泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  芸術  音楽  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

世界にひとつだけの、、、

この「かけがえのなさ」(交換不可能性)は、「個性」や「自分らしさ」とは違うものである。社会学者の土井隆義[2004] は、SMAPのヒット曲『世界に1つだけの花』の「1人1人違う種をもつ……1つとして同じものはないから……もともと特別な Only one 」という歌詞を引きながら、それが「どこにも『特別な Only one 』を見出せない自分には価値がないかのように思わせる」、個性志向を煽る歌ともいえると述べている[土井 2004 : 37]。しかし、この場合の「もともと特別な Only one 」というのは、語義からいっても、「唯一無二の私」の「交換不可能で比較不可能なかけがえのなさ」を意味しているだろう。それは「交換可能で比較可能な個性」とはまったく別のものである。「かけがえのなさ」としての「交換不可能性」や「比較不可能性」は、たとえどんなに平凡であっても、また双子でも、「個性」や才能や役割などの比較可能な属性とは無関係にあるものであるのに、土井は、それを「個性」や才能やであるかのように解釈してしまっている。 つまり、「交換不可能で比較不可能な個」と「交換可能で比較可能な個」を混同している。いいかえれば、「普遍性-単独性」の軸と「一般性-特殊性」の軸を区別しそこなっているのである。むしろ、土井のこの混同こそが現代社会の「個性志向」と「かけがえのなさの喪失」を表しているといえよう。

真正性の水準と「顔」の倫理──二重社会論に向けて── 小田亮 注1




所詮アイドル歌謡の話ではあるんだけど、SMAPの『世界に1つだけの花』を初めてラジオで聞いたとき、直感的にこれは売れるぞ、と思った。明るくて印象的な曲に、うまいこと言うね~って感じの歌詞がついていて、案の定大ヒットだった。だからでしょでしょと、好意的にこの歌のヒットを見ていたのだけど、ネットとかでけっこうこの歌に対して否定的な印象を持ってる人が多いのを知って、なんだろ、僕は少々脳天気だったんだろうか、なんて思ったりもした。格差社会批判をこうした個人の特異性、代替不可能性を全面肯定する方向で行うについては、結局システムが変わっていないならこの手の主張は慰めでしかないとか、さらにはこれはある種の強弁や開き直りなんじゃないかみたいな、そんな切り返しを僕自身も受けたことを思い出す。まあ開き直って競争から逃げるな、みたいなな自己責任論者はともかく、上の社会学者の方のように「個性」なんて言葉のいかがわしさをよく知っているにもかかわらず、槇原敬之の作ったこの曲を個性志向を煽るものとして斬ってしまうというのは、どこか学者の上から目線が出てしまったということなんだろうか?

ただ、この曲はやっぱよくできていたと思う、、、商品として。つまり問題は「 Only one 」を礼賛する歌を、「 No.1 」になることを目論む商品として世に出し、実際に「 No.1 」を勝ち取り、歌詞の意味するところに反して現行システムを翼賛する皮肉な働きをしてしまったことに尽きる。ま、いわゆる前衛芸術のやってきたこと、やっていることも99%は、この歌と同じなんだけどさ。

Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS