泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 旅行・タイなど   Tags: タイ  ラオス    

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ボーダーレス

 ヴィエンチャンからバンコクへの帰り道。ノーンカーイからバンコク行きの長距離バスに乗ったのだが、そのときの乗客の民族構成がちょっとした見ものだった。まず当然ながらタイ人、そしてタイに働きに行くラオス人、白人や日本人のツーリスト、それに加えて労働目的のフィリピン女性のグループ、国籍はわからないがやはり労働目的と思われる黒人、、、バスの添乗員のタイ人もへたくそな英語で一生懸命対応していた。一体いつからノーンカーイはこんなインターナショナルな町になったんだ?
 15年ぐらい前のことだが、私はノーンカーイを訪れたことがあった。メコン川のほとりから対岸のラオスを拝めるということぐらいしか売りのない小さな田舎町だった。当時インドシナ諸国はツーリストに対してその門戸をがっちりと閉ざしていた。気軽に旅行できる土地になったのは本当につい最近のことだ。ラオスも時の移り変わりとともに旅行者を受け入れ始め、今では日本人ならビザなしで訪れることもできるようになった。
 旅行者以外でも、何らかの理由でタイに長期滞在する人はビザの申請や更新のため近隣の第三国へ出国する必要がある。長いことマレーシアのペナンがもっとも手軽なビザ取得の地として有名だった。しかしインドシナ諸国が国境を開き始めるとともに、バンコクからの距離の関係で陸路でもっとも気軽に行ける第三国の首都としてヴィエンチャンがクローズアップされてきたということだろう。こういう理由でヴィエンチャンノ対岸の町ノーンカーイのバスターミナルに多国籍の人々が集まるということになったわけだ。

 一応私には外国人の女房がいるので、普段からある意味ボーダーレス的な環境にいるわけなのだろうが、このバスのごちゃ混ぜ感が、ちょっと愉快に思えた。<帝国>にも書いてあった、合法、不法を問わない国境を越えた労働力(マルチチュード)の移動という現実を強烈に実感する。いいも悪いもない、これはもう引き止めることのできない時代の趨勢なのだ。、、、そして、私自身も、、、大きな声では言えないが、晴れて国境を越えた不法労働者となったわけだ。めでたしめでたし。

Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS