泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 10  Trackback: 0  

誘惑

 内田さんの『サラリーマンの研究』を読んだとき、正直言うと僕はギクリとした。もちろん主張したいことはほとんど正反対であるにも関わらず、「自己を供物に捧げる」みたいなことを僕も書いたことがあったからだ。誰かにつっこまれるんじゃないだろうか………ちゃんと説明しておかなければと思ってはいたが、ようするに僕の古い記事などに目を通す人などいてくれるはずもなく、僕自身このことを忘れかけていた。きはむさんがようやくツッコミをいれてくれたので、いい機会だから説明しておこう。

 内田さんはあそこで、『サラリーマンがその労働の対価として不当に安い給料で働くことは、それ自体が根源的なしかたで「人間的」なふるまいなのである。』という不気味な搾取の正当化ともとれる発言を行っている。搾取されてこそ人間だというのだ。その議論を支えるために「供儀」の意味……『自己を供物として捧げることで共同体を維持する』ことが人間的なことである……について語られ、資本主義下における滅私奉公的な労働によって社会の承認を求めるサラリーマンの心性はこの「供儀」の現代的な表現だとされるのだ。

 はたして本当に資本による労働者の搾取が「供儀」の意味合いを持つのかってことはおいておくとしても、僕が供儀(自己犠牲)について語ったのは全く別の文脈においてである。一言でいえば、資本主義社会において「祭り」を求めることは、社会の承認を放棄する=逸脱者になることを意味する、ってことを言いたかったのだ。この承認の放棄を代償にしてしか「祭り」はあがなわれないのではないか、と思うのである。逆に言うと逸脱者(ミクロな闘争)は資本主義社会では(前近代社会における)祝祭的な意味を持つ存在になるのではないか、というのが『祭りの戦士とは何か?』で言いたかったことだ。

 このように内田さんと僕の考えは180度別なものであるわけだが、なんで、古代メキシコの話など持ち出してきたのかといえば、やはり何かを獲得するためには何かを犠牲にする必要があるんじゃないかっていうことが激烈な形で表現されているのがアステカの文化だと思うからだ。共同体と「祭り」の関係は前近代の社会と、資本主義近代では全く違うものになってしまった(かつては「祭り」は共同体に構造的に組み込まれた非日常性であったが、資本主義のもとでは「祭り」は存在を許されない………がゆえに社会への反抗こそが非日常を担う)が、例えば「栄光」のような精神的価値であっても、やはり何かと引き換えに手にしているのではないかと思うわけだ。
 もちろん内田さんのような承認のための犠牲=資本主義社会への隷属、みたいな言い方は僕も大嫌いだ。僕の言ってる「祭り」の追求が、ある種の共同性の追求と理解できるのであれば、きはむさんの言ってることもわからないでもない。ただ、何度も言ってるようにこの犠牲は強制するものではない。ぶっちゃけ「祭り」なんてなくても生きていけるだろうし………。でも心の奥底ではみんな「祭り」を望んでいるのではないだろうか、だからこそ「祭り」の居場所がない資本主義に問題を感じるのではないかと想像するわけだ。そのためには自分自身で一歩踏み出す必要がある………社会の承認なんてものを振り捨てて。じっと待っていたり、システムをいじくったりしてるだけでは資本主義が倒れる(または資本主義の中に「祭り」が出現する)とは僕にはどうしても思えないのだ。好き嫌いは別にしても、やはり何かを手にしようとするなら、何かを失わなければならないのではないだろうか。何もかも与えられているなんてことがあるとは思えない。他の誰かに期待できないなら自分で自分を犠牲(実験台)にするしかない。それを普通「チャレンジ」とか「賭け」と呼ぶのだ。それがイヤならおとなしくしてればいいだけのことだ。
 そんな実感から僕はあの文章を書いた。それにただでさえ、祝祭とか逸脱なんて言い方はお気楽な戯れだと誤解されがちだしね。

 大仰な書き方であるのは僕も理解している。何故そのような書き方をするのかと言えば、まさに「誘惑」するためだ。共感してくれるにせよ、反発を感じるにせよ、食いついてくれる書き方をしたかった。それは成功するにせよ失敗に終わるにせよ、(きはむさんとも交わしたように)交流を求めてのことなのだ。
 自分のこうした主張が正しいものなのかわからない。が、少なくとも整合性はあると僕は思っているが………どうだろう?

Comments
 
kenさま、こんばんわ。心なしかか誘惑に乗ってしまった感のある私でございますフォ〜!
「サラリーマンの研究」を読む度に思うのですが(って、一度じゃ理解できないので・・・泣)、どうもセンセーのおっしゃることは白か黒、0か100しかないように思えるのですよね。
>『「自己を他者への供物として捧げ、他者によって貪り食われる」という事況そのもののうちに強烈な快感を覚える』
のが人間なのだ。
だから
>『「人間は収奪されることのうちに快楽を見いだすことができる」』
とセンセーはおっしゃっているのだ、と私は理解したのです。
確かに人間って自分を供物に捧げることに快感を持っているとは思うのですが、それは「丸ごとゴロっと」捧げることとは違いますよね。個人差はあるにせよ、大抵の人間は供物として捧げられる許容量ってのを持っているんじゃないでしょうか。
また、供物として捧げることは自分の意志でそうしますが、奪取されるというのは自分の意志とは無関係に与えられる刺激?ですよね。
個人の持つ、供物に対する「許容量」と、外的刺激への「許容量」とでも言いましょうか、そういうもののバランスの上に立って「ここまでは自己を犠牲にできるけど、これ以上は拒絶する」という判断をするのではないでしょうか。
>『「オレの稼ぎはオレだけが享受する。オレのものは誰にも渡さない」』
でもなければ、「オレの稼ぎは全てみなさんのもの。全てご自由にお取りください」でもない、と思うのです。
ところがセンセーの想定されているサラリーマン像というのは「私のものは全部ご自由にみなさんでお取りください」「それを認めろ」と言っているかのように思えます。そんなサラリーマンがいるとしたら、是非お目にかかってみたいものだと思います。
「鋼錬」がその中で「等価交換」ということを扱っていますが、等価かどうかはさて置いて、やはり何かを得るにはなんらかの「犠牲」は必要だというのは、どう足掻いてもその通りだと思います。
花の戦争における「供物として己の命(心臓)を捧げる」ということには、その当時のその国の文化・宗教を根底とした「丸ごとゴロっと捧げることに誇りを感じる」という概念が彼等の中にあったからこそです。
今の時代の日本という国においては、「身を捧げる」ことの許容量が「花の戦争」のそれらとは違うのですし、個人差もまた大きいのですから、今の時代の日本という国において自分にとっては何をどうしたら「祭りの戦士」となれるのか≠「丸ごとゴロっと供物に捧げる」ではありません。
kenさまが書いている「ミクロとの闘争」というのは、今の時代の日本という国において自分という人間はどうすることで「祭りの戦士」となれるのだろうか、ということを追究・実践していく作業とは言えませんか?
個人の「努力」や「覚悟」の、その全てを否定することは人間的とは言えないでしょうし、内田センセーだってそんな社会を理想郷だとは思っていらっしゃらないと思います(つーか、思いたい?)
学がないので的確な言葉が使えなくて…伝わりにくいし長いしで、自分でもイライラしますが、私の中での「祭りの戦士」という理解はそんなカンジです。
にしても…長々と失礼しました。
 
araikenさん、チャマさん、こんばんわ。
この問題ですが、まず用語を整理するべきだと思うんですね。全く違う内容が語られていても、一見同じ言葉が用いられているので議論が混乱する、ということがしばしばあるわけですから。
まず、前にも言いましたが、内田氏の致命的な間違いは、「労働は贈与である」、などと言っている点です。そもそもの定義からして、「贈与」は見返り(対価)を求めない行為であり、だからこそ、それは市場における「売買」や「取り引き」、「等価交換」に明確に対立します。一方、近代社会における「労働」は、労働者が自らの行為を「賃金」と交換し、あるいはその生産物である「商品」を市場において「売買」する行為です。ですから、「労働は贈与である」という言明は、「丸は四角い」という言明と同様に、端的に背理なのです。
もちろん、現実には労働者はつねに資本家によって「搾取」されているのであり、労働と賃金の「等価性」はいわば幻想的なものに過ぎません。しかし、これと「贈与」における<等価交換の不在>は根本的に異なります(例えば、詐欺にあって「金を騙し取られる」ことと「自発的な寄付」がまったく異なるように)。
内田氏は、この根本的に間違った認識から出発して、「日本のサラリーマンの減私奉公は贈与行為である」という、たわけた議論を引き出しているわけです。
しかし、サラリーマン=労働者の行為が徹底的に功利主義と有用性の原理、そして市場における交換原理の上に成り立っていることを忘れてはなりません。労働者が「搾取」され、「騙し取られている」状況は、徹底して吝嗇な「資本の論理」に裏付けられています。
一方、古代社会における自発的な「贈与」ないし「供犠」は、「功利性」や「有用性」の否定である限りにおいて、祝祭的・宗教的な意味を担っていました。それらの社会においてすでに、「贈与」は「労働」とは対極にあるものとして位置付けられていたわけです。
もちろん、それらの社会でも、「供犠」や「贈与」は、神々や共同体の繁栄を祈る目的でなされていたことは確かです。
しかし、これは現代のサラリーマンが、巨大な機械の歯車のように<奴隷的・道具的>な存在であることを自ら受け入れ、時に死にいたるまで働きとおす、ということとは全く別の事柄です。
私の誤解でなければ、荒井さんは、人間を徹底して<モノ>に還元する資本主義社会を批判する目的で「祭り」という価値を持ち出しているのだと思います。無論、これは「踊ろう、騒ごう」などと言っているのではなく、いわば現代の資本主義の根底にある「有用性」や「功利主義」へのアンチテーゼを象徴するものなのだと思います。
だから、これが内田氏の、「人間は自己犠牲=搾取を受け入れたがる動物である」という、シニカルで反動的な物の見方と全然別であるということは、私にはごく明白であると思えるのです。
 
チャマさん、Gilさんこんにちは。
Gilさんに私自身が解説する以上に的確に私が考えていること、内田さんのトンチンカンな部分を指摘してくださっているので、チャマさんの参考になればと思います。だけど難しい言葉ばっかりかな? とにかく素晴らしい解説者がいるので、私も大助かりです。Gilさんの言葉に付け加えるべきことはないでしょう。
私が『サラリーマンの研究』を読むたびに思うのは、こりゃ、あんまりだぜ!ってことです。ま、あんまりなこと書いてる先生はいっぱいいるみたいですけどね。
ただどうしても私が言いたいのは、自分が無傷なままで、何かが変わるなんてことはあるとは思えない、ってことです。野蛮な社会ではあるわけですが、アステカの文化はそういう実感で動いていたんじゃないかと思うわけです。
ところでチャマさん、「鋼錬」の今劇場公開してるやつ、僕もワンシーンですが手伝ってます。どんな話かよく知らないんですが、「等価交換」なんて出てくるのですか? 最近のアニメは馬鹿にできないなあ。
 
荒井さん、こんにちわ。昨日の自分の文章を読み返してみたのですが、たしかに「難しい言葉ばっかり」ですね。すいません(苦笑)。
ただ、言っていることは、チャマさんが「供物として捧げることは自分の意志でそうしますが、奪取されるというのは自分の意志とは無関係に与えられる」と書かれていたことと、ほぼ重なると思います。
それにしても、内田氏はどこかで「働かない若者の不良債権化」などと書いていましたが、ここには一片の愛情も感じられませんね。国民全員が青い顔で必死に働いて「人間らしく搾取されつづける」陰鬱な大工場のような世界、それが内田氏の理想なのでしょうか。GDP(国民総生産)さえ上がればすべてはよくなる、なんて発想は自民党の議員先生のレベルにも劣ると思います。
 
「若者の不良債権化」っていうのは、山田昌弘という人の「希望格差社会」あたりから引っぱってきたようですが、ああいう暗い社会の分析は、「脅し」ですよね。問題は資本主義そのものがもともと持っているものであるのにもかかわらず、それを見ようともせずに、ちゃんと勉強して、競うように働かないと堕ちてゆくぞ〜っていう、私たちのやる気とかそういった精神論に問題をずらそうということですね。何度も書きましたが、内田さんはこの「不良債権」が聞く耳を持たない(オルテガの言うところの)大衆であるとか、ファシズムなんてとこにまでつなげて論じてしまっています。
そういえば、享楽的な男女が「できちゃった婚」をして、経済的に苦しくなり、その子供はいい教育が受けられず、結局格差が広がってゆくみたいなことも言ってましたね。今でも「祭り」の時期には、「お祭りベイビー」がいっぱい種付けされる(笑)なんて話を聞きますけど、そういうちょっとケツが浮くようなドキドキするような話も、内田さんたちにとっては「できちゃった」ものでしかないんでしょうね。
 
上の話を読んで思い出したのですが、数年前から青少年によるホームレスへの暴行事件が問題になってますよね。
そのとき、加害者の少年たちは「働かないでぶらぶらしている」とか「怠け者」とか「ゴミ」とかいった言葉でホームレスを罵倒したそうです。しかし、まさにそれは彼ら自身が属する社会一般の価値観なんですね。つまり、<働かない人間>はゴミであり、邪魔物にすぎないんだと。「若者の不良債権化」といった言い方にも、全く同じ冷酷な功利主義的メンタリティを感じます。
内田氏の言動には毎回呆れさせられますが、社会とのコミュニケーションや生き方に苦しむ弱者を「不良品」扱いするまなざしの方に、私はむしろ<ファシズム的心性>に近いものを感じます。
 
araikenさん、こんにちは。Gilさん、お久しぶりです……。
『希望格差社会』は、まさしく精神論に問題をずらす格差肯定本だと思いました。しかも、それが一見格差批判のような体裁をとっているので、やっかいですよね。ところで、野宿者暴行の加害者を免罪するつもりはないのですが、ある意味で彼らも格差社会の被害者でもありますよね。「若者たちが野宿者についてよく言う「働け」というセリフは(もちろん、野宿者は働きたくとも仕事がないのだ)、彼らの常に感じている「勉強しろ」「学校へ行け」という有言無言の圧力の言い換えではないのか。いわば、彼らは自分に向けられる抑圧を受け入れるそのために、その抑圧を文字通りに他者に向けて実行している。(http://www1.odn.ne.jp/~cex38710/future.htm)」彼らは、システム(社会・学校)の暴力を内面化させられたのだとも言えます。彼らに対して単に「暴力はいけない」と眉をひそめるのは、「システムの暴力」の問題を隠蔽することでしかない。ところが山田昌弘氏は、希望を失った若者が暴発しないように、諦めさせるカウンセリングをせよ、というようなことを言って、精神論(心理学)に問題をそらせるのです。
 
猿虎さん、こちらこそお久しぶりです。やはり正体はバレてましたか。
それはさておき、『希望格差社会』という本はまだ読んでないのですが、猿虎さんと荒井さんのコメントを読む限り、かなりうさんくさげな印象を持っています。
全くおっしゃる通りで、ホームレスを襲う加害者たる若者たち自身が、学校という「システム」からこうむっている抑圧的暴力を、無自覚に他者に対して反復しているのだと思います。まさに暗澹たる状況ですが、ここにもまた、フーコーが分析したような、精神病理学的な<知>と<権力>の持たれあいがあるのだと思います。格差社会自体のもつ「構造的暴力」を、個別的な存在(たとえば上の若者たち)の「病理」に還元する<カウンセリング>なるものは、学問という形を取った「組織的欺瞞」以外の何ものでもないと思います。
 
みなさま、こんばんわ。
Gilさん、「解決」ズバット参上ってカンジで、いつも解説頂いて助かってます。ありがとうございます♪
みなさんがおっしゃることは、その通りだと思います。
姑をイジメル母親は、その姿を見て育った我が子に姑と同じ扱いを受けるのです。
子どもに問題があると決め付ける前に、大人が襟を正すことが先じゃないんでしょうかね・・・「慈悲」の宗教をバックボーンにしている大学のセンセーのお言葉には、あちらこちらから偏見がこぼれ落ちていて、私にはソラ恐ろしいです。
偉いセンセー方というのは、ご自分が持つ主観や観念や信念などから出てきた「理想」「目的」「結果」なんてものを「ン間違いない!」と結論付けていて、その「理想」やら手段やらについての議論には「主観や観念や信念やらを介入させないリアリズムを要求している、なんて思います。
その上そんな圧力的な「理想」を実現させるためには、多くの人間性を犠牲にしなくてはならないじゃないのさ!って思います。
ハードは人間でも、ソフトがキカイダ〜。
そんな不等価交換はまっぴらゴメンです。
kenさまが「鋼錬」の背景を手掛けていらっしゃることは知ってます♪
一応ここに居候させて頂いている身ですから・・・あ、居候じゃないか・・・
錬金術は等価交換が基本ですが、「何かを錬金して出した時には、世界のどこかで同じだけの何かが喪失しているんだ」「エッ?!そうだったのか・・・」なんてことを言ってたりしてましたよ、確か。
「等価交換」という言葉も何度も出てきたと思います。「賢者の石」を使えば等価でなくても錬金が出来るってんで、その石をめぐって物語りが進んでいたような・・・
おもしろかったですよ!我が家の大好物でした。周りの子ども達の間でも、「好きぃ〜」っていう子どもは多かったです。
そんな子ども達はいつか、「ああ、等価交換ってこういうことだったのか」なんて思うのかもしれませんね。
思えば、今の世の中ってダレもカレも「賢者の石」を持っているかのような振る舞い、ってカンジがします。
劇場版は見逃しちゃいましたけど、そのうち何らかの形でゼッタイ見ると思います。もちろんエンドロールまで、しっかり見させて頂きまっせぇ!
 
猿虎さん、ごぶさたしてます。そしてGilさんどうもです。
ずいぶん古い本になりますが、赤坂憲雄氏が『排除の現象学』の中で、近代社会に特質を、表層的な博愛の精神を、深層の根源的な異質なものの排除が常に裏切り続けている社会だと定義していました。
野宿者などの差別はあってはならないと、建前では言っているが、そもそも近代の私たちの日常は、そのようなおぞましき異物を排除することで成り立っているわけです。浮浪者狩りの少年たちの凶行は、私たちの日常が秘めている本音(排除)が建前(表層の倫理)をぶち破って吹き出したものだ、と赤坂氏は解釈していました。つまり少年たちの姿は私たち自身の鏡に映った姿でもあります。内田さんは露骨に、またおそらく山田氏もこの根源的な排除に乗っかって発言しています。全くと言っていいほど無自覚に……です。
>チャマさん、チーッス!
センセー方の考える政策みたいなものも大切なんでしょうけど、そのセンセーの精神がトンチンカンだと、とんでもないことになっちゃいますよね。だいたい社会を「操作」するっていう発想自体がなんか好きじゃないなあ。真面目に取り組んでるにしても、エリート臭さをどこかに感じちゃって………。これはひがんでるんですかねえ(笑)。
「鋼錬」のタダ券をもらったんですけど、近所の子供にあげちゃったんで、私もまだ見てないですが、名前ちゃんと出てるかなあ。

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 67
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 117
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 23
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS