泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  岡本太郎  

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

TAROの訣別

 岡本太郎はパリに遊学中のある日、シュルレアリストのマックス・エルンストにある集会に誘われた。第二次世界大戦前夜、1936年のことである。
 ファシズム、スターリニズムなどの全体主義がヨーロッパに広がったこの頃、全体主義の非人間性に対抗するために『コントル・アタック(反撃)』という組織が企てられ、シュルレアリストとジョルジュ・バタイユのグループが長年の対立を解いて手を結ぼうとしていた。太郎が誘われたのはこの『コントル・アタック』という集会だった。そこで彼は初めてジョルジュ・バタイユを知り、この集会がその後の交流のきっかけになった。
 太郎はバタイユやロジェ・カイヨワたちが中心になって進めていた『神聖社会学研究会』のオブザーバーとして名を連ね、ニーチェ読解や悲劇の研究を彼らとともに行った。(日本人である太郎に彼らは、日本の悲劇についての報告を求め、「能」の悲劇について太郎は研究会で発表している。)
 また『社会学研究会』は裏の顔として秘密結社『無頭人(アセファル)』を持ち、夜の森の中で宗教的な(動物の殺害=生け贄の)儀式を執り行っていたという。
 しかし研究会の活動にのめり込んでいた岡本太郎は、やがてメンバーたちの考えと大きなズレを抱くようになる。太郎は自伝でこう語っている。

 『……だがやがて私は何ともいえぬ矛盾を感じはじめた。純粋で精神的なこれらの運動にしても、結局のところそれは「権力の意志」だ。しかし、ひたすら権力意志をつらぬこうとする彼らのあり方に、私はどうしても調整できないズレを感じるのだ。もっと人間的な存在のスジがあるのではないか。
 自分の意志を他に押しつけ、実現させようと挑む。と同時に、同じ強烈さで、認めさせたくないという意志が、私には働くのだ。これは幼い頃からいつでも心の奥に感じていたことだったが、いまはっきりと自覚された。理解され、承認されるということは他の中に解消してしまうことであり、つまり私、本来の存在がなくなってしまうことだからだ。
 認めさせたい、と同時に認めさせたくない、させないという意志。それが本当の人間存在の弁証法ではないのか。
 私はその疑問を率直に手紙に書いて、バタイユにぶつけ、運動への訣別を告げたのだ。この手紙はバタイユを逆に感動させ、その後も互いの友情は続いた。』(『自伝抄』)


 僕は10代の頃この文章を読んで、岡本太郎がすごい人だというのはよくわかったが、このとき太郎が何にズレを感じてバタイユらの運動に訣別を告げなければならなかったのかは、いまのいままでピンとこなかった。
 バタイユ研究の酒井健氏は、そのあたりの事情をこう解釈している。

 『ニーチェの「権力への意志」説はナチスがそのヨーロッパ制覇の政治理念に利用していただけに、バタイユはことのほかこれを憎悪していた。だが彼の批判意識はいまだ甘かったと言える。<無頭人>の頭領などあってはならぬ矛盾なのだ。彼は頭領として自分の宗教観を、様々な禁止事項、制度、プログラムを通して、同志たちに課していた。バタイユが宗教の原基として見ていた聖なるものは、根本的に、このような個体の支配欲とは背馳する非個体的な何ものかのことである。バタイユはそのことを知っていたはずだ。「通約不可能なもの」「まったく他なるもの」と言って、聖なるものの非個体性を強調していたのだから。岡本の批判、そして岡本をはじめ次々と続いた同志たちの離反は、バタイユに聖なるものの原点へ、あの深夜の夜の森の神秘性そのものへ、帰るように促したと言える。』(『夜の遺言』)


 ようするに岡本太郎がここで拒否しているのは、上ー下の権力関係ということになるだろう。<無頭人>は、頓挫した「コントル・アタック」の課題を引き継ぐかたちで、全体主義への人間の統合/隷属に対抗する、人間の「聖性(祝祭性)」を追求する実践であったはずだが、それがファシズムやスターリニズムなどと同様の位階的権力による支配/服従、上からの管理、操作を受ける、または自らが上に立って自分の意志を下に押しつける、という上ー下の関係によって追求されるのはおかしいのではないか………太郎が感じたのはこの矛盾であるように思える。
 つまり、「認めさせたい、と同時に認めさせたくない、させないという意志」とは、権力関係……他者を支配したり、支配されたりする関係の拒否だろう。したがってその意志は権力という意味では徹底的に無力であるとともに、上ー下のではなく、横の関係……すなわち「交流」を要請するはずだ。
 実際、太郎が日本に帰国後、花田清輝や安部公房らと組織した芸術運動「夜の会」において追求されたのは、そのような横の「交流」関係であった。

『われわれアバンギャルド芸術家は、相互の無慈悲な対立と闘争によってクリエートする。集団の力に頼る甘い考えは毛頭ない。相互の絶対非妥協性こそわれわれの推進力となるものである。』(『夜の会』)


 「夜の会」結成のいいだしっぺは、岡本太郎と花田清輝であったし、彼らがツートップとなって運動をもり立てていたようだが、「夜の会」は岡本の会でも花田の会でもなかった。シュルレアリスムにおけるアンドレ・ブルトンのような、また<無頭人>におけるバタイユのような頭領はなく、位階組織ではまったくなかった。
 「交流」とは、このような横の関係において徹底的に対立し、それぞれが自己主張しながら共存するということでなければならない。……弁証法の教えが、対立こそが事態を前進させるというものであるのなら。おそらく太郎がバタイユに訣別を告げたとき決意したのは、権力としては限りなく無力に、そして「交流」は限りなく激しくあるべきだ、ということだったのではないか。そしてこれが岡本太郎の「爆発」の正体だったのではないだろうか。
 そして対立は、お互いの存在を認めないということを意味しない。太郎とバタイユの友情はその後も続いた、と本人も語っている通りである。多様性を認めるということは、このような横の「交流」関係を築くことなのである。そもそも上ー下の関係をとることは、単一の価値(権力)によって貫かれることに他ならないからだ。
 余談だが、<無頭人>は、第二次世界大戦の勃発とともにバラバラに寸断された。ドイツ軍がパリに入る数日前には、元のメンバーはバタイユと太郎の二人しか残っていなかった。太郎は日本への帰国を決意し、別れを告げにパリの国立図書館へバタイユを訪ねた。

 
『………最後の一人である私が帰国することをつげると、かれはグッと両手を握りしめ、前につき出し、天井の一角をにらみつけた。
 「こんなことで、決して挫折させられはしない。いまに見給え。再びわれわれの意志は結集され、情熱のボイラーは爆発するだろう。」
 孤独な彼の両眼は血の色をしていた。』(『わが友……ジョルジュ・バタイユ』)


 ………両手を握りしめ、前につき出し、天井をにらみつける図書館の司書の姿はちょっとコミカルですらあるが、バタイユはこういう熱い人だったようだ。

 ところで、杉村昌昭という人が、ガタリの社会論にひっかけて「分裂共生」という言葉を出しているのを本で読んだ。おそらく個々が自己の欲望を解放し多方向に特異性を追求しつつ、共存しようということだと思うが、たぶん岡本太郎が考えていたことも、それとは遠くないと思う。僕たちが多様な人間のあり方を肯定するなら、きっとこのような横の「交流」関係においてなされるはずだし、たぶんそのような「交流」の中からしか新しい社会のかたちや制度も構想し得ないのではないかと、僕はいまぼんやりと考えている。

 トラックバック 『認めさせたい、と同時に認めさせたくない、させないという意志』  〜大ブロ式〜

Comments
 
うん、ええ
ええがな。
 
おおっ! 宮本さん、ようこそ。しかもこれは合格ってことですか?
……いや、合格なんて言い方の中には、すでに権力が忍び込んでいる。だからこの言い方は使えない。
 
こんにちは。岡本太郎氏以外は
ほとんど知らない名前ばかり出てきていますが、
岡本氏はこのような考えをしていた方だったんですね。
僕も同じような考えを持っています。
上下関係が無く、差別も区別もない。全ての人々の心が繋がっていく。
その交流は、共有部分と個性を
自然(無意識の内)に大小(受容、拒絶)させながら、
そしてまたその全体が大小を繰り返す。
人類は金平糖のようなもので、長い時間をかけて突起を低くし、
窪んだところを盛り上げて、
限りなく球体に近なるための作業を繰り返すのではないかと。
そして、その材質も固体から液体、気体へと
柔軟性に富んだものになって行くのではないかと・・・。
それはちょうど、子どもが大人になる過程に起こる事のように。
しかし、その状態になったとして
何が生まれるのかがわかっていません。
その答えを見つけたいような見つけたくないような。(^_^;)
 
chankin1さん、ごぶさたです。
岡本太郎氏って、かなりなインテリでしょ?
ところで岡本氏本人が、コンペイトウ宣言なるものを発していて、ふつう人は年をとるほど人は丸くなり、角が取れてゆくものだけど、むしろ私はとげを体中に生やして、コンペイトウみたいでありたい、みたいなことを言っていました。
つまりこれは、人間が平準化してしまうことへの憤りなのですね。上下の支配関係みたいのはご免だが、横の関係においては自分の独自性を徹底的に追及し、激しくまわりと火花を散らそう、ということです。
たぶん現実には、 chankin1さんのおっしゃってるように、社会は丸く流体化する方向に向かっていますが、自分的にはそこに何かの力を与えて、びっくりするような面白いかたちに造形したい……なんて夢見てしまいます。
 
どうも。
>岡本太郎氏って、かなりなインテリでしょ?
そうですね。って僕が言うのは太郎氏に失礼ですね。(^_^;)
ずいぶん前にどこかの寺の鐘を太郎氏が作っているドキュメンタリーを観た事があります(角の生えた鐘です)。
その時に、コマーシャル等で受ける印象とはずいぶんかけ離れている事を感じました。
>びっくりするような面白いかたちに造形したい
きっと、そう言う事をする人がいなくなったとしたら、人類は滅亡を待つだけだろうと考えています。コンペイトウが丸くなって硬くなってしまったら、人間である意味が無いとも思います。丸くなってもマクロ、ミクロとも気体のように自由であるようにならなくてはいけないのではと。
この世の中が一足飛びに変わる事は無くて、地道な個人のareikenさんが言われるところの「祭り」のような作業を何世代にも渡って繰り返して行く事、そのことが重要だと現在は考えています。僕が知っている限りの現在の宗教や思想は伝える事や周りを当てはめる事に躍起になり、そのことを軽視し過ぎているように思っています。
araikenさんが嫌っている「競争」についても(^_^;)、毒ですが人類の成長過程においては当然自然発生的にできてしまうものだとも思います。人類はその毒を解毒して或いは抗体を持って、克服する事ができるのだと信じています。
 
結局「競争」が毒になってしまってるのは。それが単一の価値(権力)に奉仕させられるかたちで使われてしまっているからでしょうね。まさに問題は chankin1さんがおっしゃる通り、多様な人間のあり方を肯定することで、解毒し、克服することです。そうすれば「競争」そのものを楽しんだり、利用したりすることだってできるはずですから。

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS