泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: ニュース・時事など   Tags: タイ  家族  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

クーデター

 ご存知のようにタイでクーデターがあった。ずいぶんのどかなクーデターだったようで、僕のタイ人の女房がバンコクにいる姉ちゃんに電話して様子を聞いたようだが、当のタイ人もあんまり関心がないみたいだった。
 タクシン元首相について僕は何も知らないが、バンコクの中産階級はともかく、田舎の農村ではなぜだか人気がある。僕の女房も何の根拠があってなのか(多分、女房の身近な人たちがみな好きだからという理由しかないと思う)タクシンがお好みのようで、今回の事件に納得がいかない様子だ。
 はっきり言ってタイの田舎の農民なんてホントに頭の中カラッポで、何にも考えていない。国王の崇拝にしろ何にしろ、理由もなく偉い人をあがめているとしか思えない。どうせタイ農村の恒常的な貧しさは首相の蓄財とダイレクトに繋がってるんだろうに……。
 僕が一生懸命仕事してる横で、メシ食ってる目の前で、いかにタクシンがいい首相であるか、経済を良くして貧しい人たちを助けたか、タクシンがタイに帰れないなんてことはあり得ない、見ててごらん…新政府は必ずそのうちにボロを出すはずだ………と、女房がうるさくまくしたてている。バカの政治談義ほど退屈で苦痛なものはない。「つまらん! お前の話はつまらん!」と大滝秀治のように怒鳴りたいところだが、そんなこと言うとヒステリックな反撃にさらされるだけである。たしかに数年もすれば新しい権力者の汚職が明らかになるんだろう……そこだけは僕も同意する。だからさ……あ〜ハイハイわかりました。すいませんでしたね、クーデター起きちゃって……。悪いんだけど、あんまりタイの政変なんて興味ないんだよ。ね、お願いだからもう僕をそっとしておいてください。

Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS