泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 旅行・タイなど   Tags: タイ  ラオス  家族  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ไข่มดแดง

ラオスでのビザ申請とソンクラーン(タイ正月)で田舎への帰省のため一週間ほどバンコクを離れました。
 ラオスでの今回のビザ申請は、今までと違って観光ビザではなく、配偶者ビザの申請です。女房の田舎の役所で婚姻証明などを取りそろえ、会社に用意してもらった金を女房の(いつも空っぽの)銀行口座にぶち込み、銀行で預金証明を作ってもらい(タイに40万バーツ=120万円以上の預金がないと結婚しててもビザを出してもらえないのです)、移転して広々したヴィエンチャンのタイ大使館領事部でビザを申請。、、、不備がないかと心配していたのですが、受付の人は書類にザッと眼を通して受理、翌日あっけなく配偶者ビザをGETしました。ただこのビザは滞在3ヶ月というしょぼいもので、それ以上の滞在のためには、またいろいろ書類を集めて入国管理局で延長手続きをしなければなりません。審査もかなり厳しいという噂です。どうなることやら。

 さて、領事部から出たあとは、バンコクで屋台をやってる女房の姉ちゃんの所で働いていたラオス人の自宅をバイクに乗って訪問しました。ヴィエンチャンの中心部から30キロぐらいあったでしょうか、、、森を切り開いて作っている、次回のASEANシーゲーム(東南アジアスポーツ大会)の競技場の建設地の横を抜け、どこまでも続くかのような真っ赤なラテライトの土がむき出しの道を突き当たりまで走ると、小さな村に到着。
 村の様子はタイと変わりませんが、部屋の中は殺風景でした、、、タイには日本と同様、モノがあふれているのだなあと感じます。キッチュとかガジェットとかいう言葉は、いまだラオスの田舎とは無縁でしょう。
 飯のときには私の好物が登場。
 ไข่มดแดง(カイモッデーン)、赤蟻の卵です。口の中でプチプチとつぶれ、これがなかなかの美味。よく見ると蟻の成虫が生きたまま皿のなかを動いています(きれいに撮れませんでしたが)。
 ガキ2号は、フランスパンがお気に入りのようでした。

 バンコクに帰ってみるとまたまた非常事態宣言発令だとか、、、。赤服(タクシン派)のデモがかなり過激化したようです。田舎の人たちは皆さん農村の貧困解消を政策のひとつの柱としていたタクシン元首相が大好きなのですが、ソンクラーン中は賭け事に夢中で政治どころではないのか、赤服の活躍のことなど耳にも入ってきませんでした。しかしまあ現在、バンコクの街はいつも通りという印象です。
 仕事があるので私は女房子供より一足先にバンコクに戻りました。今日はもうガキの学校の始業式なのですが、いまだにあいつら帰ってきていません。あれほど月曜日から学校だと言っておいたのに。クラス替えや新しい担任の先生の着任、教科書の配布があるから必ず戻れ、と。
 あれですよ、タイの貧しい農民にとって「学校」なんて、私たちにとってそうであるようには意味を持ってないんですね。女房自身もろくに学校行ってないし、ちっちゃいころから競争の始まり、学校へ行ってないと病気扱いされる日本とは別世界です。毎日子供に早起きさせて、ケツをたたいて学校へ行かせている私にむかって「雨の日ぐらい、学校休ませればいいじゃないの!」と、女房は怒ったことがあります。、、、いや、雨の日ぐらいって、そういうことじゃないと思うんだけど。
 
 おやおや、早速学校から私の携帯に連絡が入りましたよ。。。

Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS