泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03


南国で闘う祭りの戦士 そして/あるいは産業戦士

 また、タイに来てます。。。働いてます。今回は少々滞在が長くなる予定なのですが、ビザの取得のめどが立っていないので、いつまでいられるかわかりません。こればかりは会社の協力なしにはどうしようもないので。。。

 久々に固定給で仕事をしています。ありがたいのは日曜日がゆっくり休めることです。これで本を読む時間もできました。「<帝国>」をはじめ、読めずに放っておいた分厚い本を3冊ほど日本から持ってきたので、しばらくは読む本に困らないでしょう。

 せっかくタイに来てるので、タイ語をもう少し磨きたいという目論見があります。それと自分用のパソコンとフォトショップをあてがわれているので、いい機会だから少しいじってみようと思ってます。

 それもこれも長期滞在が可能であればの話です。まずは今月観光ビザを取りにタイを出国しなければなりません。目的地はラオスのビエンチャンに定めています。幸いなことにこれまでラオス入国に際して必要だったビザが、日本人に限りいらなくなったとのこと。。。無事タイの観光ビザが取れますように!


Comments

では、お答えいたす。
コジェーブ 「精神現象学読解」(だったっけ?)と、
アドルノ ホルクハイマー「啓蒙の弁証法」です。
上のは、バタイユや岡本太郎も聴講したといういわずと知れた名講義。下は、それほど分厚い本じゃないけど、この間はやしさんのとこで名著だと話題になってたので、、、ほこりをかぶった本を引っ張り出して持ってきました。
ほかにポンティの「知覚の現象学」を持って来ようと思ったんだけど、荷物が多すぎて断念。かわりに「ドイツイデオロギー」(岩波文庫)をポケットにつっこんで持って来ました。
もう買ったけど読んでない本ばかり(笑)。あと、こいつらをちゃんと読めるかどうかは、ビザの取得状況次第ということになります。
<帝国>」をはじめ、読めずに放っておいた分厚い本を3冊
あと2冊は何か、気になりもうす。
チャイ クラップ
タムガーン ユー ナ クラップ
クン ユー ティナイ カ?
クルンテープ ナ カ?

Leave a Comment


Body

目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 63
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 1
最新のコメント
Twitter
タグcloud
 
アクセスカウンター
   




 
 
プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。


 

link rel=