泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 亡霊退治   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

アヴァンギャルド(前衛)という言葉

 19世紀後半に始まったとされる西洋「モダニズム」は、その名の示す通り、古き過去から決別して現代的な新たな価値を探求し標榜する潮流であり、20世紀前半に多発したアヴァンギャルドの諸運動は、このモダニズムの先鋭部隊であったはずだ。(『20世紀アヴァンギャルド文学・芸術におけるプリミティヴィズムーブレーズ・サンドラールを中心に』 西村靖敬)


フ~ン、モダニズムとアヴァンギャルドの関係をこのように理解する人もいるのか。こうなると、モダニズムはアヴァンギャルド(前衛)に対する「中衛」といったところなのだろうか。グリーンバーグはアヴァンギャルド(前衛)に対する「後衛」をキッチュと呼んだわけだが。
もちろん私はこうした通俗的な理解には反対で、何度も述べているように、「芸術(スペクタクル)」外の「生きられる文化」が「芸術場(アートワールド)」を乗っ取り、占拠したものをアヴァンギャルドと定義し、権力(アートワールド)がそうした外部由来の文化を簒奪し、「芸術(スペクタクル)」をテコ入れするためにでっち上げたものがモダニズムの言説だと考えている。ただご存知のようにアヴァンギャルド(前衛)という言葉はもともと軍事用語で、後衛に対する前衛として「比較」され「卓越」するという「生きられる文化」にはふさわしくないイメージを含んでいるので、本当は別の言葉を考えるべきなのだが、、、

Comments

04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 2
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS