泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 音楽   Tags: 音楽  ラテンアメリカ  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

天使のリン Rin del Angelito. Violeta Parra

 ビオレッタ・パラの「天使のリン」を以前紹介したことがあったが、本で読んで知った習俗だったので具体的なイメージは想像してみるほかなかったのも事実。が、仕事中にyoutubeをいじっててこの映像に遭遇。まさか、、、。固唾を飲んで小さなアンへリートの登場を見守った。しばらく仕事の手が止まった。



 意外にも想像してたものと大きな違いはなかった。もう一度解説すると、これはチリの田舎の異教的な習俗を題材にした歌で、幼くして死んだ子供は、葬儀のとき、天使のように着飾り十字架の前にすえられ、その天使の前で残された家族たちは悲しみにむせびながら夜通し踊って過ごすというのだ。現在は政府によってこの習俗は禁じられている、と本には書いてあったように記憶している。若いころこの習俗の話を読んで、異様な民俗の迫力にドキドキしたものだが、生々しい赤子の死顔や、粗末な木箱の棺桶を小脇に抱える父親の映像に、子供を持つ身となった今では、痛ましくてドキドキと言うよりむしろ眼がウルウル。歌詞の訳を載せておく。

1 空に舞い上がる 小さな天使はいま
  祈りに行くのさ みんなの幸せ
  幼いままで死んだ この子はいま
  ヒナゲシの花のように 可愛いまま

2 静かに土さえ 小さな天使を待つ
  心を開いた安らぎのばしょで(場所で)
  幼いままで死んだ この子のため
  ヒナゲシの花のような この子を待つ

3  小さな揺りかごは(篭は)土の中で揺れ
   鐘がいまうたう(歌う) 子守唄哀し
   月の光は永久(とわ)の眠り見てる
   幼い天使の涙 洗いながら

4  楽しそうな 蝶は小さな天使を見ると
   揺りかごのそばで(傍で)踊りに誘う
   小さな天使は空に 昇って消えた
   月や星の仲間に なるんだろうな






Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS