泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: ニュース・時事など   Tags: ---

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

燃え上がるオマエの情欲の炎を、オレの制御棒で冷温停止!

 保安院「冷温停止できなかったら日本は終わり」との公式見解

、、、ということですが、最近暑くなって寝苦しいせいかよく夢を見る。福島原発がさい臨界を起こした夢とか、また大きな地震が来てガキを抱えて逃げる夢とか。これは予知夢? いやいや、おそらく私の隠された願望が夢になっているのかと。。。

 朝まで生テレビ!「原発」第1弾!1988年7月 

 私はほとんどテレビ観ないので初めて観ましたが、嫌な感じがするのは、石川迪夫という人の権力をバックにした物腰の柔らかさ、かな。ただまあ、あくまでも事故が起こってしまった今だからこそ原発推進派が悪者に見えちゃってるけど、広瀬隆の本を何の先入観もなしに読んだら、やはり煽りだって思っちゃうんだろうな。あと西部邁とか栗本慎一郎の「文明論」みたいのが(何言ってるのかよくわからないけど)カチンと来る。それと大島渚がまともな人だと知った。

Comments
 
容貌魁偉でデモーニッシュなオーラを発してますね。
でも石川センセの現状認識って小出裕章さんとほとんど同じなんですよ。「炉心は全部溶解、中がどうなっているか誰もわからない」とか。「汚染水」なんてレベルじゃない、数千万キュリーの「核燃料溶液」なんて人類が今まで見たことも無いものが出来てしまった。石川センセは「ぜんざい」、小出先生は「泥水」という表現の違いだけ。
非常時には無能な善人より冷酷な悪魔の方があてになるかも。
バルタンさん 
件の石川迪夫の発言は先週の「朝生」のものですね。私もyoutubeでチェックしました。年をとっても「悪魔の微笑み」は健在でしたね。抜け目のないキツネ顔と、薄気味悪い笑顔に猫なで声が交互に現れながら熱弁をふるってました。原子炉の状態を見る目は腐ってないようですが、なんだかとうとう開き直りやがった、って感じで、学者としての誠実さみたいのは、これっぽっちも感じられない。これまでさんざん甘い汁を吸ってきた上、晩節も汚すわけにはいかないと必死なんじゃないでしょうかねえ。
 
キューブリックの「博士の異常な愛情」ですね、石川センセの愛しているのは原子炉だけでしょう。

石川センセをはじめ田中俊一(元原子力学会会長)内閣参与を辞任した小佐古センセや斑目(原子力安全委員会委員長)センセなどの「御用学派」はおしなべて政府の対応を批判している、つまり彼らは「御用済み核燃料」化して政策決定プロセスから排除されたという事ですが、では一体誰が「御用」を勤めているのか?
ウォーターゲート事件のニクソンやヒトラーの最後の例もありますが、水素爆発で建屋が吹っ飛んだのを「ガス抜き作業」とテレビで解説した菅総理の御同窓であられる東工大の有富センセ(現内閣参与)のような程度の悪い取り巻きや官僚がやりたい放題という官邸の炉心溶解が起きているかも。
http://www.youtube.com/watch?v=pg4uogOEUrULink
バルタンさん 
「爆発弁」ですか、、、これもパニックを起こさせないための安全デマなんでしょうね。まあ今となってはなんとも恥ずかしい情景ですね。
そういえばこのときは私も日本でテレビをぼんやり見てました。違うチャンネルで、やはり違う学者さんが解説してましたが、爆発の映像といろんな数値のデータを解釈してさかんに「厳しい数値です」と言っていました。その点爆発弁センセよりましだったのでしょうが、具体的に何がどう厳しいのかはさっぱり伝わってきませんでした。そこで「危ないから避難した方がいい」なんてことはやはり言えなかった、ということなんだろうなあ、と今では思います。
チャット状態ですいません 
理系の「御用学派」はともかく人文系は無傷かと言えば、昨日の東京新聞に梅原猛が書いていましたが「レヴィ・ストロースを日本に招請(1977年)した時に当時の関西電力の社長から多額の援助を受けて以来、原発についてものが言い難くなった。」とぬけぬけと書いていました。しかも梅原は未だに社長の「私財」だと信じているらしい。

みうらじゅん「東電の仕事は全部断った」
http://getnews.jp/archives/112735
梅原には「僕みたいなやつにたくさんギャラをくれるのは、あやしいじゃないですか」という程度の分別も無かったという事なのでしょう。そのお目出度さは確実に日本のカッコつき「現代思想」の一部でもある、個人的には忸怩たる思いです。

ぜんぜん問題ありません 
500万円より上でした、桁がひとつ違います、なんて貧乏人にはクラクラする話ですね。1年遊んで暮らせる。いや、タイでならもっと。。。アニメの仕事でも例えば新興宗教系の出資の作品なんてとてもギャラがいいらしいです。みうらじゅんさんは余裕があるから断れるんだろうけど、私だったら負けちゃいそうです(笑)。

いずれにせよ梅原みたいな胡散臭いインチキ野郎だからこそ、関電なんかも同臭を感じてすり寄っていくんでしょう。本物はまずもってそうした権力に見向きもされないものですよね。

07 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS