泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 7  Trackback: 0  

恋と革命

 どうやら僕のような考えもそれはそれでいいだろうってことで、お許しが出たようだ(笑)。……… そうそう、しんどいんなら変革なんてやんなきゃいいだけの話だ。食うに困ってるわけでもなく、誰に頼まれたわけでもなし………。そこを敢えて何かやろうとすれば、余計なものを背負い込むことになるってのは当たり前の話じゃないの? ま、きはむさんももう言うことがないってことだし、僕も同じことしか答えられないので、そろそろこの件に関しては店仕舞かなと思うが、とりあえず考えたことだけはエントリーしておく。

 osakaecoさん言っていた「設計図を持たない生き方」っていう言い方が面白いのでちょっと考えてみたい(きはむさんのとこに書き込まれていたコメントは消されてしまったようだが)。
 具体的なビジョンの欠如をきはむさんに指摘されて、僕はそれは出す必要がないのではなくて、安直には出せないのだという言い方をした。そのこと自体間違ってるつもりはないが、実際に僕自身のことを考えると、何もビジョンなんてないし、考えようともしていないのは事実で、ぶっちゃけ、きはむさんの言う通りなのだ。………が、それはやはり政治の欠如ではないということを「設計図を持たない」という言い方でosakaecoさんは表現してくれたのだと思う。

 意識の変革と社会の変革は手を取り合いながら進まなければならない、という問題があり、そういう目で例えば内田さんとか、『希望格差社会』を書いた人の社会の分析や提言を見てみると、資本主義社会の価値観をずいぶんと無条件に肯定して(資本主義に没入して)発言しているように見えた。これでは改革どころか改悪にしかならないだろうと思って、ちょっとケチをつけた。
 どうもこういうミクロな意識の問題をすっとばした改革の提言は少なくないと思うのだが、そのような改革が為そうとしているのは………社会を対象的に「操作」することだろう。確かに近代の政治とは社会の操作であった。それが社会主義であろうと、ファシズムであろうと、民主主義であろうと、結局は一部の知識人エリートによる上からの社会の操作こそが政治であったように思う。
 そのような「操作」のみでは社会の変革はなし得ないという認識から「分子革命」みたいなミクロの変革という全く別の形の「政治」が提案されているわけだ。

 だがこのような別種の「政治」に意識的に取り組む人はあまりいないのが現実で、だからこそ議会政治や具体的な政策を作ったり遂行したりするシステムや、そこで提案される「設計図」は結局は社会の「操作」以上のものにはならず、おそらく居心地の悪い今の社会を根本的に変革するには、どんな立派な政策を出したところで片手落ちだろうと思うのだ。
 このような政治における「操作」の突出を見るにつけ、僕はむしろ「操作」的な意味での政治から距離をとり、あえて意識の変革に通じるミクロの政治に自分の関心を絞り込んだ………という面は確かにある。
 資本主義的な価値観………学校や職場や家庭の日常を貫いている業績主義や消費のイデオロギーは非常に堅固で、メディアや教育機関などもむしろそれらのイデオロギーをより強化する方向に作動していることを考えると、このイデオロギーに縛られた意識の上にいかなる操作的改革が行われても虚しいだろう………緊急な課題はむしろミクロな闘争なのではないかと思うのだ。
 なるほど、それは「操作」の政治の視点からは「具体的なビジョンの欠如=思考停止/現状肯定=設計図をもたない」ってことになるだろうが、そうではないということをこれまで語ってきたわけだ。

 ただ、きはむさんの誤解に対抗する形で、戦略とか目的とかいうことを強調してミクロの政治=意識の変革ってことを語ってきたわけだけど………意識の変革にしたってやはり他人の意識の「操作」であってはならないはずで………つまり意識の変革は、人を変えることを「目的」とした行動であってはならないはずだと思うわけだ。
 ミクロの政治とは、「自己の固有/特異性を可能性の果てまで追求すること」であるとしたが、同時にそれは「操作のための設計図」を持たずに社会に介入することであり、無目的的な社会との交流である、とも定義できる。したがって介入にあたっては、操作するもの/操作されるものといった分割に基づく対象的な人間関係をつくってはならない………つまり、(「操作」にはつきものの)「達成を目指す」ものであってはならないのだ。
 じゃあ、社会の変革なんて言ってるけど、本当のところお前はやる気があるのか? と言われてしまいそうだが………スタンスとしてはミクロ闘争=「自己の固有/特異性を可能性の果てまで追求すること」=無目的的な交流そのものが問題であり、その結果としてそれが社会の変革(夢の実現)につながるとすれば、それは大歓迎である、というかたちであるべきだと思う。
 ややこしくなってしまったがようするに、僕らは具体的な目標を持った活動を考えているが、それは「操作」という形では達成され得ないものであって、「設計図を持たない」という手段をとるべきだ、ということでありまた、具体的な目標の達成よりもむしろ「ミクロな闘争=交流」そのものをこそ目的にすべきだと言うことになる。

 前にも書いたことだが、肝心なのは結果(夢の実現)そのものよりも、自分が特異/固有性の追求という課題に「賭ける」、「挑戦する」ことそのものに意味があるということだ。
 例えば、ある美少女に恋をしたとして、当然ライバルが多いし、その子とつきあえる可能性はけっして高くないような状況で、やっぱり男としてはアタックしなければならない………で、相手にされるかわからないがあれこれ話しかけてみたり、口説いたり(つまり誘惑)してみたりするんだけど……結果、玉砕して他の男に持ってかれてしまった場合、一体その男の価値は、(その女と結ばれた、あるいは、結ばれなかったという)結果で判断されるのか、それともある女と心を通わせたいという欲望を抱いて、その欲望に殉じたことで判断されるのか、ってことだ。
 もちろん僕は後者で判断するべきだと思う。結果は失敗でも、苦い思いをなめながらも「賭け」に出たってことのほうで評価されるべきだと思う。たしかにつきあうことができて、セックスできればバンバンザイなんだろうけど、つきあってみたら案外退屈だった、なんてこともあったりで、恋の実体は結果よりチャレンジにあるんじゃないかって思うわけだ。
  恋と社会の変革をいっしょにするのは不謹慎に思えるかもしれないが、僕はむしろ同じように考えるべきで、実際の変革という結果より、チャレンジする意志が問題だと思っている。これはようするに「賭け」に特有の態度で、失敗しようとして賭けに出るやつなんていないわけで、それは極めて真剣で戦略的な試みなのだが、実は結果よりも「賭け」そのものの緊張感………すなわち自己の固有/特異性を追求する「試み」そのものの持つ緊張感………のほうが大事なのじゃないかと思うのだ。それに仮に社会を決定的なかたちで変革できたとして、それで歴史が終わってしまうわけじゃないだろうし、終局の状態などあり得ないわけだから結果そのものは問題だとは思えない。

 こう考えると目標を持った活動が、設計図なしで行われたり、達成を目的としないということはけっして両立しないわけじゃないと思う。 rorygallagherさんが言っていることについていうと、「目的があるからこそそれを達成できず脱落する人もいる」のではなくて、「結果にこだわるから脱落なんてものが生まれる」ってことじゃないだろうか。目的はあっていいし、その目的に「賭ける」わけだけど、目的が達成されなくてもそのことで人を評価しない、ということであれば脱落なんてことにはならないと思う。逆に「人間努力すれば……」と言う言い方で表現しているのが自分の人生の(結果にこだわる)「操作」であるとするなら、目標が達成できないことは即、失敗だということになってしまう。そこで発想を転換しなければ、「断念」なんていう業績主義のイデオロギーに絡めとられるだけだろう。
 つまりミクロ闘争っていうのは、そのように「操作」から「賭け」の精神へと発想を転換し、人々の意識が改革されることを願いながら(操作するのではなく)自分を「賭ける」ことなのだ。
 
トラックバック こんな記事見つけた♪(チョット前の記事だけど) what is my life

Comments
 
そうそう、コレコレ!(笑)
それはそのまま、kenさまが若かりし頃に影響を受けた「友人」とkenさまとの関係だと思うんです。
その友人氏は、kenさまに対して何か操作しようと思ってそうしている訳ではなくて、おまけの結果としてkenさまが影響されただけ、ですよね。
こういう発想は、何かを生むこと(結果)を重視する産業社会では考えられないものだと思います。そしていつの頃からか日本では、何かを生むことを目的とすることが大前提になっていると思うのですが、それを全てに当てはめることに無理があって、それが今の社会の閉塞感に繋がっているんじゃないかろうか、なんて思います。
旅行は賞賛されるけど、放浪は許されない、みたいな・・・
ずっと放浪しててもキツイものがありますけど、人生の中でチョイと放浪しているような時期があってもいいじゃない、なんて、甘いですか?
 
あれ? チャマさん。私の若い頃のエピソード、ひょっとして電柱の影から見てました? しかも心の動きまで見抜いてるようですが………もしかしてエスパーチャマですか、あなたは(笑)?
そうなんですよ。それ、私が言いたかったことです。全て目的的で、結果が出ないことは無意味だ、みたいなのが、息苦しさを感じさせるんですね。メチャクチャじゃダメかもしれないけど、失敗とか、寄り道とか、無駄なこととか、偶然に身を任せたりとか、旅にしろ人生にしろそういうものがあってこそ、味が出るわけですから。
 
kenさま、まいど、お世話になります。
先週の新聞ですけど、「リアリズム」を警戒している作家さんが参加している座談会の記事がありました。
エントリしましたので、TBさせて頂きましたぁ。
ヨロシクお願い致します。
あ、そうそう、電柱は日本全国どこにでも(多分)あるんですゼェ〜
グヘヘヘヘ〜
 
正直,ほっとした感覚です。とてつもなく失礼な,冷たい言い方なのですが,こういて欲しいというaraiさん像とaraiさんの言動が一致しているからです。
賭けについては小心者の僕はついていけないところがないわけではないですが,プロセスを重視する(できれば楽しむ)点は共感できます。
ということで,実はなんとなく違和感があるんですが,それは僕自身が解消しなければいけないことなので,ふらっと放浪に出かけてきます。
 
rorygallagherさんこんにちは。私たちは無目的であることを目的とする(岡本太郎)ことしかできないだろうというところにとりあえずは落ち着きましたが、とにかく結果で判断しないというのが「試み」「賭け」の観点からは大切じゃないかと思うのです。
いずれにせよ参考になりますので、違和感を感じたらまたコメントいただければ幸いです。
いいですねえ、放浪………。私も昔ほどではないにせよぶらっとどこかへ行きたくなるときがあります。
 
ちょっくら伊豆まで放浪してきました。
僕のコメント,とてつもなく眠かったとき書いたんですが,それこそ失礼なカンジですね!今さらなんですけど,謝りたくて・・・ごめんなさい。
僕の感じている違和感は,現段階ではそれを説明すらできそうにないので,ちょっと充電期間が必要なようです。放浪もあんまり役に立ちませんでした。
 
rorygallagherさん、お帰りなさい。伊豆へ行ってたのですね。私はまたインド放浪にでも出かけたのかと思いました(笑)。私のほうも言葉で自分の考えを表現しようとするのですが、どこかなにかが違うような感じはいつも抱いています。もっとスッパと、気持ちよく説明できないものだろうかと………。

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS