泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

「居直り」という問題 その1

 きはむさんにちょっと面白い意見(  『araikenさんの内田氏批判再考』および『「外部」を志向することの困難』)をもらって、紹介された宮台真司氏の本を読んでみたのだけれど、想像以上に言ってることが難しくて、これでは相当じっくり読まなければ宮台氏について何かを言うことはできないと思った。だからとりあえず宮台氏のことはおいておくことにして、まずはきはむさんが言ってた「外部を志向することの困難」ってことにしぼって私の思うところを語ってみようと思う。
 きはむさんは、内田樹氏、佐藤俊樹氏、そして宮台氏に共通の問題意識として、「居直り」にたいする警鐘の意識があるのではないかということを指摘してくれた。それはつまり、いたずらに支配的価値観の「外部」を強調することで、価値観を相対化するという態度は、「なんでもあり」の自己正当化=自己肯定に陥っているってことじゃないか…ということで、おそらく内田氏の言葉の背後にもこのことに対して警鐘を鳴らそうという意識があるのだろうと、きはむさんは言っている。
 なるほど、そんなふうにも読めるのか………確かにこの「居直り」の感覚はわかるような気がする。「すべては許されている」わけだから、何しようと勝手じゃないか………といった具合に卑怯な開き直りによってあらゆる面倒なことを放棄してしまっているような状態を想像する。
 で、宮台氏が言いたいのは、カルチュラル・スタディーズやポストコロニアル思想などの左翼思想が、安易に価値の相対化を行うことはまた、ネオコンと呼ばれる右翼の「居直り」的主張の土台にもなっている、ということらしい。ひとことでいえば、安易に「外部」を強調するのは逆に反動的であり危険だ、ということだろうか。
 きはむさんによると宮台氏の言い方はこのようなものである。

 『我々にとっての「外部」は、所詮「内部から見た外部」すなわち「外部という内部」であって、実際の外部環境を把握することは叶わない。自分に属さないものとして観察された外部は、自分の観察による構成物であり、「内外差異という内部」に過ぎない。近代の「外部」など夢想に過ぎず、あるとしてもそれは近代の徹底後に見えてくるものであって、現今で近代の「外部」を叫ぶのは愚行である。』

つまり「外部」なんて所詮幻想なのであり、そんなものについて語っても意味はない、ということらしい。このことを宮台氏はあちこちで言ってるみたいだ。

 確かにもっともらしく聞こえる言い方だ。でもこの言い方を聞いていてすぐに浮かんでくる疑問は、宮台氏の言うところの「近代の徹底」は一体何と比較して測られるのだろう、ということだ。近代化がどれだけ徹底しているかなんてことは、近代以前や近代の徹底後といった「外部」の比較対象なしに決定づけることができるものなのだろうか? それに宮台氏は「近代を支えている諸概念は必要な虚構である」と言ってるようだが、例えば近代的主体が虚構であることを知るためには、やはり近代的主体以外の人間のあり方という「外部」のポイントが必要だったのではないだろうか? そういうポイントなしに近代的主体性の虚構性を暴けるとは思えない。………つまり宮台氏は「夢想に過ぎない」だなんて言ってる「外部」を用いた思考をすでに行使しているのじゃないか?
 「外部」なんてものは言葉でしかない。「内部から見た外部」であり単なる頭の中の構成物に過ぎない。………あたりまえのことだ。かといって全く問題にならないわけではない………。私たちは頭の中に「外部」を措定することではじめて自分が生きている現実に没入している状態から身を引き離し一歩距離をとることができるのだ。
 たとえばマルクスは資本主義的生産様式の性質を認識するのに、歴史的に資本主義以前の社会と、資本主義以降にありうべき共産主義社会という「外部」を対立させて分析をした。またフロイトは意識というものを解明するのに無意識という「外部」を対立させて語ることをもってした。「共産主義社会」にしろ「無意識」にしろ所詮は「言葉」に過ぎず、「夢想」であり、「外部という内部」に過ぎない。が、それは現実を認識するための装置として有効に働いているわけだ。

 つまり自分の目の前にある現実は、その他の様々な形で、別様にあり得たという可能性を排除することで成り立っているという事実を暴きだすために、私たちは現実から一歩引き下がることをしなければならない。「外部」をめぐる思考とはそのために行われるプロセスである。
 マルクスやフロイトだけではない。時代は下って構造主義やおそらく宮台氏が述べているカルスタ、ポスコロなどもそのような思考のプロセスなのではないだろうか(詳しいことは知らないけど……)。
 他ならぬ内田樹氏が構造主義についてこう書いている。

 『私たちはつねにある時代、ある地域、ある社会集団に属しており、その条件が私たちのものの見方、感じ方、考え方を基本的なところで決定している。だから、私たちは自分が思っているほど、自由に、あるいは主体的にものを見ているわけではない。むしろ私たちは、ほとんどの場合、自分の属する社会集団が受け入れたものだけを選択的に「見せられ」「感じさせられ」「考えさせられている」。そして自分の属する社会集団が無意識的に排除してしまったものは、そもそも私たちの視界に入ることがなく、それゆえ、私たちの感受性に触れることも、私たちの思索の主題となることもない。
 私たちは自分で判断や行動の「自律的な主体」であると信じているけれども、実は、その自由や自立性はかなり限定的なものである、という事実を徹底的に掘り下げたことが構造主義という方法の功績なのです。』(『寝ながら学べる構造主義』)


 これを読むと(構造主義についてはほとんど何も知らないので、たぶん、なんだけど)「なんだよー、内田先生わかってるじゃん!」って言いたくなってしまう。たとえばレヴィ=ストロースの仕事は、未開文化のあり方という文化人類学的「外部」から近代社会を照射する試みなのだろうし、フーコーもたとえば「狂気」を「外部」へと排除することで近代社会が成り立っているというメカニズムを暴きだしているわけだ。
 つまり、近代の外部がどこかにあるとか、そのような外部に抜け出すことができるとかそういうことを彼らは言いたいのではないはずだ。そうではなくて、目の前の現実に没入してしまっていては「見えてこない」「感じることができない」「考えることのできない」ことを意識化し、思索の主題にさせるために「外部」についての思考が必要なのだ。宮台氏だって「近代の徹底後にしか「外部」は見えてこない」なんて言ってるってことは、どう考えたって「近代」を「近代以外の何か」(つまり近代の外部と)と対立的に考えてるのだし、そうしなければ宮台氏の思考も展開させようがなかったはずだ。だからそういう思考の手続き自体は正当なものであって、なんら愚行にはあたらないと思う。
 じゃあ、宮台氏は何だってこんなこと言ってるんだろう? ようするに左翼側からの批判に答える必要があって、「外部」なんて言い方をして「居直り」を決め込む奴ら(馬鹿左翼)を攻撃しなければならなかったってことだろう。つまり「外部」についての思考を都合よく利用して自己正当化するネオコンや左翼がいるってことを、きっと宮台氏は言いたいのだろう。それだったらわかるような気がする。だけど、それなら「外部」を問題にするのが間違いなんじゃなくて、「外部」をめぐる思考の使い方、関わり方に問題があるってことではないかと思うのだが………。

 それにしてもここで言われている「居直る」っているのはどういうことなんだろう。………「外部」を措定することで、支配的であった価値観(現行のゲームのルール)を相対化し、それ以外のありうべき価値観(別のゲームのルール)の上にふんぞり返って、今までのっかってきたゲームのルールに無効を宣言している状態ってことだろうか。「なんでもあり」なのだとすれば、いままでのゲームのルールにおいて「負け」てしまって苦しめられてきた自分をそこから解放させることができ、自分に都合の良い全く別のルールに自分をのせてしまえば、「勝ち」に転換できるってことだ………。
 だが考えるまでもなくそのような「外部」や別のルールは現実に存在するわけではなく、つまり「外部と言う名の内部」でしかなく「夢想」でしかないのであって、「外部」について語っている当のご本人も現実に生きているのは近代社会であり、資本主義社会であるわけだ。だからその近代社会の中で闘ってゆく戦略を考えなくってどうする(現行のゲームのルールを離れることは不可能なのだからあくまでもそれにこだわるべきだ!)………ってことを宮台氏は言いたいのだと思う。ごもっともである。
 しかし私自身の実感が「居直る」という言葉に反発を覚えさせる。「外部」を思考することで、支配的価値観への没入状態から距離をとり、価値観を相対化した人が、「居直る」とはどうしても思えないのだ。
 価値観は多様なんだから「なんでもあり」なんだ、ってことは身勝手な判断をできるっていうことではなくて、反対に自分以外の多様な価値のあり方を認めるってことだ。自分は正しいはずだと開き直るのではなくて、間口を広げて可能なかぎり自分と異質な価値を受け入れようとすることだと思うのだ。つまりそれは異質さを認めたまま他者と共存することを目指すものであって、自分に都合のいい価値観の上にふんぞり返るような安易な状態だとは思えない。多様な価値のあり方(他者)を認めるということは、自分自身を絶対視しないということでもあるはずだからだ。
 私たちが自律的でオルタナティブな生き方を主張するということの背後には、このように徹底的に自分の足元をも疑い、突き崩すという作業がピッタリと張り付いていなければならない。自分自身の立場だって絶対的ではなく根拠のないものだ、という認識は当然の前提である。私たちは根拠を持たず宙ぶらりんのまま生き、多様な価値とつねに出会い、いろんな角度からそれらを発見し続けるという状態が、価値を相対化し支配的価値観への没入状態から距離をとる人のあり方だと思う。だから絶対に自己肯定は「居直り」とイコールで結ばれるとは思えないのだ。

 私が抱いている自己肯定のイメージはむしろ、ある一地点に腰を下ろしてしまうような呑気な「居直り」なんてものではなく、自分自身で足元を崩してしまうため、つねにジャンプしつづけなければ生きてゆけない………ちょっとシンドイけど、退屈することのない「運動状態」であり続けようとすることだろうか。それは支配的な価値観(現行のゲームのルール)からの解放ではあるが、新しいレベルでのゲームプレーヤーになるような感じだ。
 もっとも宮台氏が言ってるように私たちの目の前にあるのは、現行のシステムであり、現行のゲームのルールでしかない。だから私が考えるのは、内面的なスタンスとしては新しいレベルでのゲームを遂行しつつ、生きてゆくために仕方なしに(とりあえずこれしか手元にないから)現行システムのゲームに参加する、という戦略だ。………あくまでも仕方なく、イヤイヤながら現行のゲームにつきあう、というシステムとの距離感が大切だと思う。決してそこに没入しないために………。
 いずれにせよ「外部」の可能性、多様な価値のあり方を主張しながら生きるというのは決して安易なものではないのだ………「なんでもあり」であることを認めるからこそ私たちは「居直る」ことなどできないのだし、またそれだけに、一面的で「たった一つの生き方」を私たちに押し付けてくる現行の社会システムに対しては憤り、NO!と叫び、闘わざるを得ないのだ。

 したがって二つの問題がここにはある。「外部」を語ることで「居直ってる」人がいるらしいこと。それと、「外部」について語る人間を「居直り」としか見なせない人がいるということ。
 前者はまだまだ「甘い」人だ。本当の意味で価値の多様性をわかってるとは思えない。支配的な価値観を「外部」を利用して否定したが、自分に都合のいい価値観の上にあぐらをかいている状態なのだろう。つまり自分の足元は疑っていないのだ。が、支配的価値を疑っているということはオルタナティブなあり方への第一歩だと思う。
 そして後者の方はと言えば、やはり価値の多様性を理解していないため、「外部」を語る人が現行のゲームを放棄した卑怯者としか見なせないという人だ。つまりこのような人は「外部」を語る人を「居直り」であると判断する以上、実はその軸足を支配的な価値観(つまり現行システム)の上にしっかりと置いている………やはりあくまでも現行のルールの中で勝負すべきだ、と考えているように思えるからだ。まあ、宮台氏がそうであるか今のところちょっとわからないので、コメントを差し控えるが(たぶんそうではないかと思う)、きはむさんによる問題の投げかけに答える意味で、内田氏についてしつこくも(正直もうゲンナリしてきた)この視点からもう一度分析してみよう。

トラックバック 自由と平等 what is my l..



Comments
 
リプライありがとうございます。ただ、「居直ってる」人も「居直り」としか見なせない人も価値の多様性を分かっていないわけではないでしょう。前者はそれを理解した上で自己と他者を同等の相対性に置く事を拒絶している一種のエゴイズムであり、後者はそのエゴイズムに歯止めをかける為に大枠としての支配的価値観をどうにか維持しようと努めるのではないでしょうか。このエントリの文脈から後者の立場に実効性のある批判をする為には、「運動状態」まで達することなく「居直り」に留まっている現実の多数の人々をaraikenさんの仰る意味での「自己肯定」にまで持っていくことができると、何らかの形で証明しなくてはならないのではないかと。つまり、敢えて嫌味な言い方をしますと、現実戦略論に対するに理想を語って答えているのではないか。これは自戒を込めています、念の為。
 
きはむさん、こんにちは。
そうですねえ、価値の多様性の理解が中途半端、って言ったほうが合意できそうですね。つまり相対性の理解が徹底してないから、エゴイズムが生じる地盤が残ってるってことじゃないでしょうか? また、「居直り」としか見なせない人も、同様の理由で支配的価値を相対化しきれてないんじゃないかと思うんですが。つまり自分の足もとに相対化の作業が及んでいないので、他の価値観をネガティブにしか見なせないのでしょう。そのいい例が、内田さんです。構造主義の本を書いておられるほどですから、知識としては「外部」についても価値の多様性についてもよくご存知のはずなのに、それが内田さんの生に反映していない。知識が肉体化してないってことですよ。
それと、「居直る」人を「自己肯定」まで持っていけることを証明すべきだ、とは思っていません。そのような操作的な目的性を私は持つべきではないと思っているからです。つまり、人を変え、社会を変えることは目的ではないということです。私が考えるのは、無目的で祝祭的な社会への介入です。その結果、近代社会を貫く目的性を色あせさせ、骨抜きにしたいと思っていますが、それは目的というより、きはむさんのおっしゃる通り「理想」です。問題なのは祝祭的なコミュニケーションそのものだと思います。
それにオルタナティブな戦略の効果を現実戦略論の文脈で証明しなくてはならないのでは、なんのためのオルタナティブなのでしょう? それでは自己肯定や自己価値形成という言葉の意味がなくなってしまいます。……なんて書くとまた「なんでもあり」だ、なんて言う人が出てきそうですが。
 
と言うよりですね、分かった上で意識的に「居直り」に留まっている人の扱いをどう考えるのかということだと思うんですよ。「その2」も読んだ上で違和感を覚えるのが、批判対象を矮小化した上で批判しているのではないか、ということです。内田氏にせよ「居直る」人にせよ、相手は私たちの指摘していることなど全て分かった上で言動していると考えてから、その意味を探った方がより建設的だと思われます。「あいつは所詮保守主義者だ」とか「あいつはこれが分かっていないから…」という文脈で批判すると、もしそうでない場合自己満足に留まりやすいですし、人間はここまで(「運動状態」)達せなくてはいかんという人非人思想に陥りやすいのではないかと。多様性や相対性をきちんと理解すればエゴイズムには陥らないはずだ、という言い方はまずいと思うんですね。そこから逸脱する人の存在を捉えきれない。じゃあ排除しちゃえ、ということになる。これは旧来型左翼が陥った隘路の一つだと思うんですよ。
 
私が言いたいのは単純なことです。内田さんは均質的な量的格差を批判し、多様な生き方について語ってるのに、「学び」という量的格差を争う競争から逃走する人をネガティブな「居直り」扱いしている。これが私にはとんでもない矛盾にしか思えない。どこに多様性があるって言うんだろう。この矛盾を放置したまま、内田さんについてきはむさんのいうレベルでの議論なんかできるとは思えない。逆にこれが矛盾でないことを納得できれば、私はきはむさんの言うことに賛成できるでしょう。だから内田さんを擁護する人たちにここらへんを説明してもらいたいのですよ。そのためにあえて内田さんの語ることを誇大に、挑発的に語ってるわけです。きはむさんや秀さん、458masayaさんたちにお聞きしたいものです。上の内田さんの言葉に何も疑問を持たないのでしょうかと。

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS