泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 日記・その他   Tags: Thai  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

口が重たい

 限られた時間の中でコツコツとタイ語の勉強を続けている。外国語会話の上達の秘訣は、、、そりゃもう、ひとつでも多く言葉を覚えて、積極的に使い、外国人の生活と言葉のリズムの中へ入り込むこと以外にはないと思う。まさに今、私は外国語上達のチャンスを手にしている、、、はずだ。
 、、、にもかかわらず口が重たい。タイ人とタイ語で話すのがかったるくって仕方がない。はっきり言ってタイ人との間に話題なんてないのだ。女房の家族のくだらない世間話に加わる気などおきないし、会社の若い子達と盛り上がる話なんて大してあるわけじゃない。自国語のようにもはや空気になってしまった言葉は、軽々と口にすることが出来る。何気ない冗談を言ったり、くだらないおしゃべりにも疲れることなく参加できる。しかし片言の状態では、冗談を言うにもまず考え、気合を入れて話し始めなければならない。それがすごく億劫なのだ。だから最近すっかりタイ語無口状態が続いている。仕事や日常生活に必要な最低ラインの言葉しかしゃべってない。
 それでもタイ語の勉強は続けている。テレビのニュースやドラマの内容が理解したい。会社の子達の会話の内容をすべて理解したい。。。ようするにタイ語を空気のようにしていまいたいのだ。が、そのレベルへとジャンプするのは、もちろん容易なことじゃない。それこそ用もないのにタイ人に話しかけるぐらいの積極性がなければと思うのだが、、、口が重い。
 けっこう私はタイ人が嫌いなのだろう。深く付き合おうとするほど手ごたえのなさを感じてしまう。もがいても何も引っかかってこない底なし沼のようなタイ。それでいて気の休まるタイ。軽くて心地よい色気のある女たち、しかしホントはこわーい女たちのいるタイ。私はそんなタイ人との間にもう子供まで作ってしまったのだ。すでに底なし沼にはまってしまっているのだし、この人たちとこれからも付き合ってゆくしかないのだ。
 幸い言葉の学習は何語にしろ楽しいものだ。このまま坦々とタイ語の勉強だけは続けてゆきたいと思う。

Comments

04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 2
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS