泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  芸術  シチュアシオニスト  

Response: Comment: 12  Trackback: 0  

スペクタクルの社会 断章210


文化を現実に否定することによってのみ、文化の意味を保存することができる。文化の否定はもはや文化的ではありえない。文化の否定が依然として文化のレヴェルに何らかのやり方でとどまるのだとすれば、そのようにしてであるが、その場合、文化という言葉はまったく異なる意味で理解せねばならない。


 お気づきかもしれませんが、僕が<亡霊退治>のシリーズで長々と書き綴ってきたことは、この短い断章のひとつの注釈だったということです。

Comments
 
このところ、また爆弾テロとか銃撃とかのニュースが続いてますね。
新空港の滑走路の亀裂も広がってて、壊して作り直す話まで出てるとか。
つか、まだタイ?
おお、ご無事でなにより。 
ネーションの記事をチェックしてます。内政問題として報じられてますね。人々の様子はどうですか? 無差別の爆弾テロでは、マイペンライ、というわけにはいかず、嫌でも政治的にならざるを得ないのではないかと思いますが。
みーさん。。。 
。。。どうもです。
みーさんのみなならず、他の人からも最近の僕の文化論が難解だという指摘を受けています。確かにある程度の前衛芸術の知識を前提として書いていますので、とっつきにくい記事になってしまっているのは理解しているところです。僕にとって専門性みたいなものはどちらかといえば否定すべきものなのですが、まあ人には過去があって、文化・芸術論は僕が一番つっぱれるテリトリーであることは間違いなく、精一杯つっぱった結果、畑違いの人には難解な記事になってしまったということかもしれません。
ですが僕は常に単純明快でありたいと考えています。何かの機会に単純なゼスチャーで自分を表現したい。。。いや、今もしているのかもしれない。しかし、単純であろうとするほど。。。単純さゆえの難解さというものもあって、そのような意味の難解さであれば、それは僕の追求するところでもあります。
しかしまあ、僕のどの記事にも(金太郎飴みたいに)araikenという一人の人間の生理が表現されているに過ぎないわけですから、結局のところもっとわかりやすく、一般受けする、例えば内田批判なんかと書いてることは基本的には何も変わりないわけです。そちらが理解いただけるなら僕の文化論もけっして理解を越えたものではないと思います。根気よくお付き合いいただければ幸いです。
うーむ。。。 
街は至って静かですが、これはは正月でみんな帰省してるからです。ですので会社の若い子達の反応も4日まではわかりません。僕はテレビを見てないので、どの程度のニュースになってるのかも不明です。あと、僕の身近にいる人たちはみな田舎者ばっかりなので、事件に関心があるのやらないのやら。。。爆発の日は道端にテレビとVCDプレーヤーを持ち出して水割り片手に田舎の音楽で踊ってましたよ。。。。あ、僕もちょっとだけお付き合いで踊っておきました。
。。。って何の情報にもなってねえぞ! すいません。
chankinさん 
あけましておめでとうございます。
いまタイの会社で働いていて、会社のPCを利用してこれを書き込んでいます。慣れないウインドウズのIEで自分のブログを見ていると、本当にガッカリです。こんなとき無性にMacが恋しくなります。
私のほうも最近忙しくてchankinさんのブログもRSSリーダーでのチェックだけになってしまっていますが、暇ができたら飛んでゆきます!
 
araikenさん、私の浅薄な知識では正直わからない。もっとやさしい言葉で何を言っているのか教えてください。
おめでとうございます。 
明けましておめでとうございます。と、たくさんのところで書いたり、言ったりしておりますが、世の中はもう一つの意味での「おめでたい」事がたくさんあって、日々いろいろと考えを巡らしては楽しんでおります。世の中には、この「おめでたさ」があるから、生きていけるのではないかと思ったりしております。
araikenさんがブログを移られてから、以前より立ち寄らせていただく頻度が少なくなっておりますが、なるべく目を通して勉強させていただきたいと思っております。本年もよろしくお願いします。(^_^;)
どうもです。 
こんにちは。久しぶりのコメントの連投です。
今はタイですか・・・。臆病な僕には外国で仕事をする事なんて想像も出来ず、諸外国で働く日本の方を見ると「凄いな」と単純に思ってしまいます。聞くところによると日本には無いような病気もあるそうですが、くれぐれもお身体に気をつけてください。
>ウインドウズのIEで自分のブログを見ていると、本当にガッカリ
僕も時々Win+IEで見る事がありますが、この気持ち解ります。(^_^;)
仲間内で「よくWinを使っている人達はこれで我慢が出来るなぁ」なんて話したりしていますが、元々Winしか知らない人にはそれが普通なのでしょうから、我慢も何も無いのですね。(^_^;) osakaやヒラギノは素晴らしい。
はい、そのように読ませていただきました。 
「私」は一体どんな世界に生きているのか、に自覚的でありたいと思っています。
「象徴的なものの疎外された在り方=『スペクタクル』に対して、現実性からの正当な回路、現実性への正当な回路を持った象徴的なものを対置することによって、疎外された象徴的なものを、他ならぬ象徴的なレベルで批判し、その象徴的なものの疎外された在り方と結びついている現実的な諸関係を変革するための条件を獲得する。これが、象徴的なものの固有のレベルにおける闘争、象徴闘争である。」(現代思想2000.5櫻本陽一)
それがどんな表現なのか、一切不明ですが、私の課題であります。
そう、そしてみんなの課題であって欲しい! 
それがどんな表現なのか。。。とりあえず「表現でない表現」、「作品でない作品」というような奇妙な答えを用意しつつ、2007年に突入してゆくのであった。
けいこさん、そして皆さん、あけましておめでとう! といいたいところですが、バンコクで爆弾テロが発生したとのニュースが。。。。死者も出ている模様。現場は結構身近な場所のようですが、今のところ僕は無事です。
chankinさんどもどもです。 
確かに野球やサッカーの選手みたいに異国で働き結果を出すってのは感心してしまいますね。僕の場合はすでに勝手の知った国に来ているわけですし、仕事も日本でやってるのとほとんど同じことですから、実はたいしたことないのです。むしろ日本にいるより楽な面もあったりします。その辺のことは追々報告しようとおもっています。
ではでは。
おっと、いかん! 
帰国の報告を忘れていました。とっくに日本です。
が、再び渡タイの準備中です。ビザを申請しようとして調べて驚いたのですが、タイのビザ発給がずいぶん厳しくなってます。なんでもかんでもノープロブレムの国ではなくなっていた!
観光ビザ、ノービザでの長期滞在は難しそうです。ちなみに観光ビザでのタイでの労働は違法です。ウ〜ム……社長に相談せねば………。

08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 65
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS