泥沼通信

祭りの戦士 @ กลับมาจากกรุงเทพฯ

 

Category: 思想など   Tags: 思想  

Response: Comment: 11  Trackback: 0  

スキゾ・キッズ

 きはむさんが言ってた仲正さんの『ポストモダンの左旋回』の第6章に目を通してみた。なるほどつまり、きはむさんはここでいうスキゾ・キッズのような存在を「逸脱」と見なしている、ってことだろうか。だとすればきはむさんが、再帰派はこのような逸脱に警鐘を鳴らしている……と、うるさく言っていた理由にも納得がいく。
 20年前にこの浅田彰の流行があったときには、僕はなんとなく胡散臭さを感じていたため、浅田の本はほとんど読んだことがなかった。このポスト構造主義思想の流行にまとわりついている「軽さ」が嫌いだった。(今思えば、それはポスト構造主義そのものに問題があるというより、日本への紹介のされ方が良くなかったってことになるんだろう。外国の文化を輸入するときにつきものの問題……つまり、上っ面のファッショナブルな面だけを紹介し、背後にある血なまぐさい矛盾や闘争の面を切り捨ててしまう……ってとこに原因があるようだ。)そのせいもあって、20年にわたって僕はドゥルーズとかデリダとかいった人たちの本を敬遠し続けたのだ。だが、今こうして改めて浅田の言葉を追ってみると、確かに僕が使ってきた言葉と意外なほど似ていて、「逸脱」という言葉でこのスキゾ・キッズと、僕自身の考え方もひとくくりにされてしまうのはわからないでもない。ただ、それは全く別物だ、と言わなければならない。そして当然、スキゾ・キッズの「逸脱」は批判されてしかるべきである………つまり(逸脱はいけないということではなく)そんなものは逸脱にはあたいしないと。

 「エディプス神話」を解体することで、資本主義の安定の蝶番を無効にし、従来の左翼的な闘争(労働運動)から逃走へと抵抗の形を変え、権力を奪取するのではなく、資本主義自体を多様化する、という戦略は、とてもよくわかる。というか僕の思考にそっくりだ。が、実はこの思考が力を持つためには、それが日常生活における徹底的なミクロ闘争(ミクロ的な社会への介入)によって裏打ちされている必要があるのだ。でないと、その「逃走」とか「戯れ」みたいな戦術は、単なる「逃げ」であり「おたわむれ」に過ぎなくなってしまう。実際、スキゾ・キッズっていうのはそういう人たちだったのだろう(よく知らないから……たぶん)。
 取り違えが起こらないように、もう一度説明しておくが、祝祭とか逸脱みたいなことを僕は語っているのだが、それは自分が実際にお祭り騒ぎをやらかしたり、逸脱的に無節操で軽薄な生き方をすることを意味するのではなく(そういうやり方もあっていいのだが)、社会全体から見てみるならば、祝祭的、逸脱的な意味合いを持つだろう生き方について語っているのだ。つまり資本主義が生産を中心的な価値としている以上、それに逆らう反抗的な生き方は、非生産的で、逸脱的なものと受け止められるだろうということだ。
 したがって、逸脱の戦略はスキゾ・キッズのような「軽い」ものじゃなくて、別な意味での覚悟を要求するものだと言える。日常生活の中を貫徹する資本主義的権力とのミクロ闘争………なんて言うと大げさなんだけど、ようするに反資本主義的な価値観を持って生きることは、世間(学校とか職場など)、家族、友達などが普通持っている価値観と対立することになったりして、その結果、後ろ指をさされたり、嫌われたり、嘲笑われたり、変人扱いされたり、無視されたりする…………という可能性を持つもので、それは社会の側から「異物」や「逸脱者」(マイノリティ)、究極的には犯罪者という烙印を押されることにつながりかねない立場なのだけれど、そういう覚悟を持ち、そういう運命を引き受け(自らを実験台にして)生きるということなのだ。悲壮である必要はないかもしれないけど、けっして逸脱を気取った軽いノリで生きることにはならないと思うのだ。

 だからスキゾ・キッズみたいな偽の逸脱と僕の考えてる逸脱を混同してほしくはない。偽の逸脱(偽の多様性)は批判されなければならない………が、内田さんみたく「逸脱を防ぐ」というやり方ではなく、「どうせやるならちゃんと逸脱しろ!」と言わなければならない。というのも「逸脱を防ぐ」というやり方は体制側の人が多様性を抑圧するための口実になってしまうからだ。
 むしろこの仲正さんの文章を読んだかぎりでは、僕の考えてることはほとんどガタリの「分子革命」と同じだと思う。長くなるが、面白いので仲正さん(およびガタリ)の文を引用しておく。
 
ここでガタリは、偽りのノマディズム(遊牧民主義)と、"実在的ノマディズム(真のノマディズム)"という二項対立的な分類をかなり"意図的"に行っている。偽りのノマディズムというのとリは、資本主義の統合の論理から「逃げる」と称しながら、実際には、資本主義的な生産・消費システムに依拠し、流されているだけのライフ・スタイルである。端的に言えば、浅田を追いかけている「スキゾ・キッズ」のような生き方である。これに対して、インディアンやアボリジニをモデルにした「実在的ノマディズム」は、都市の論理に縛られることに実体的に抵抗し、「欲望の機械」のコントロールを打ち砕いて、ノマド的な生き方を再獲得しようとする。「われわれ」の欲望を吸収しながらグローバルに属領を拡張していく資本主義的な「客観的都市」に対して、実在的な遊牧民たちの目指す「主観的都市」は、われわれの「欲望」を「漏出」させながら、「脱属領化」するコミュニケーションのネットワークを生み出していく。無論、それは、「われわれ」の欲望に決まった行路をつけてしまって、より大きな枠(メディア化された資本主義)の内に取り込んでしまう「スキゾ・キッズ」的なコミュニケーションではない。ガタリはさらに、そうした「実在的なノマディズム」の精神に基づく、政治的な変革のプログラムをも提起しようとしている。いわゆる「分子革命」である。

『これらの未来展望はすべて正真正銘の社会的な実験によって導かれないかぎり意味をもたないものであろう。現在のマスメディアにおいて生じているような、還元主義や画一主義で〈主観的都市〉を貧弱にする方向ではなくて、個人的・集合的な主観性が豊富化するような方向にむかうということである。そのためにも、新しい都市づくりや旧市街の刷新、あるいは〈荒廃した産業地域〉の再転換などをはかるときに、そうした大きな社会的実験にかかわる契約をかわしながら計画をすすめることを私は提唱したい。家庭生活や近所づきあい、教育、文化、スポーツ、子どもの世話、老齢者や病人の介護といったもの、ありうべき新たな様式を具体的に検討するためにである。/実際、生活を変え、新たな活動スタイルや新たな社会的価値をつくりだす手段は、もうわれわれの手に届くところにある。欠けているのはそうした変化を引き受けようという政治的な欲望と意志だけである。(……)われわれは、人々のものの見方や考え力の変化に通じるであろうこうした<分子革命>を企てる前に、グローバルな政治革命を期待すべきなのであろうか? われわれはここで二重にからまった円環をそれは、前にしている。一方では、社会、政治、経済は人々のものの見方や考え方の変化がなければ進展することができず、他方では、人々のものの見方や考え方は社会全体に変化が生じないかぎり変わることがないという状況である。われわれが提唱する大規模な社会的実験はこのような矛盾から脱出するための一手段となるだろう。新しい住まい方の実験が成功すれば、広範な変化への意志に大動きな影響を与えることができるだろう。』(ガタリ『フェリックス・ガタリの思想圏』)

 ここからはっきり分かるように、ガタリの「分子革命」は、必ずしもマルクス主義が目指しているようなグローバルな「政治革命」を直接的に意味するわけではないものの、パラノ資本主義的な「都市生活」を、個人(分子)のレベルから変えていく社会的実験を通して、社会全体を統御する政治のレベルにも変化を起こそうとしていることが分かる。言わば、パラノ・ドライブからはみ出してしまうような人たち、”ポリス外の人たち”を「ノモス」的に含んだ遊牧民的なライフ・スタイルを実践することを通して、「客観的都市」に集中している「われわれ」の「欲望」を脱属領化していく戦略である。
 こうしたガタリの………ある意味で………”壮大”なプロジェクトは、「欲望」の方向を多様化させていく点では、浅田の「スキゾ・キッズの冒険」と似ているようにも見えるが、変革へ明確な「意志」をもって、資本主義的な「客観的都市」に対して遊牧民的な攻撃を仕掛けるという側面からみれば、180度異なっていると言っていい。『スキゾ・キッズ」であればたとえ「脱属領化」のためであれ、何らかの”目標”を持った「意思」を表明することを拒否するだろう。すくなくともばんねんのガタリは、浅田のスキゾ・キッズのイメージからかなり”逸脱”して、「ポリス(政治)」を崩していくためのノマド的な「(反)政治」を標榜していたのである。

 この不可解な言葉使いにはいつも悩まされるが、それでもガタリの言葉は僕にはピンと来るのだ。「個人(分子)のレベルから(生活や意識を)変えていく社会的実験を通して、社会全体を統御する政治のレベルにも変化を起こそう」ってのはまさに僕の考えと一致する。つまりこのような社会への実験的介入こそが、資本主義社会にとって許しがたい「逸脱」と受け取られるだろうということなのだ。で、僕が考えるに、こういう具体的な「目標」を持った活動をすることと、それが何らかの「達成(結果)を求めない」ということは両立することだと思う。それと、きはむさんがしきりに気にしている、こういったミクロ闘争の現実的な効果、みたいなことについても言いたいことがあるが、まあそのへんは日を改めて説明してみたい。長くなっってしまうので、今日のところはとりあえず『左旋回』の一部を読んだ感想でした。

Comments
 
その意気やよし…特に、保守の深い底流にある
反近代の、神風連の生き残りにとっては喝采したくなるでしょう。
ただし、今のこの資本主義近代文明が、六十数億人で
年十万人以下の餓死者しか出さず…この比率は
日本の江戸時代やローマ帝国なども含め、歴史の全てより低い…
食わせてきている、ということです。
最優先されるのは、それをゼロにすることのはずでは?
もし近代資本主義を壊したら、大半は餓死するでしょう。
このまま近代資本主義の暴走を許したら、百年以内に
最低半分は餓死するでしょう。
僕はどちらも避ける道を探るつもりです。
 
もちろんみんなが食っていける経済的な条件を作るのは前提でしょう。ただ、いずれにしても変革のビジョンなんて、何人かの人たちが頭をひねって絞り出すようなものではないでしょうし、将来の見込みだって、頭で考えてる通りにはならないと思います。それでも考え、試みることしか私たちにはできません。
 
有名になった当時の浅田彰は、「超若学者」とか呼ばれてもてはやされてましたが、もはや見る影もありませんね。年もとったし。まあ、『構造と力』はそこそこよく書けていましたが。私がこの人を決定的にダメだと思ったのは、自分の対談集の後書きで、「この対談集はゴミ箱のようなものだが、一流レストランの素材が惜しげもなく放り込まれているゴミ箱だ」などと書いているのを見たときです。客にちゃんとした料理を出せてこそ一流のシェフなのであって、「ゴミ」に一流も二流もないだろう、と思いましたね。
それはともかく、ガタリのような人の思想も、今読むと、80年代的、ニューアカ的な変なバイアスを抜きに読めていいかもしれませんね。
ガタリの言っていることはよくわからないという定評がありますが、少なくとも引用部分に関する限り、主張は明快であると思います。社会を変えるには物の見方を変えなければならず、物の見方を変えるには社会を変えなければならない。これは、あらゆる変革につきもののジレンマかもしれませんね。
さきほどのコメントにすこし付け加えます。
ガタリについては私もよく知らないのですが、彼の場合も、根底にあるのは68年の「五月革命」の経験であるようです。高度資本主義社会に突如風穴を開けたように見えたこの出来事と、その前後の多様な左翼運動の流れを土台にして、ガタリは「新たな活動スタイルや新たな社会的価値」を作り出すことを構想し、「分子革命」ということを言い出すにいたったようです。
ところが一方、彼やドゥルーズの紹介者である浅田彰は、既成の左翼運動や安保闘争などを軽蔑はしてみせても、けっしてその文脈に自らを位置付けることはありませんでした。むしろ、彼の本は、高度資本主義社会を「とりあえず」肯定してみせた上でそれを超克する、という戦略的姿勢を示すものでした。彼自身の意図はともかく、これは結局は、当時バブル期へと向かっていた資本主義社会への同化の姿勢の免罪符として機能したと思います。
ですから、荒井さんがおっしゃるように、この両者のスタンスはずいぶんかけ離れていたと思います。ガタリやドゥルーズにとって、こうした日本への紹介のされ方をしたことはやはり不幸なことであった気がします。
 
おっしゃる通りだと思います。文化輸入につきものの事態だと言えばそれまでですが、どうにも惨憺たるありさまでした。仲正氏によると、90年代に入って、これらポストモダン思想は、その「政治性」に光を当てて紹介されるようになってきたということです。まったくもってここでガタリが語ってることは、明快で生き生きしているように思います。変化したのはガタリなんでしょうか、私たちなんでしょうか?
Gilさんがおっしゃっているジレンマ……社会を変えるには物の見方を変えなければならず、物の見方を変えるには社会を変えなければならない……を解決する魔法のような政策なんてないと思います。これは結局、自らを実験的な生へ投入することによってしか、そのような代償をもってしか解消されないだろう、というのが私の考えです。たぶんガタリもそう言いたいのではないでしょうか。
 
荒井さんが、僕が浅田に言いたいことをすべて書いてくださった気がします。僕の書いてきた文句はちょっと、下の世代の人には 分かりづらかったのでしょうか。あの骨なしニューアカブームをリアルタイムで経験してない世代の方には、その泡泡(バブルバブル)性が理解できないかもしれませんから、「このおっさんなんで、こんなに吠えてるの?」って感じで受け取られていたと思います。しかし、そもそもは浅田と聞くとすぐこの「お○ま野郎」って叫んでしまう僕がいけなかったんだと思います。荒井さんのように冷静にこうやって批判を書くとだれもがうなずいてくれるはずです。
「逃走論」は、こりゃいかにも胡散臭いと読んですぐ分かりましたが、本当の胡散臭さを見破るべきは「構造と力」でした。こっちを真に受けたから人生遠回りしたと思います。なまじ、学生のとき「構造と力」を読めるというのは、本当に困ったものです。「さっぱ分からん」という感想をもつか「批判しながら読む」のどちらかだと、人生変わった気がします。「構造と力」も「逃走論」も、そして中沢の「雪片曲線論」もそうですが、あの当時の本はどこにしまったか不明です。しかし思い出すにかなりの「ト」が書いてあると思います。あの時代の日本の風潮としてなぜか「一元論」をみな求めた不思議さがあります。哲学でおれは一元的に何もかもが語りつくせると言わんばかりに。これは、実は浅田や中沢がよく引用したドゥルーズの発想つまり多元論と最も相反する思想です。こんな子供騙しに騙された私が子供だったって事なんだと思いますが、ドゥルーズの翻訳がほとんど出ていなかった当時、それをチェックすべきすべもほとんどありませんでした。
しかし、10年も前ですが、家内に「学生とはいえ、読んでこの胡散臭さが分からないのはちょっと オメデタイのでは」と揶揄されたことがあります。家内はろくに哲学は知らないみたいですが・・・。で、その後遺症でしょうか? すべてを語りつくせる とか 一元的にものを語ろうとする人を見ると、いまでもどうも胡散臭さを感じて眉に唾をつけてしまいます。結局、浅田や中沢が体制迎合的だったように、すべてを語りつくせる とか 一元的にものを語ろうとする人という人は、きっと本人の意図に反して(単なる犯罪者か)体制迎合的になるのでしょうね。中沢のように、東洋思想までひっぱりだすと、ほとんど極右ののりです。 あの時代というのは日本の絶頂期で、「形而上学のための形而上学」なんて偉大なる無駄が許された時代だったんだと思います。僕は形而上学の重要性を認めるものですが、しかし、「形而上学のための形而上学」なんて、考えている本人だけを一時的にエクスタシーに至らせる、単なる思考のマスターベーションだと思います。
 
原作たそがれ清兵衛さんの奥さんはなかなかのインテリなんじゃないですか? それとも直観が鋭いのかな? なにせ僕も当時はポストモダンのあの雰囲気にいかれましたから。だって、かっこいいじゃないですか、あの難解な言葉使いは………。若かったわけだし、10代ぐらいの若い子たちが女の子を意識してバンドをはじめるみたいなノリで、リゾームだとかノマドなんて言葉を使ってみたくなるわけですよ。ただそれで終わっちゃったらダメで、本物と偽物を見分けてゆく嗅覚をいろんな経験を積む中で養ってゆかねばってとこですか(笑)。
それにしても当時話題になった人で(死んじゃった人もいるけど)今も存在感がある人って少ないなあ。
 
浅田彰に関して、忘れられないエピソードをもうひとつ。
昨年惜しくも亡くなった中島らもさんが書いていた、若い時に彼が浅田さんと対談したときの話。
らもさんは、当時彼の家に居候していた本物の分裂病者であるパンク少年の「カドくん」をその場に連れていったそうな。そうしたら、対談中に浅田が「スキゾ」だの「パラノ」だのと口にするのを聴いて、実際に病院を出入りしているカド君は次第にいらいらし、ついには「悪いのは全部医者と警察や!」と怒鳴ったそうです。そのとき、うろたえた浅田さん、思わず「そ、そうですね」と口走ったとか。
まあ、このエピソードを見ても、あの当時、浅田さんの言っていた「スギゾ・キッズ」なるものが、いかに現実の「社会的逸脱者」から別の場所で論じられていたかは明白ですね。
それにしても、最近の彼らはあまりに元気がないので、悪口を言う張り合いすらありません。「思考のマスターベーション」にすぎないにしても、せめて何か話題を提供してほしいも、と思う今日このごろです。
 
分裂病者って僕も会ったことないですが、どんななんでしょう? 浅田クンの反応はともかく、中島さんは何故そのパンク少年と同居していたんだろう? 反精神医学の実践者みたいだ………なんて思ってしまいました。
20年過ぎてだんだん消えていってしまうような人ではなく、いつまでもギラギラして存在感が増していくような人っていないですかねえ。
 
荒井さん、参ったなあ。(笑)
>分裂病者って僕も会ったことないですが
って、こりゃ、こりゃ、相方忘れてどうするの?????(笑)
読書会で書かせてもらいましたけど、「岸田●をヒッパレー」のあの「吉有りブラザーズ」は自分のマジな経験談(かつ身内の話)なんですが・・・。
そういういう風に見えないのかなあ、俺って。あの話題、ネタじゃなくて、マジの話です。ちょっと、ネタで書くには「冗談じゃ な い よ」って内容ですし。
で、僕がそう見えないのは、うれしいやら悲しいやら の世界ですが・・・。
まあ、ネット上では私よりよほど「吉」ではないかという方がたくさんいらっしゃいますから、目立たないのかもしれませんが。
で、誤解の無いように言っておきますが、特段「吉」って特別扱いする必要もないし、そんな「訳の分からないことを、べらべらしゃべる」ってこともないのです。ガタリに文句を言うとすれば、「自分の哲学を正当化するのに、ちょっと極端な例をあたかも「吉」一般として引用しすぎじゃない」っていうことにつきるかもしれません。
「吉」問題の大半は、差別どうのこうのよりまず、家族を経済的に締め上げて「吉」病院に身内の患者を捨てさせるようになっている「日本の」(必ずしも「世界の」ではない)国家制度、予算制度、法律制度にあるわけです。
で、これこそが、「足・元・の・火・を・消・し・て・か・ら」<ノイラートの船>の板を一枚、僕が貼り替えたいと言っている話であります。
 
なるほど、そういうことでしたか(笑)。精神がヤバイ時期があったってのはそちらの病のことだったのですね。鈍くてすいません。私のことを言えば、すこぶる健康(だと思ってるだけかもしれませんが)ですし、分裂病については岸田秀の分裂病論とか、別冊宝島の『精神病を知る本』しか読んでないので、正直言ってピンとこないのは事実です。つまり哲学の概念であるスキゾと、現実の病気とはやっぱり違うってことでしょうか。私も「祭り」なんて言ってますけど、現実のお祭り(三社祭とか)にはさっぱり興味ないですし………。
 
>中島さんは何故そのパンク少年と同居していたんだろう?
八十年代初頭ごろ、中島らもさんはそれまで勤めていた会社を辞めて一年ほど「フーテン生活」を送ったそうですが、そのころの彼の家には極左や万引き常習者、不良外人などが居候してコミューン状態のようになり、毎日のようにクスリや酒などでラリっているので、「ヘルハウス」というあだ名がついたそうです。分裂病少年「カド君」も、そのひとりだったわけです。
この辺の話については、らも氏のシュールな大傑作小説『バンド・オブ・ザ・ナイト』が詳しいので、一読をお勧めします(きっと荒井さんはお好きだろうと思いますよ)。これも余談ですが、この本をはじめらも氏の本にたびたび「エス」という名で登場するラリ中の仏文学者のモデルは鈴木創士という方ですが、このひとはジャベスの『問いの書』などの訳者であり、また最近では、『中島らも列伝』という美しい回想記を出されました。ここにも、さきの「クスリの共同体」の話が、別の角度から書かれています。
ちょっとメインの話題から離れてしまいましたがすみません。私、らもさんのファンなもので。

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次

 前衛芸術研究室
 

 セザンヌ講義1@電子書籍

 セザンヌ講義@ニコニコ静画
 おすすめコラム集
 ギャラリー
 シチュアシオニスト文庫
 garage sale
 オンライン読書会
 After the last sky


カテゴリー 累計
全記事一覧
前衛芸術研究室 28
亡霊退治 64
アート・建築・デザイン 29
思想など 144
旅行・タイなど 60
ニュース・時事など 31
フンデルトワッサー 12
中西夏之 3
日記・その他 115
記憶の底から 15
音楽 6
Category: None 22
反芸術研究室 5
最新のコメント
Twitter
タグcloud
アクセスカウンター
   




プロフィール

荒井賢 (Ken Arai)

 住所 埼玉県越谷市
 生年月日 1964年2月15日
 職業 アニメーション背景制作
 連絡先 araiken#mac.com #を@に置き換えてください。



Archive

RSS