速度も遅いんです。ですから宮本さんのような状況の変化は起こりそうもありません。……が、読めないだけに僕がパソコンに向かっていると、どこぞの女と連絡をとっているとの妄想を生むらしく、別の意味で攻撃を受けて疲れきることになってしまうんです。
戦士ともあろうものが………(涙)
 
うちは、その点平和ですなあ。抜き打ちで検閲が入るのはあたりまえだけど、検閲入るのって、嫌でも何でもないし。メールボックスも完全にお互い見放題だといえばそうだし。まあ、お互い相手のメールは読まないという最低のマナーは守っていますが。ネット書いていて、家内の手前困ったってあんまないですよ。
 
そのくらい信頼し合えているといいですよね。何たってこちらはひとりで出かけることもできないし、電話がかかってくるたびに誰からの電話だとチェックが入る有様です。タイの男の浮気性は有名だけどオレまでいっしょにしないでくれよ……。
おっと、泣きが入ってしまいましたね。それにしても常日頃、粘膜や性器をこすり合わせている仲なのに、お互いの世界はこれほど違うのだと驚くばかりです。
そんなわけで今日も祭りの戦士は、女房子供が寝静まった頃に、生命を肯定するため磨き抜かれた剣と炎の意匠を施した甲冑を身にまとい、コソ泥のようにMacのスイッチを入れ、キーボードを叩き始めるのであったv-408

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 61
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 24
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS