泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 5  Trackback: 0  

何かが違う!

 内田樹 『ニーチェとオルテガ 「貴族」と「市民」』

 有名な大学の先生の一文だ。何度か読んでみたんだけど、どうも奇妙な文章に思えてしまう。内田さんの趣旨は、不当に誤解されているオルテガの考え方を評価しなおそうということだと思うんだけど、僕はオルテガを読んだことはないし、内田さんがオルテガに託して語ろうとしていることについては、とりあえず何も言わないでおくにしても………オルテガを持ち上げるために出してきたニーチェの貴族主義の解釈は、通俗的だし首を傾げたくなるようなシロモノだ。
「勝ち誇った自己肯定」はニーチェにおいては「貴族」の特質とされていた。オルテガにおいて、それは「大衆」の特質とみなされる。
ニーチェの「蓄群」は愚鈍ではあったが、自分が自力で思考しているとか、自分の意見をみんなが拝聴すべきであるとか、自分の趣味や知見が先端的であるとか思い込むほど図々しくはなかった。ところが、オルテガ的「大衆」は傲慢にも自分のことを「知的に完全である」と信じ込み、「自分の外にあるものの必要性を感じない」まま「自己閉塞の機構」のなかにのうのうと安住しているのである。
ニーチェにおいては貴族だけの特権であったあの「イノセントな自己肯定」が社会全体に蔓延したのが大衆社会である。
 
 自己肯定と自己充足ゆえに、彼らは「外界」を必要としない。
ニーチェの「貴族」は「距離のパトス」をかき立ててもらうために「劣等者」という名の「他者」を必要としたが、オルテガの「大衆」はそれさえも必要としない。彼らは「外部」には関心がないからだ。

 内田さんはここで、ニーチェの言うところの「貴族」の自己肯定とオルテガの言う「大衆」の自己肯定をイコールで結んでいる。で、自己肯定ゆえに「外部」を必要としない、というニーチェの自己価値化の手続きが、いつのまにか「外部」に関心がないという傲慢な大衆のあり方、つまり自己満足や自己閉塞と混同されている。
 たとえ「大衆」の特徴を述べるために自己肯定という言葉を使っているにしろ、ニーチェが言うところの自己肯定という言葉の意味とは全然別物のはずである。
 それに、ニーチェの言う「貴族」は、「貴族」であるために(「距離のパトス」をかき立ててもらうために)「劣等者」という名の「他者」を必要とした、ということなんだけど、そのような「他者」を立てることで、自分の存在を肯定するというリアクション的な手続きは、むしろニーチェの言うところの「奴隷」側の価値評価なんじゃなかったっけ? 
 むしろ、自己肯定、自己価値化、という「貴族」的な価値評価というのは、そういった「劣等者」という名の「他者」を必要としないからこそ、自己価値化だったはずだ。また、
 
ニーチェとオルテガの分岐点は、この「選ばれてあること」とは「他の人々よりも多くの特権を享受すること」とか「他の人々よりも高い地位を得ること」、つまり「奴隷」に対する「主人」の地位を要求する、というかたちをとらない点にある。それどころか、彼らにとって「選ばれてあること」の特権とは、他の人々よりも少なく受け取ること、他の人々よりも先に傷つくこと、他の人々よりも多くを失うこと、という「犠牲となる順序の優先権」というかたちをとる。

 ニーチェが貴族の復権をむなしく説いてから………

そして、
 
ニーチェ的貴族の条件は最後には「人種」概念にまで矮小化した。

 と内田さんは述べている。確かにこの辺りがニーチェの怪しいところではあると思う。ニーチェが、「貴族」という言い方で、現実的に『「他の人々よりも多くの特権を享受すること」とか「他の人々よりも高い地位を得ること」、つまり「奴隷」に対する「主人」の地位を要求』し、『ニーチェが貴族の復権をむなしく』説き、その条件を人種的な問題に還元してしまったとすれば、彼は限りなく気違いに近い人と言われても仕方がない。実際そうとられても仕方がないようなことも言っているし、ニーチェ自身混乱もしていたのかもしれない。しかし………
 
当時の左翼知識人たちは、オルテガが社会を「大衆」と「貴族」を二分して、少数派の「貴族」に未来を託すという、まったく歴史的階級状況を無視した政治的提言をなした反動的思想家とみなして、その主張を一笑に付した。
ただ、彼らは一つ重大なことを見落としをしている。
それはオルテガが「大衆」とか「貴族」と呼んだのは、人間の「集団」のことではない、ということである。
オルテガが「大衆」とか「貴族」と呼んでいるのは、一人の人間の中に存在する複数の「ファクター」のことである。

 と、内田さんはオルテガを擁護しているが、この言葉はそのままニーチェの思想にも適用していいんじゃないだろうか? 「貴族」とか「奴隷」とかいう言い方は、レトリックとして読まないと、ニーチェの思想の真の射程……貴族的な自己価値化という観念のもつ射程……は見えてこないように思う。(このへんは僕も裏付けをとるべきかな?)
 それに、はじめに内田さんが述べていたニーチェの言うところの超人道徳の特徴………
 
ひとつは、倫理を静態的な「善い行為と悪い行為のカタログ」としては定立せず、「いま、ここにおける倫理的なる行動とは何か?」という問いを絶えず問い続ける休息も終わりもない絶望的な「超越の緊張」として、ひたすら前のめりに走り続けるような「運動性」として構想したことである。
いまひとつは、倫理を、万人がめざすものではなく、「選ばれたる少数」だけが引き受ける責務として、「貴族の責務」(noblesse oblige)として観念したことである。

 ………ここで言う貴族性は、とても「外部」に無関心な自己満足的なものには思えない。このように生きる人はむしろ、オルテガの言う「エリート主義」同様、他の人々よりも先に傷つくこと、他の人々よりも多くを失うこと、という自己犠牲的な生き方をしているように思えるのだが。

 さて、うまく言いたいことが言えたのか自分でも疑問ではあるが、ようするに、僕がこの内田さんの文を読んで、まずパッと感じたのは、オルテガが不当な理解をされているのを告発するのに、ニーチェの不当な理解をもってしているのではないか、ということだ。

Comments
 
明日から3連休です。
みんな何して遊ぶの?おいらは寂しく一人でネットにいます。
そーいえばクリスマスです。トホホ!
http://projsex.com/
 
はじめまして。荒井さんが仰る通り、ニーチェは「貴族の復権をむなしく説いたり」していないと私も思いますよ。私は白水社のニーチェ全集全部読みましたが、ニーチェが内田氏述べるところの「他者を支配することでの外形的な支配者としての貴族」を復権させようとしていたところは全く見当たらないのですが…。寧ろ物凄い勢いで批判しまくりって感じです。ニーチェの貴族を気取る反ユダヤ主義者達に対する彼の罵倒とか痛烈を極めていますよ。ニーチェの貴族は、自らの状態や行動を自らの責任として主体的に引き受けるという自己責任の倫理として基本的に説かれていますね。
 
kagamiさん、ようこそ、はじめまして。
ですよね〜。ナチズムの元凶とされたり、私の友人にも「ニーチェなんてキチガイじゃないか。」なんていう人がいるんですけど、しっかり読めば読むほど全然問題が違ってる、って感じてしまうんですよ。確かにニーチェは難解というか、ニーチェの経験を共有し理解するということは、読者の人間的なレベルも問われているようなところがある。それだけに、内田樹氏の月並みな読みにはがっかり、いや、少々愕然とした次第です。
え? ニーチェ全集を全部読んだ? それはすごい! 僕もしっかりと読んでゆきたいと思ってます。ま、以後ともよろしくということで………。
 
内田樹先生のしているような俗流ニーチェ誤解は、哲学の学界では既に完全に否定されているのですが、これにきちんと真摯に反論した著書としてはドゥルーズの「ニーチェ」がお勧めです。ニーチェの思想について短いながらも分かりやすさを心掛けて、真摯に書かれた文章、ニーチェが目指した指標を示している極めて良書だと思います。もし御機会御座いましたら是非ご一読をお勧め致します。ニーチェの研究者でもあった実存哲学者のヤスパースなども同じようなことを書いていますが、ニーチェは自身の優しさと優しさ故の弱さにとても苦しんで、なおかつそれを認める(自らの優しさ・弱さ故の苦しみについて、その苦しみの責任を他人に転嫁しない)ことの出来る強さを持っていた人物だと思いますね…。著作や生涯を追うと、ナチズムと思想的親和性を持っていると感じられるのはニーチェではなくオルテガの方ですね。ニーチェから他者への共感(心から自然に湧きあがる優しさ)を引いて、誇り高さという強さの洗練のみを最も重視して作られたような感じの哲学ですから。
http://www.sanynet.ne.jp/~norio-n/dokusyo/31.html
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480084215/
 
ドゥルーズに関しては、名前だけはずいぶん昔から知ってるんですが、まだ何も読んだことがありません。ですが最近、けっこう自分にもひっかかりがある思想家なんだなあ……って思う機会があって、アタックしてみようかと思ってました。いきなり『アンチ・オイディプス』や『ミル・プラトー』は無理だろうと思うので、『ニーチェ』あたりから入るのがいいかもしれませんね。まあ、これも何かの縁、というわけでがんばって読んでゆきたいと思います。

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS