泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: Category: None   Tags: 思想  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

借金人間製造工場

 負債は《労働》の《道徳》とは異なりながらそれを補完する、それ自体として固有の《道徳》を分泌する。労働のイデオロギーの(努力=報酬)という対偶に、”約束”(負債を支払うという)と”責任”(契約をしたという)のモラルが重なる。ニーチェが喚起するように、《シュルト》(責任)という概念はモラルの根元的概念であり、それは《シュルデン》(負債)という非常に物質的な概念を起源としている。負債の《道徳》は失業者や《被生活保護者》、福祉国家の利用者のみならず、すべての人々の道徳化を誘発する。ギリシャの寄生生活者や怠け者に対するドイツのマスコミのキャンペーンは、負債の経済が分泌する罪悪視の暴力を物語っている。メディアや政治家、経済学者たちが負債についで語るときに発するメッセージはひとつしかない。すなわち「あなたは責任がある」、「あなたは罪がある」というものだ。ドイツのプロテスタントが暗影な空の下でヨーロッパと人類のために汗水たらして働いているのに、あなた方は太陽にあたってのほほんとしている、というわけだ。
『借金人間製造工場』 マウリツィオ・ラッツァラート より 



パチンコに通い詰めの生活保護受給者がさんざんたたかれるのは、こういう負債の道徳が内面化されてしまっているからなんだろうね。私はどちらかと言えばギリシャ人の「のほほん」に痛快さを感じるほうなのだが、タイ人を見てて「椰子の木の下で賭博に狂って、のほほんとしやがって」とカチンとくるところを見ると、やはり自分もこの原罪に深く侵食されてるんだ、と気がつく。
Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS