泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03


安全と効率は対立しない のか?

 この歳になって自動車教習所に通った。無事卒業とあいなったわけだが、ずっとひっかかっていたことがある。主に学科教習で執拗なまでに繰り返されて言われることが二つあって、それは………いかに安全な運転が大事であるか、そして交通事故によって引き起こされる悲劇は避けなければならない……つまり人間の命がいかに大切かということと、もう一つは交通の円滑性、ということについてである。これは単純にいうと「安全と効率」の問題である。
 バカなこと言うようだが、なんでそんなに命が大切なら、命を限りなく危険にさらす高速運転が可能な道路なんかを作るのだろう? なんでそんな恐ろしい自動車なんか走らせてるんだろう? って教習を受けながらボンヤリ考えていた。高速になるといかに視野が狭まってしまうか、いかに停止距離が長くなってしまうか………慎重に運転しなければ大変なことになるぞ! と脅しをかけられ続けるのだが、じゃあいいよ、車なんて運転するものか!………ってわけにもいかないだろうなあ現実問題として。私自身も危険へ通じるはずの免許を高い教習料を払って取ろうとしてるわけだし。

 交通機関の整備は経済成長のためには欠くことのできない条件だ。高速かつ円滑に物流が行われなければならない。人や物資の移動が滞ることは生産性の低下につながる。したがって交通の円滑性(効率)は資本主義社会の至上命令だ、といえる。
 高速な移動は危険である。「どこでもドア」でもできない限り基本的にはそうだろう。しかし効率性の追求は私たちに素早い移動を要求してくる。ということは安全と効率は対立するものなのだ………と僕は考えていた。命は大切だ、なんて言ってるけど資本主義社会にとっては本当は人の命より大事なものがあるのだ。そのために人を危険にさらしてもかまわない、大事な価値が………。それはもちろん利潤(もうけ)の追求である。

 JR西日本の脱線事故のニュースを新聞で読んでいると、猪瀬直樹氏のコラムがあって、タイトルには『尼崎脱線事故 効率と安全 対立しない』(読売新聞 5月5日 朝刊)と書いてあるではないか。あれっ? と思って新聞に掲載されている猪瀬氏のなんだか怖い正面写真ににらまれながらこのコラムを読んでみた。

 

………JR福知山線の快速電車脱線事故が起きると、効率を追求するあまり安全が軽視されている、という見方が主流になり始める。JRと私鉄の乗客争奪戦が惨事を招いた、と原因を競争のせいにする。(中略)………効率の追求と安全を対立させる議論は極めて観念的なのだ。効率と安全は、顧客の利益という面でも、現場で働く者にとっても、両立するからである。



 え? じゃあ、私は観念的だったのか………(笑)。猪瀬氏は道路公団の民営化推進委員として活躍しているようだから、その立場上、今回の事故が民営化によって引き起こされたわけではない、つまり国鉄の分割民営化による私鉄との競争激化=過剰な効率の追求が事故の原因ではない、ということを主張せざるを得ないようだ。しかし明らかに対立してるように思える「安全と効率」の問題を猪瀬氏はどんな魔法で解消してくれるんだろう?
 要約すると、猪瀬氏によればここには2つの誤解があって、事故の多発の原因は民営化そのものにではなく、民営化の仕組みが間違っていたせいだ、ということ、また、過密ダイヤは決して日本だけでの問題ではなく世界中の都市鉄道の宿命なのだ、ということ、これを主張する。

 

事故の背景に過密ダイヤがあるのは事実だが、もう一歩、踏み込んで考察しなければいけない。我われ自身の姿、日本人の長所と欠点が見えてくれば処方箋は見つかる。
 職人的なものづくりでは日本が世界一である。大田区の町工場然り。あまり知られていないが、列車のダイヤ編成も完璧すぎるぐらいに精密で他国の追随を許さない。(中略)………外国人は、効率と安全が高度に両立する姿を目の当たりにして驚嘆する。



 どうやら猪瀬氏は「安全と効率」の対立の解消に日本的な職人芸をもってしようとしているようだ。電車の運転士のオーバーランとそれに続く無理な回復運転について、猪瀬氏は運転士が職人失格の烙印を押されることを恐れてのことだと解釈する。結論的に事故の責任の所在はこう説明される。

 

23歳で職人としては経験不足の未熟な運転士を、なぜ通勤・通学の時間帯に配置したか。責任は、民営化されたのに未だにお役所的お座なりの人事管理システムしかつくれなかったJR 官僚にある。



 まだ民営化が不完全で、国鉄時代のお役所的な体質を引きずっているところに今回の脱線事故の大きな原因があるのだ、と猪瀬氏は言うのだ。民営化が徹底されればこのような事故は減るはずだ、これが民営化推進委員としての立場からの猪瀬氏の主張である。

 私が国鉄時代の負の遺産云々よりも一労働者として気になるのは、そのようなシステムの問題より現場で働く者の方だ。結局、猪瀬氏はここで「安全と効率」の対立はアクロバティックな職人芸によって乗り越えろ!……としか言ってないんじゃないかと思うのだ。職人的な運転技術、職人的な運行管理、職人的に適切な人員の配置…………つまり現場の労働者の努力によって「安全と効率」の対立を解消するという方策が猪瀬氏の魔法の正体なのだ。つまりはこれ、もっと気合いを入れて働けば「安全と効率」は両立できますよ、ってことですよね。猪瀬氏は一種の労働倫理、日本的な精神性によって問題を解決するように迫っている。顧客のニーズ、安全、そして利益を上げるという企業の目的という異なる要求をを一挙に解決するためには、やはりどこかにしわ寄せが来ざるを得ない。つまり労働現場に………である。
 いや、交通機関の運転手に手を抜いてお気楽に運転されては困る。そりゃそうだ。そりゃそうなのだが、人の命のかかった「安全」を考えたときその決定的な部分を現場の人間の職人的なスキルだけに頼らざるを得ないのではあまりにもリスキーではないか? どんな職人だって人間なんだからミスもする………そのような職務における緊張感の中に常に職員を追い込むことでしか達成できない「安全と効率」の両立ってことに一体意味があるのだろうか。
 つまりそのような外国人もビックリの職人芸に頼らざるを得ないということは、やはり「安全と効率」は対立しているということではないのだろうか。どちらかといえば観念的だと非難されるべきはむしろ猪瀬氏の議論だ。いや観念的というよりほとんど詐術に近い議論のようにも思える。スピードというものはどうしたって危険なのだ。本当に安全を考えたら高速の移動は避けなければならない。………いやそれは現実的に無理であることはわかっている。が、問題なのは、そのような危険にほかならないスピード(効率性)を私たちに要求してくるものがある、ということだ。

 なるほど交通機関にスピードを要求するのは顧客である。顧客のニーズがあるからこそ交通機関はスピードアップを図るのだ。じゃあ、利用者が交通機関に危険な運行を押し付けているのだろうか。
 鉄道の利用者のほとんどは通勤客であり、彼らはみな会社の就業時間に従って動いている。定められた出勤時間を守らなければならない。それだけではなくわずかな休日やプライベートな時間も効率的に利用しなければならない。そのためには交通機関に遅延があってはすべて台無しになってしまう。
 そう考えれば交通機関の円滑な運行を求めているのは、会社の都合であり、生産の都合であり、産業社会そのもの都合である。はじめにも述べた通り生産性の向上、そして利潤の増大のためには人や物資の移動が滞ることは許されないのである。産業社会(資本)のリズムが私たちの生活を律し、効率を要請してくるのである。
 利用者に事故の可能性を常に抱えている高速度の交通機関に乗車することを迫り、運転士に職人的なスキルと絶えざる緊張感によって「安全と効率」の対立を解消せよと要求するのは、常に利潤、経済成長を求めて運動し続ける「資本」なのである。

 そう考えてゆくと今回のような悲劇的な事故は(あたりまえだが)すべての交通機関が可能性として持たざるを得ないものだ、と言える。実は、「資本」が保持し続ける「効率性」への意志が私たちを危険(スピード)へと追いつめ、現場の職員が職人芸によってかろうじて決定的な事故に陥るのを回避し続けている、というのが交通機関の労働現場で行われていることではないだろうか? つまり交通機関での労働に従事する人たちの仕事の中身は、「安全な運転」であるというより、「危険の回避」なのである。その職人芸がふとした気のゆるみから綻んだとき事故は起こるべくして起こるのだ。

 猪瀬氏によれば民営化がもっと徹底されればこのような事故は減るはずだ、ということのようだが、国有化だろうと民営化だろうと「資本」が背後から「効率性」を迫ってくる限り交通機関は事故への高いリスクを負い続けると思う。むしろ民営化を推進することにより「資本」は「競争」の原理を明確に交通機関の労働現場の中にも貫徹させようとしてきたわけだろう。おそらくは今後も職員一人一人を競争関係におくことで、運行に必要な高度な集中力や職人的なスキルを引き出そうという方向に進んでゆくことは間違いないと思う。職員たちは今回事故を起こした運転士のように、背後から運転ミスは許されないぞ、ミスをすれば給料や将来の出世に響くぞ、という「脅し」をかけられて運転席に座るのだ。また誰か無理な回復運転をする人だって出かねないのだ。

 アクシデントというものはなくならない。生は常に危険と隣り合わせだ。しかし経済成長の名の下に余計なリスクを背負わされている私たちの現実についてよく考えるべきだ。交通機関の職員に職人的な作業の緊張を強い、毎日死亡事故の可能性のある乗り物に乗って通勤せざるを得ない私たちの現実を………。果たしてそのようなリスクを背負ってまで経済成長は追求しなければならないものなのか? そのようなリスクを背負ってゆかないと私たちは生活してゆけないのだろうか………?
 こうした問いは悲劇的な事故の後の混乱の中で攪乱され見えなくなってしまう。JRの経営陣を、またボウリングや宴会を開いていた職員たちを吊るし上げ、はては度を過ぎた取材をするマスコミ自身が吊るし上げられしてるうちに、悲劇的な事故の黒幕である「資本」の姿はどこかにかき消されてしまい、遺族のやり場のない悲しみと怒りのみが宙をさまようのだ。

 トラックバック 事前から事後へ  ひろのきまぐれ日記


Comments

概ね賛成なんですけど、「資本」が原因ってのが少し引っかかりました。もっと速く、もっと便利に、人のそういう欲望を反映したものが「資本」だと僕は考えています。
で、読み違えてたら申し訳ないんですけど、私たちは「資本」の被害者だって言ってるような気がしたんですね。ただ「資本」を生み出したのが人である以上、僕たちは同時に加害者でもあるわけで、「資本」というあやふやな言葉を使うと、そのことがぼやけてしまうと思うんです。
結局のところ、僕たちの超利己主義的な欲望で、僕たち自身の首を締めてる、そんな気がします。
yama_pikaさん、こんにちは。
前にも別の人に同じようなことを言われたことがあります。被害妄想的にすべてを「資本」のせいにする、みたいなことを。確かにyama_pikaさんもいう通り、資本を作り出したのは人間ですから、そもそもは人間の欲望に発するものだし、今現在も資本を支えてるのは人間だったりします。
(いま即席で考えてみたのですが)それにも関わらず私が「資本」なんて言葉を使ってるのは、産業革命以来増殖を続けた資本によって私たちは逆にすっぽりと包摂されてしまっていて、私たちの内面や感受性をも含めて資本の論理の中に取り込まれてしまっているように思うからです。いまや私たちは資本=生産工場の中に生まれて来ている………そのような状況を「資本」という言い方でうまく問題にできるんじゃないか、という意図があります。
だから、「資本」っていうのは私たちの外にある原因なのではないし、yama_pikaさんがおっしゃってる私たちの利己的な欲望も実は資本によって作り出されているものなんじゃないかと思うわけです。(即席な答えですいません、これについてはもう少し考えてみます。)
はじめまして。monjiと申します。
失礼とは思いますが、横レスを付けさせていただきます。
araikenさんの呼ぶ「資本」というのは、ご自分でもおっしゃっているとおり、資本の論理、つまり〈資本主義〉のことなのではないでしょうか。
蛇足ながら、経済学上では、資本は蓄積されて、企業の生産行為の原料となります。資本は、自身が取引の対象になり、形を変えて消費されることもありますし、さらに利子をもたらす面も持っています。しかし、資本はある経済の中で意思を持って主体的に活動することはありません。
資本は、使われてなんぼの道具である、これが経済学が一般的に前提にしていることだと言えると思います。
araikenさんは、資本はもはや道具ではなく、人間であるはずの私たちが、資本によって道具化されている、ということをおっしゃりたいのかな、と思うのですが、いかがですか。
monjiさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
なるほど、おそらくその通りだと思います。「資本」はすでにそのような経済学的な定義を越えて、人間を内面から支配し、その論理の外部を私たちが想像することすら難しくなっているのだ、ということを深く感じています。そのことを指摘するのに、「資本の論理」という言い方だと、資本そのものとは別の何かのように思えるし、「資本主義」というと政治体制を連想させてしまう。たぶん誰かがこのような意味で使っているのを本で読んだのを私も利用しているだけなのですが、「資本」という言い方で経済学的な意味でのそれと、その論理が社会に浸透している様子をも同時に表現できるような気がするのです。
あの事故のことは、資本とか民営化の話にあまり関係ない次元のことだと思います。要はJR西日本の経営層が無能で、効率化=量的効率化 と考えてきて、利益の向上 = 一人あたりの労働密度を高めることだと捉えていたことだと思います。仕事の仕組みを抜本的に変えるとか、問題点があれば上の者にも率直に物言いができる企業風土をつくるとか、新しい技術を導入するとか質的向上をしなかったからでしょう。JR西日本の経営層が無能なのは、記者会見を見ればだれにでも分かります。それより、あの事故を見て、変にガメツイだけで、本当に儲けるというのはどういうことかという商人の精神を完全に忘れた今の大阪独特の問題を感じたのは私だけでしょうか?電力会社も同じことをやっていましたしね。JR西日本のボウリングに酒の飲み会ですが、あんなこと派手にやっているのは今時日本中探しても、大阪文化圏だけでは? 山口県もJR西日本のテリトリーですが、山口の人はあんなことしていなしでしょう。
いや、事故の背後には資本あり、ですよ。そもそもアクシデントって、企てがあるからこそ起こるものでしょうから。企てのすべてが資本ではないでしょうけど、少なくとも高速度の近代交通機関の危険性の原因が資本でないはずがない。でしょ?
話が脱・、あかんこりゃ洒落にならない禁句だから、話が逸れて恐縮ですが、荒井さんって、東京方面の人ですよね。僕は今、不本意ですが、大阪に20年近くいます。
荒井さんのカイシャでは、酒の飲み会とか、ボウリング大会とか、ゴルフのコンペとかよくありますか? 私(というか大阪)のカイシャでは、頻繁にこういう「儀式」が行われ、個を忘れ全体への帰属を誓わされますね。ほとんど、ファシズムの世界ですよ。
JRの件で、あの事故の背景について全く報道されていないことが色々あるので情報提供ということで。JRは、ここ15年、姫路―神戸―大阪―京都―米原(滋賀)のスピードアップに力を入れてきました。このラインは、東海道本線で、線路にカーブがほとんど無く道路が、線路の下をくぐり、踏み切りが少ないので、スピードアップは簡単でした。そして、ついに大阪以西は時速150キロをいう在来線で日本最速で、ほとんど新幹線級。
例えば、京都―大阪は、JRで28分、阪急で45分、京阪で55分とぶっちぎりでした。
従って、客はJRにながれます。しかし、これで、恩恵を蒙ったひとの数は絶大。滋賀の片田舎から、大阪への通勤が可能になり、それで、安くマイホームを手に入れた人は結構います。土地バブル崩壊後で、まだ土地が高いころ滋賀で安く家を買えた人はJR様様でしょうね。ここまでは良かったんだと思います。
今度事故があった、福知山線ですが、これは、一昔前までは、極めてローカル路線で、大阪でもその路線の存在を知らない人がいるほどでした。しかし、三田とか福知山線の山の上のほうの住宅の開発は、ここ8年ほどJRの本数増とスピードアップと持ちつ持たれつの関係で進み、ここでも、結構安くマイホームを手に入れた人は結構多いですね。特に、政府が景気対策で変な住宅減税をやるものだから、三田のほうは、どんどん開けた。勿論、阪急や、神戸市営地下鉄という競合路線はありますが、とてもじゃないがJRなしでは輸送量が追いつかなかったでしょう。
問題は、JRの東海道線の成功で気を良くした経営層が、福知山線との差異をちゃんと認識していなかったことです。要は、アホなんですけどね。
JRの輸送の基幹路線は東海道線です。だから、福知山線の輸送量の増大とともに終点であり、東海道線の駅でもある尼崎に超高速の150キロの新快速をわざわざ止めるようにした。だだ、朝の時間帯、この新快速って、7分程度の間隔で、尼崎に入ってくるんですね。それに、きっちり福知山線の連絡をあわせなければ意味が無いと思っていたふしがある。(僕は、別に7分にこだわらず、尼崎で少々待っても、お客さんは怒らないと思うのですが。)
成功すべくして成功したJRの東海道線での資本の成功(=しかし、これは、ほとんど文句を言うお客さんはいないと思います。)の論理を、全く路線の違う特性をもつ福知山線に、JRの東海道線に接続するという事実だけをもって、そのまま適用しようとした経営層がアホなんです。
おそらく、ダイヤの組み換えに何も関係させてもらえない運転手、車掌、駅員といった現場の人の中に、差異をしっかり認識していた人は結構多いと思います。それなのに、経営層にもののひとつも言えない極めて官僚的風土が国鉄時代の残滓として残っていたのでしょうね。
それとは別に、懲罰的に作文書きをさせるという陰湿な発想自体に、僕は個を抹殺しようとする大阪文化の臭いを感じます。
個の意見を抹殺するために大阪で頻繁に行われるボウリング大会や、酒の飲み会といった、「儀式」によって、個の意見を自由に言えるという企業風土の改革が阻害されていたのでしょう。
大阪人は、「儀式」をすれば、会社の風通しが良くなると本気で勘違いしています。
荒井さん、私の論旨を汲み取っていただけましたでしょうか?
長くなって、すいませんでした。
それから、実は家内の教え子?が、大学へ行くのに2両目に乗っていて、オーバーランした時、たまたま気分が悪くなって、電車を降りて一命を取り留めました。ただ、一緒に乗っていた教え子?の友達は無くなったそうです。
同時多発テロですが、あの時、私の知人の知人が亡くなりました。それで、この貿易センタービルで、なくなった方の話も知人から良く聞きました。
よく、戦争や事故があると、一般論で、神学論争的ネタになるのですが、私は、個々の人の尊い死の細かい差異まで読みとって、生き残った我々がそれなりに学ぶのが、せめてもの亡くなった方へのレクイエムになるとではないかと思っています。
それが、僕に出来ているかといえば、出来ていないのだと思いますが・・・。
僕は荒井さんの記事すきだし、また、喧嘩もしたくないしで、でも、この記事のコメントは僕のこの事故に対する親密度を先に荒井さんに理解してももらうことなく書いたら、喧嘩になるおそれがあるので、あえて延々と回りくどい話を色々書かせてもらったのですが。
いきなり次のこと書いていたら、荒井さん多分怒ったでしょう?(笑)
まあ、荒井さんの「資本 労働」って、僕の「浅田彰」みたいなもので、若いときのテーマみたいなものだったから、頭をよぎった瞬間トラウマみたいに過剰反応しちゃうのでしょうね。まあ、JRの偉い人が、単に公金流用でもしただけのことなら、こういう風に逸脱覚悟で、福知山線の事故がなぜ起こったかかという事象に対してメタレベルの話である「そもそも高速の電車が存在するのが悪で」って風な論調で書くのも面白いと思います。ただ、あれだけ、人が亡くなって、怪我された大惨事ですからね。
問題は、遺族の方とか、事故にまきこまれた方が読まれるとどう思われるかという点なんですよ。
猪瀬さんの談話の是非は別にして、荒井さんはもともと猪瀬さんのすべてが嫌いなんでしょう?僕の浅田彰みたいに。
僕が、大阪でテレビを通して10年前にオウム事件を見て、「そもそも唯物論が正しく、すべての宗教法人の存在自体がおかしい」って書いたら、オウムの恐怖を実体験された東京の人や実際に被害を受けられた方は「宗教法人一般の話なんかせずに」、「ちゃんとオウムの話をしろ」って思ったと思いますよ。そういうことなんです。僕が言いたいのは。
荒井さんの気持ちは痛いほどよくわかるんですがね。
あれ? 新しいコメントが………。いや、原作たそがれ清兵衛さんにはズケズケと言いたいこと書いてもらってもかまわないです。それぞれ意見が違うのは当然ですから。
私は被害者ではないですから、彼らの気持ちは想像するしかできません。でも行き場のない怒りや悲しみがマスコミのつるし上げであっちへ行ったりこっちへ行ったりしてるの見てると、その方がつらいというか………。確かにメタレベルの話じゃないか、って言われればそうなんですが、それはなされなきゃいけないですよ。だってこれからも続きますよ、こういう事故、間違いなく。
あと、猪瀬さんですが、全然興味ない人です。たまたま新聞に出てて、あれ? って思っただけで……。
故は、これからも続くでしょうね。だから、本当にちゃんとした一般論をきっちりやらないといけない。でも、私もそれを十分やるだけの、知識と経験が悲しいかなないのです。
ただ、悲劇を繰り返さないためには、メタレベルの話は必要最低限にとどめておいて、非常に具体性のある内容をもって議論しなければならないでしょうね。大阪論も、具体論の中のほんの一部としての試案的に書いたつもりです。もし、それに具体性がないと感じられるなら、一度3年ほど大阪で生活されることをお勧めします。荒井さんも、私同様に、精神病院行きかもそれませんよ。それぐらい、大阪の社会的風土って変ですよ。本当に。(笑)
僕は、もう大阪って町をどうあしらえばよいかは十分に学びましたが・・・・・。
大阪ってそんな怖いとこなんですか(笑)? でも私2回ほど行ったことありますよ。大阪万博のときと、鶴橋のコリアタウンに。昔、韓国語勉強してたので………。
むっちゃ恐いですよ。やーさんが恐いとかそんなのはさておき、本当にインテリに対する排他的差別はすごいですよ。
ビートたけしと、高田文夫が昔言ってましたが、「大阪に永住するぐらいなら自殺する」って。こんな、お笑い系の人ですら、たじろぐのですから。
僕も、家族の事情が無ければ、本当のところ大阪から亡命したいです。
論理的思考は一切受け付けずに、日常の会話も、ぼけと突っ込みでほとんど構成される。
異文化人の私は、本当に疲れ果てます。
柄谷行人が、大阪がいやで、東京に亡命した話は結構有名です。
あの、大阪文化の濃度の濃さは、本当のところ住んでみないと分からないと思います。
僕は、大阪に住むまでは「じゃりんこチエ」を笑って読めましたが、今では、見た瞬間憂鬱になります。本当に、あの通りの世界なんですから。

Leave a Comment


Body

目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 63
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 1
最新のコメント
Twitter
タグcloud
 
アクセスカウンター
   




 
 
プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。


 

link rel=