泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: アート・建築・デザイン   Tags: 芸術  

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

日本男児

 えー! こりゃあんまりだあ。

 私もネオダダやハイレッドセンターの頃の赤瀬川のファンです。脱力した人柄ですが、作品には不思議な緊張感がきらりと輝いていました。梱包や複製みたいなモダンアートの造形言語はわりとポピュラーなものですが、例えば有名なクリストの梱包なんかより赤瀬川の梱包作品のがよっぽど生々しくて面白いと思います。
 しかし千円札裁判以降徐々に赤瀬川の活動から気が抜けて行くように感じていたのも事実で、老人力なんて言うに及んで脱力というより耄碌してしまったのかと思っていました。
 ですが猿虎さんの報告にはさすがに目を疑いました。おやおや一体どうしてしまったんでしょう? これでは前衛の恥知らずな堕落であり、前衛という言葉への裏切りです。読んでみないことにはコメントのしようがありませんが、何かの間違いであって欲しいと思います。

Comments
ごぶさたしてます 
脱力の表情に凄みを感じることがよくあるんですが、そういうのってやはりその表情の下に何かただならぬ魔物や、緊張が隠れていたり、状況とか文脈との関係の結果そうだったりするものだと思うのです。しかしこの様子ではほんとに気が抜けきって腐臭すら放ちはじめているようでガッカリです。
変節なのか、はじめからそうだったと考えるべきなのか、それともほんとに耄碌してしまったのか、、、
こんにちは 
いや、立ち読みしただけなんであれなんですが……。
たしかに、ある時期以降は、「脱力」ばっかりで今ひとつ面白くないな、とは思っていました。が、今回のを読むと、そういうレベルじゃなくて、なんだか開き直りを「こじらせ」ちゃっているというか、そんなところに行っちゃっているように感じました……。

04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 2
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS