泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ガタリを改めて読んでみる

 図書館でガタリの『分子革命』を借りてきた。実は10年ぐらい前にも借りたことがあって、もう一冊、『自由の新たな空間』という本といっしょに読んだことがあった。恥ずかしながら、そのときはほとんどチンプンカンプンだった。思うところあって再び読み直してみたわけだが、今回は結構いける。10年の間に何があったのか………独特の用語を整理して、精神分析や精神医学について一通りの知識を頭に入れておけば、『アンチオイディプス』も何とか読みこなせるのではないだろうか?………明らかにガタリの言ってることは、シチュアシオニストに通じるものがある。あたりまえかもしれないが。

 それにしても「革命」なんて言葉を使ったタイトルの本を読んでるけど、僕自身は未来なんて信じてないよなあ。あくまでも問題は現在なんだ。ガタリも革命について語りながら、問題にしてるのは現在のはずだ。もっとも68年を経験した人たちにとって、革命はけっして「夢」ではなかったのだろうが………。現在は未来のための手段ではありうる。しかしまず、現在を「夢」と同質の感動を持つ目的にすべきだろう。

Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 116
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS