FC2ブログ

泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 亡霊退治   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

バフチンのカーニヴァル論と聞くと何をいまさらと思うかもしれないが

、、、これは面白い本だぞ、、、まださわりしか読んでないんだけど(笑)。かつて山口昌男らによって日本に紹介されたというから、祝祭論とか中心と周縁とかの人類学、社会学的な文脈で当時は読まれたんだろうが、今日、スペクタクル社会からの自律への道標として読まれるべきだと思う。バフチンによる「公式文化/非公式文化(カーニヴァル)」という腑分けは、そのまま「スペクタクル(文化の疎外、疎外の文化)/自律した生」の対立へと読み替えることができる。シチュアシオニストがスペクタクルの観客であることを乗り越えるものとして出してきた「生きる者」による「状況を構築」のイメージをつかむには、バフチンの「カーニヴァル」の描写を読めばよい。「転用」の戦略のなんたるかを知るためには「カーニヴァル」において多彩に用いられた「パロディ」を思い浮かべるべきだ。
 またシチュアシオニストの活動をして「アヴァンギャルド芸術と政治の統合」だと軽々しく言う人がいるが、これは間違いだとは言えないが、誤解を招く言い方である。アヴァンギャルド芸術とは、芸術という公式文化の領域をカーニヴァル化する実践であったが、シチュアシオニストの「状況を構築」はより広範に生活全体をカーニヴァル化する試みだったわけで、本質的には全く同じ「カーニヴァル」なのである。よく誤解されているようにシチュアシオニストは、前衛芸術の手法を使って政治に介入したから「芸術と政治」の統合だったのではなく、「カーニヴァル」空間そのものが、体制や秩序を反転させて成り立っているものだからこそ、それは高度に政治性を持っているのである。似たような例で言えば、ブランショは68年5月について「路上に降りたポエム」だ、という評価をしたというが、これも「政治×芸術」という意味に解釈しないで、5月革命は「カーニヴァル」だった、と一言でいったほうがよろしい。
 ドゥボールがシチュアシオニスト内部のいわゆる「芸術派」を厳しくパージしたことも、運動の偏狭さだとしてよく批判される。これもシチュアシオニストの活動がカーニヴァル(非公式文化)であり、芸術(公式文化)ではないことの論理的帰結だったと考えるほうがスッキリする。
 アヴァンギャルドにしろシチュアシオニストにしろ、目新しいものでも珍奇な変わり者によるものではなく、民衆は人類の歴史の古からから状況を構築して面白がってきたし、カーニヴァルは近代化とともに消えてしまったのではなく、運動の中に現在も生きているということを、バフチンの本は教えてくれる。
Comments

10 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 72
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 62
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 122
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 28
反芸術研究室 6
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS