泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 日記・その他   Tags: タイ  思い出  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

毛ジラミ退治

 最近のチンチンかいかいの経験のおかげで、若い頃、タイで売春婦からもらった毛ジラミとの格闘を思い出した。股間にチクリチクリと痒みが走るのでおかしいなと思ってパンツを見ると、小さな血のシミがいっぱいついていた。まさかと思って調べてみると、陰毛の中に小さな卵らしきものがくっついている。あ、と思ってよく見ると、陰毛の根元の部分に毛ジラミがしがみついているではないか。というか、毛ジラミなんて見るのは初めてだったわけだが。
 こいつらがちょっとひっかいたり、風呂に入ったぐらいでは離れてくれないのだ。薬があるのだろうが、恥ずかしくて薬局でなど買えない(バルサンを股の下で焚くと効くという噂だが)。だが、陰毛ごと引っこ抜くと、毛根の部分に一緒にくっついてきてしまうことがわかり、文字通り虱潰しに毛ジラミのついた陰毛を引っこ抜き、鉛筆の後ろの平らな部分で潰していった。プチ、という感覚が手に伝わるのが、サディスティックな快感で、程なく殲滅。オレサマの血を吸おうなんて100万年早いぜ! もっと進化してから来るんだな、フフンと、暴君ぶりを発揮して、情けない経験は小さな武勇伝となり妙な満足感が残った。

 それにしてもこいつらスゲエよなあ。陰毛と陰毛がこすれ合ってるわずかな瞬間に行動を起こし、他のヤツの陰毛の中に乗り移って、根元にしがみついて血を吸うんだから。ユクスキュルの本に出てくるダニの話を思い出してしまう。いやあ、生命って偉大だ。
Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS